FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  雑記 >  我が家の携帯電話

我が家の携帯電話

こないだ、家の中の整理をしていたら古い携帯電話が
チラホラ…
置いとくのもあれだし、1つ100円にはなるらしいから、
売りに行こうということで、家中の今は使っていない
携帯電話が集められました。

で、最後の記念にと私が個人的に撮影。

DSC_1163.jpg

バラバラですが、一通り見つかった携帯電話。


DSC_1167.jpgDSC_1168.jpgDSC_1169.jpg

その中でも印象深いのがこれ、W22H
個人的には、とても思い入れのある機種です。

というのも、私がauで初めて買ってもらった携帯がこれ。
その前はTU-KAを使っていました。

このスライド式の機構が海外の携帯みたいでカッコ良かった
んですよね。デザイン自体も男の子が好きそうなメカっぽさもあり…
ああ、そうそう。着うたが取れたことも革命的でした。歌手の声が
そのまま聞こえる訳で。

ディスプレイにしろ、カメラにしろ、今のスマートフォンと比べれば
本当にちゃちですが、この頃の携帯って楽しかったですね。

DSC_1175.jpg

そしてこれは、父の携帯だったW44S
これも、凄いデザインに特徴のある機種でして…

DSC_1176.jpgDSC_1177.jpgDSC_1181.jpg

通常の携帯モード、そして、ワンセグやPCサイトビューアーの
閲覧に適したノートPCタイプの2つに変形すること。
ヒンジが少し特殊な形をしているので、この2つの形態が
出来るんですね。

当時、まだソニーエリクソンだったのでロゴも少し違います。
(今はソニーモバイルコミュニケーションズ)
画面も3インチあり(当時は3インチが1種のボーダーに感じました)
形も未来的。正にauのフラッグシップとも呼べる機種でした。

DSC_1185.jpgDSC_1183.jpg

W61CA

私が最後に使っていた携帯です。
これの前は、W31SH(AQUOSケータイ)を使っていたのですが、
それが故障したために、auショップで在庫があったこれに。

当時(2007年)としては割と高画素のカメラ(515万画素)、
防水対応と、今のカシオのスマートフォンに通じる物を感じます。
ただ、画面が若干小さくなったのが残念でしたね。
使いやすかったですが…

DSC_1191_2015072502511645c.jpgDSC_1209.jpg


そして、我が家の携帯の中でも一番のハイスペック端末であった、
SH003

auは割と頻繁に命名規則を変えるのですが、その嚆矢がこの辺の機種
だった気がします(この前は、W○○(数字2桁)✕(端末を作った会社の頭文字))。

DSC_1205.jpgDSC_1206.jpg


DIGITAL CAMERA PHONEの名前からも分かる通り。
カメラの性能に特に拘った機種で、その画素数1210万画素。
国産初の画素数だそうです。

今でこそ、1210万画素というのは平均的な画素数で、スマートフォンが
カメラを兼ねる、というのは当然の認識ですが、当時はまだまだ携帯の
カメラというのは、オマケ機能の粋を出ず…
1210万画素というのは、革新的な機種だったと思います。
勿論、画像処理エンジンやセンサーなんかはデジカメには勝てませんが、
この機種を見て、リアルに「もう、デジカメ要らないじゃん」と感じましたね。

もっと言うと、レンズが大きいのも驚きました。
一時期、スマートフォンでもこういうデジカメ並みのレンズを
付けた機種が出ましたよね。パナソニック辺りから。
そして、3.4インチという携帯としては大きい画面。

DSC_1210.jpgDSC_1211.jpg

携帯の流行りでいえば、日立やソニーエリクソンの機種も写真の
機種の様に画面が180℃回転して、ワンセグ放送を見るのに適した
形態になる機種も多かったですね。

勿論、タッチスクリーンではないので操作は一々携帯を開かねばならない
のですが…

DSC_1166.jpg

左から2つ目、今は亡きSANYOの端末です。

思えば、この頃はまさか、SANYOが無くなったり、SHARPが
凋落したり…日立やパナソニックが携帯から撤退するなんて
思いもしませんでしたね。

特にSHARPなんかは、auの中でもハイエンド端末を多くリリース
していたので、本当に残念です。

結局、7つあったので1つ100円で買い取ってもらいました。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/08/21 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(8)
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 古い携帯が100円で売れるのですか!
> それは、知りませんでしたが。

BOOKOFFで買い取りをしている様です。
実際、10年位前の機種も、剥がれないシールが
貼ってある機種も、裏の蓋がない機種も1つ100円で
買い取ってもらえましたね~。
ハードオフだとそういう話は聞かないのですが…
あ、もしかしたら、桑名のイオンにあるBOOKOFFだけかも知れません。

> 携帯に関しては物持ちが悪くorz
> また、よく壊してしまっていたので・・・orz
> ちゃんと残されてきていたとは、素晴らしいです。

何か、うちの家族携帯残しておくんですよw
まだ家の何処かに古い携帯が残っている筈なので見つけ次第、
BOOKOFFに持って行って私のコーヒー代の足しにしようかと
思います。

> 本当に・・・、私もそう感じます。
> 海外のメーカーにおされているように感じ
> 残念です。

今や、韓国のサムスン、そして中国のHUAWEIが台頭してきて
ますからねぇ…
ガラケーの時代がある意味、日本が明暗を分けた一時代だった
かも知れない、と思います。
もう1度、出来れば各日本メーカーには奮起して世界を狙って
欲しいですけどねぇ…
[ 2015/08/23 22:12 ] [ 編集 ]
こんにちは

古い携帯が100円で売れるのですか!
それは、知りませんでしたが。

携帯に関しては物持ちが悪くorz
また、よく壊してしまっていたので・・・orz
ちゃんと残されてきていたとは、素晴らしいです。

>SANYOが無くなったり、SHARPが
>凋落したり…日立やパナソニックが携帯から撤退するなんて
>思いもしませんでしたね。

本当に・・・、私もそう感じます。
海外のメーカーにおされているように感じ
残念です。

ありがとうございました。
[ 2015/08/23 07:45 ] [ 編集 ]
>三碧星さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> DOCOMOのSH700isとSH902is持ってました。
> テキストビューアや画像ビューアが使い勝手が良くて、
> ネットで落とした動画を動画ファイル変換で持ち歩いたりしていましたね
> 自分で描いたイラストをSDカードに保存して、同人誌を扱っている知人と見せ合ったり。

やはり、皆さんSHARPの携帯は持ってたんですねぇ。
キャリア3社ともSHARPは常にラインナップにありましたしね。
そういえば、そういうプチメディアプレイヤーみたいな
使い方は皆してましたね。パケット容量さえ気にしなければ
Eメールでも送れましたし…
今よりずっと、パソコンの敷居が高かったですから、私にとっては
パソコン代わりでした。

> タブレットを入手して、携帯ではファイル変換やファイルサイズに四苦八苦していたものが、今では何も考えずに気軽に転送して扱えるようになりました。そうですね、鉄道や旅行から離れるのであれば、もう一度昔の趣味に帰ってみようかしら

今は本当に良い時代になったと思います。
データのやり取りにしろ、ウェブを通じた暇つぶしにしろ、携帯電話
全盛の頃とは全然違いますし、断然便利になりましたよね。
携帯だと、PCサイトビュアーを使っても偶に容量オーバーで見れないページが
あったりして、もう悲しくて悲しくて…

> ガラケーの利点は、交換用のリチウム電池が格安で手に入ることでした。鉄道旅行中に音楽や動画を閲覧して、電池が無くなってきたら交換したり。とても便利でした。

そういえば、スマートフォンは電池交換といっても、機種によっては
店に預けないといけないんですよね。
そう考えれば、裏フタをパカっと開けてカチッと変えられる携帯の電池は
便利でしたね。
今は重たいモバイルバッテリーを常に持ち歩かなければならないので…

> デジカメ機能はやはり貧弱だったため、貴重な写真を携帯で撮影して、今となっては画質の悪さに泣いたりしました。色々と愛着のあるガラケーですが、ネットで情報集めしながら苦労して使えるようにしていた時代が一番楽しかった気がします。

そうですねぇ。やれ、画素数が大きくなったといっても所詮はオマケの
カメラ。良い被写体があっても何となくそれと分かる…みたいな写真しか
撮れないことも多かったですね。
[ 2015/08/21 23:38 ] [ 編集 ]
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> そうですか、携帯を売られたんですか。
> 我が家にもいっぱいあるんだけど、どうしても何となく・・・手離せないんですよね。
> 何でもパッパと処分するのが大好きなんだけどね。

私以外の家人は、携帯の中に入っている写真とかも
特に気にしませんし、携帯電話に関しても余り執着がないみたいで、
居間の隅っこにおいてあったんですよね。
で、場所取るのもあれだから…と。

> 特に1つには、チョコの最期の写真があって、だけど充電器がどれだか分からなくて見られないというジレンマ。

それはまた、複雑ですね…そういう特に思い出深い印象
があるとまた手放せないんですよねぇ…

確か、まだ家電屋とか百均でありとあらゆる充電の端子を集めた
充電器みたいなのもあったと思いますので、そちらでチョコちゃんの
写真が入った携帯を充電すれば、また携帯が復活するかも知れません。

> 『SANYOが無くなったり、SHARPが凋落したり…日立やパナソニックが携帯から撤退する』
> これはその通りですねぇ。
> 一寸先は闇って感じですよね。

この頃、確かSHARPを筆頭に日本の家電メーカーは液晶テレビを
挙って売り出していた時期なので、「半導体では負けたが、日本の家電メーカー
はまだまだ」という雰囲気を出していたのですが、あれから10年でこうも…
という感じです。
[ 2015/08/21 23:20 ] [ 編集 ]
>中林20系さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> そうそうこんなのあったなー…と、遠い目をしながら拝見させていただきました。

そう思って頂けたのなら幸いです。
私も偶にこの記事を眺めて、「ああ、こんなんあったな」と思い出してます。

> これ、確かに男の子好きするデザインですよね。メカメカしい感じと、それでいて有機体のような曲面が素敵です。

何て言うか、トランスフォームしそうですよね(笑)
このロボット的外見が本当に好きだったんですよ。
周りでもあんまり携帯持っている子居なかったので、少し鼻高々
でしたね。

> わたしが使ってたカシオのW21CAⅡもカメラにチカラ入ってたからか、このように反転させてあたかもデジカメのように撮影できました。サイドに細かいボタンが多く、モード切替や露出調整、あとズームなんかもそれで出来たのですが…操作性が悪かったので結局反転させて使うことは無かった、と(笑)。

W21CAⅡ、カシオの初WIN機種でしたね。名前だけは知っています。
形を見ると、後継のW61CAとよく似てますから、中林20系さんが仰ってた
様に反転してデジカメ的にも使えたのですが、サイドのボタンは写真撮影で
結局ほとんど使いませんでしたねぇ。
基本は縦で撮るか、シャッターボタンだけで。

> ※このケータイはものすごくヒマな時、ふと思い出してアプリのゲーム『隣の部屋の魔王』シリーズをやるので、未だに残してます。名作だと思うのですが、ソフト会社が解散してしまったとかで、もう手に入らないんですよ。

アプリも当時、中学生だった私にはよく解らなくて
(せいぜい、着うたと携帯サイトで満足していたせいもあるのですが)
手出しませんでした。今みたいに、操作性もそこまで良くなかったですしね。

> いまはスマホばかりになり、外見に特徴のあるものが見受けられなくて(=実際はすごい違いがあるのかも知れませんが)、そこら辺がちょっとな、と思います。
> あ、わたしは未だに“フィーチャーフォン”です(笑)。

スマートフォンで言えば、全体の形と裏側くらいですかね。特徴を出せるのは…
中のスペックで競うしか無いのが現状ですね。
確かに形的には、どう頑張っても【板】の領域を出ませんから…
フィーチャーフォンの方はスペック競争が一段落して、機種数も少なくなって
来てますが、逆に洗練されている気がします。
[ 2015/08/21 23:11 ] [ 編集 ]
DOCOMOのSH700isとSH902is持ってました。
テキストビューアや画像ビューアが使い勝手が良くて、
ネットで落とした動画を動画ファイル変換で持ち歩いたりしていましたね
自分で描いたイラストをSDカードに保存して、同人誌を扱っている知人と見せ合ったり。

タブレットを入手して、携帯ではファイル変換やファイルサイズに四苦八苦していたものが、今では何も考えずに気軽に転送して扱えるようになりました。そうですね、鉄道や旅行から離れるのであれば、もう一度昔の趣味に帰ってみようかしら

ガラケーの利点は、交換用のリチウム電池が格安で手に入ることでした。鉄道旅行中に音楽や動画を閲覧して、電池が無くなってきたら交換したり。とても便利でした。

デジカメ機能はやはり貧弱だったため、貴重な写真を携帯で撮影して、今となっては画質の悪さに泣いたりしました。色々と愛着のあるガラケーですが、ネットで情報集めしながら苦労して使えるようにしていた時代が一番楽しかった気がします。
[ 2015/08/21 21:50 ] [ 編集 ]
こんばんは。

そうですか、携帯を売られたんですか。
我が家にもいっぱいあるんだけど、どうしても何となく・・・手離せないんですよね。
何でもパッパと処分するのが大好きなんだけどね。
特に1つには、チョコの最期の写真があって、だけど充電器がどれだか分からなくて見られないというジレンマ。
『SANYOが無くなったり、SHARPが凋落したり…日立やパナソニックが携帯から撤退する』
これはその通りですねぇ。
一寸先は闇って感じですよね。
[ 2015/08/21 21:01 ] [ 編集 ]
デザインが面白かったですよね
そうそうこんなのあったなー…と、遠い目をしながら拝見させていただきました。

>W22H

これ、確かに男の子好きするデザインですよね。メカメカしい感じと、それでいて有機体のような曲面が素敵です。

>携帯の流行りでいえば、日立やソニーエリクソンの機種も写真の
機種の様に画面が180℃回転して、ワンセグ放送を見るのに適した
形態になる機種も多かったですね。

わたしが使ってたカシオのW21CAⅡもカメラにチカラ入ってたからか、このように反転させてあたかもデジカメのように撮影できました。サイドに細かいボタンが多く、モード切替や露出調整、あとズームなんかもそれで出来たのですが…操作性が悪かったので結局反転させて使うことは無かった、と(笑)。


>勿論、タッチスクリーンではないので操作は一々携帯を開かねばならない
のですが…

まさにそれでした(爆)。


※このケータイはものすごくヒマな時、ふと思い出してアプリのゲーム『隣の部屋の魔王』シリーズをやるので、未だに残してます。名作だと思うのですが、ソフト会社が解散してしまったとかで、もう手に入らないんですよ。


いまはスマホばかりになり、外見に特徴のあるものが見受けられなくて(=実際はすごい違いがあるのかも知れませんが)、そこら辺がちょっとな、と思います。
あ、わたしは未だに“フィーチャーフォン”です(笑)。
[ 2015/08/21 19:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
802位
アクセスランキングを見る>>