FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  グルメ >  鰻重と赤福氷

鰻重と赤福氷

で、この日私朝ごはん食べてなくって、いや、当日の朝2時まで
遊んでて集合1時間前に起きる時点で、朝食も何も無いのですが…

で、二人で喋っててやっぱ、おはらい町・おかげ横丁に来たら赤福
だろう、と。二人組でおはらい町来てて、赤福氷食べないのはこれは
もう、ベタじゃない。セオリーから外れる。
ヒートホークで殺られるガンダムだ、スイカバーで殺られたのに生きてる
シロッコみたいなもんだ、と。


DSC05606.jpg

で、私は赤福氷、彼女は甘夏ミルクを。

個人的に赤福は余り好きではないのですが、
彼女が甘い物好きだったんですよねぇ…

後、よく誤解されますが、内宮へ至るお店が並んでいる
通りは、『おはらい町』という昔からある参道。
逆に、赤福本店の向かいにあって、色々お店が集中している
敷地は『おかげ横丁』という赤福の子会社が運営している、
無料のアミューズメント施設で、1993年に作られたスペースなので、
由緒はありません。

暑い中食べる赤福氷って、美味しいもんなんですがこの日は生憎曇り。
更に、7月だったのに涼しくてですねぇ…
お互い、「まぁ、美味しいよね」位で終了。これが朝ごはん代わりみたいな感じでした。

この後は、県道32号線をひたすら登ったり降りたりしながら、鵜方へ。

途中の話題は、学生時代のこととか誰は今どうしているとか、私の車の
中のカーナビのHDDに入っている曲のこととか…まぁ、普通の話です。

073.jpg292.jpg

この日のお昼は、近鉄鵜方駅近くにある「東山物産」という鰻屋さんです。

この前の年のお正月に食べて、凄い美味しかったんですよね。
で、「お昼鰻でどう?凄い美味しい店があるんだけど」と誘って、
丁度彼女も鰻が好きだというので、此処に。

改めて考えると、そこそこ渋いですよね。20代の男女が食事で
使う店が鰻屋なのかよ、と。

いや、フレンチとかだと結構、人によって好み分かれるじゃないですか。
イタリアンもトマトダメな人は先ず駄目だし。決して私が、店の下調べを
怠ったとかではないです。

DSC05610.jpg

頼んだのは、鰻丼の上。
鰻丼だけど、重箱に入っているとかツッコミは野暮です。

DSC05611.jpg

ここの鰻は、正統派関西地焼き、といった感じでよく焼かれており、
身と皮のサクサク感、そして程良い鰻の脂が絶品。
タレも甘過ぎず、辛過ぎずの良い塩梅。
三重県の中でも、結構上位の店舗なんじゃないですかね。
炭も紀州備長炭使ってますし。

DSC05612.jpg

この大ぶりの蒲焼きが4切れ、多分他の店では6切れに相当する量の
蒲焼きが入って、当時2300円。今は2480円。そして2011年の時点では、
驚きの1900円。破格の安さでした。

ご飯の盛りもケチってなくて、熱々。卓上には鰻のタレがあるので追加で
かけることも可能。鰻が無くなっても安心な仕様です。

081.jpg080.jpg

因みに、ここのお店、鰻丼の上以上を頼むと、自動でう巻とうざくが付いてきます。
なので、多少鰻重が冷めても構わないのなら、これとビール、麦スカッシュや、
日本酒、そっち系のミネラルウォーターで、楽しむことも可能。

鉄道ならば、帰りはホロ酔いで鵜方から近鉄特急に乗ったら言う事なしです。
まぁ、車ですし下戸なんで、飲まないですけど…

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/07/03 00:00 ] グルメ | TB(0) | CM(8)
>三碧星さん

こんばんは、いつもありがとうございます。
ご無沙汰をしております。

> 俺はお前の!(ry

おまえだけが特別なんじゃあない!俺だってティターンズだ!
って事ですね。

> 伊勢まで来られてたんですね、長いこと御無沙汰でした。
> 伊勢は鰻屋が多いのですが、最近は長年利用していた度会大橋近くの老舗が移転してからは、二見街道沿いにある「さし汐」を利用することが多くなりました。

伊勢だと実は、「松ぼっくり」にも一昨年ですかね、伺いました。
リアルに釣り堀があって驚きましたが、それも味ですね。
さし汐、調べてみましたが価格帯が広くて良い感じだと思います。
鰻だと、最近は津の「うなふじ」が多いですね。私の場合。

> 少し早い土用の前に、蒲焼と肝、裃をお持ち帰りで購入して、自宅でのんびりと味わっていただきます。

店だと中々ゆっくり出来ないですからね。
風流ですね~。
[ 2015/07/21 23:52 ] [ 編集 ]
俺はお前の!(ry

伊勢まで来られてたんですね、長いこと御無沙汰でした。
伊勢は鰻屋が多いのですが、最近は長年利用していた度会大橋近くの老舗が移転してからは、二見街道沿いにある「さし汐」を利用することが多くなりました。
少し早い土用の前に、蒲焼と肝、裃をお持ち帰りで購入して、自宅でのんびりと味わっていただきます。
[ 2015/07/21 01:35 ] [ 編集 ]
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。

> ヒートホーク云々はすぐわかりましたが、
> スイカバーは一瞬わかりませんでした。
> なるほど、納得です。

とあるブログで「スイカバーに殺られるシロッコ」と
書かれていて私も最初「?」だったのですが、言われてみて
ああ、となりまいした。

> 私は20台中盤、現・伊賀市の豆腐田楽「わかや」に、
> 後輩女子と食事に行きました。
> http://www.geocities.jp/soul_yoshimasu_brothers/wakayabistro.htm
>
> 豆腐田楽の方が鰻より、もっと渋いと思います(ドヤ)

ま、負けました…
実は、彼女の地元がこの近辺なのですが、
田楽はややストイック過ぎる気がして…別の機会に遊びに行った
時もちょっと言い出しにくかったのです…

後、個人的に田楽といえば、菜めしが付く豊橋名物「菜めし田楽」
がデフォルトなので、白いご飯で田楽には少し抵抗があった、
というのもあります。

> それはさておき、鰻。
> 金曜日に食べに行こうと思い、店前に到着したまでは良かったが
> 値段を見て向かいのお店の「アベノみんみん」に入ってしまった
> 私は軟弱者。

安心して下さい。
アルテイシアには、私の上官であるふぐにさん。にビンタをするなどと
いう、無礼は決してするな、と伝えておきます。
[ 2015/07/06 00:22 ] [ 編集 ]
こんばんは。


>ヒートホークで殺られるガンダムだ、スイカバーで殺られたのに生きてる
シロッコみたいなもんだ、と。

ヒートホーク云々はすぐわかりましたが、
スイカバーは一瞬わかりませんでした。
なるほど、納得です。


>改めて考えると、そこそこ渋いですよね。20代の男女が食事で
使う店が鰻屋なのかよ、と。

私は20台中盤、現・伊賀市の豆腐田楽「わかや」に、
後輩女子と食事に行きました。
http://www.geocities.jp/soul_yoshimasu_brothers/wakayabistro.htm

豆腐田楽の方が鰻より、もっと渋いと思います(ドヤ)



それはさておき、鰻。
金曜日に食べに行こうと思い、店前に到着したまでは良かったが
値段を見て向かいのお店の「アベノみんみん」に入ってしまった
私は軟弱者。

[ 2015/07/05 23:25 ] [ 編集 ]
>中林20系さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 瀬戸内育ちなので、筒状の長い魚なら淡水が絡む鰻(=生臭い)よりは穴子好きなのですが、どうせいただくなら関西風の“蒸し”が入らないそれのほうが楽しいと思うんです。表面のパリパリ感があったりすることもありますし。
> ゆえに東京で鰻は、誰かの奢り以外ではいただいてません。

確かに、関東風の鰻は余程の名店と名高い店でない限り、
頂けませんよねぇ。
東京には日本中の美味しい物が集まると思いますが、鰻の
レベルだけは関西の方が、総合的に高いと思います。

> 以前、九州熊本は肥薩線の人吉界隈でいただいた『鰻丼』がオールタイムベストです。駐車場を挟んで二軒の老舗が並びあってるのですが、地元のひとは代々どちらかに入って浮気はしないんだとか(笑)。

関西圏の鰻のメッカである、浜松でも名古屋でも津でもなく、人吉ですか!
それもまた面白そうなシチュエーションですね。気分とかに寄って店を買えない
のが九州の人の質っぽくて良いですね(笑)

> それまでは鰻って淡水魚臭いし、それをごまかそうとする意図か矢鱈濃い味のタレで…いま自分が何を食べてるのか解らなくなるような…あ、それは店の格式や価格にも拠るのか…はははは。

確かに酷い店の鰻って本当に酷いですからねぇ…
評判の店でも、余程の評判でない限り酷い鰻が出てくる所もありますし。
肉に比べてギャンブル性が高い食べ物でもあると思います。

> かつては強精剤的な役割だった模様ですが、今やその位置は焼肉などに取って代わられてますよね。で、その彼女がもしそういう歴史を知ってたならば…「鰻!?クラシックだけど…誘ってるの?」とか、邪推…いや、何でもありません。

帰り道、名阪国道には素敵なお城が沢山あるのですが「ちょっと休憩しよっか…
鰻も食べたし」もありでしたね。
いや、彼女は性格が少し天然ぽかったのでないですね。

> 鰻的小鉢は嬉しいですね。これは確かに、左党には一杯欲しくなるところです。

是非、伊勢にお越しの際はお立ち寄り下さい。
関東では先ずないであろう、コスパの良い鰻をご賞味
頂けます。
[ 2015/07/03 23:37 ] [ 編集 ]
>burning sさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 失礼ながら赤福氷の存在初めて知りましたが宇治茶の蜜の中に入ってるのをネットで調べました。

これも割と最近になって、赤福が売りだしたやつですね。
要は宇治金時のこし餡バージョン、餅入りなのですが、
夏場はべらぼうな人気です。
名駅の高島屋の地下の赤福でも行列作ってますからね。

> 鰻は備長炭で焼き上げるのが一番ですが写真見る限り一本近く入ってるように見えごはんだけ余っててもタレあるのがありがたいですね。
>
> 梅雨で蒸し暑い日が続いてるのでひつまぶしか鰻か食べたくなりました。

良いですね、ここいらで一発鰻を入れて夏の本格的な
到来に備えたい所です。
ここもまた近鉄で志摩線に乗る機会がありましたら、是非、
ご賞味下さい。
[ 2015/07/03 23:15 ] [ 編集 ]
鰻なら関西風
瀬戸内育ちなので、筒状の長い魚なら淡水が絡む鰻(=生臭い)よりは穴子好きなのですが、どうせいただくなら関西風の“蒸し”が入らないそれのほうが楽しいと思うんです。表面のパリパリ感があったりすることもありますし。
ゆえに東京で鰻は、誰かの奢り以外ではいただいてません。

以前、九州熊本は肥薩線の人吉界隈でいただいた『鰻丼』がオールタイムベストです。駐車場を挟んで二軒の老舗が並びあってるのですが、地元のひとは代々どちらかに入って浮気はしないんだとか(笑)。

それまでは鰻って淡水魚臭いし、それをごまかそうとする意図か矢鱈濃い味のタレで…いま自分が何を食べてるのか解らなくなるような…あ、それは店の格式や価格にも拠るのか…はははは。

かつては強精剤的な役割だった模様ですが、今やその位置は焼肉などに取って代わられてますよね。で、その彼女がもしそういう歴史を知ってたならば…「鰻!?クラシックだけど…誘ってるの?」とか、邪推…いや、何でもありません。

鰻的小鉢は嬉しいですね。これは確かに、左党には一杯欲しくなるところです。



[ 2015/07/03 20:33 ] [ 編集 ]
おはようございます。

失礼ながら赤福氷の存在初めて知りましたが宇治茶の蜜の中に入ってるのをネットで調べました。

鰻は備長炭で焼き上げるのが一番ですが写真見る限り一本近く入ってるように見えごはんだけ余っててもタレあるのがありがたいですね。

梅雨で蒸し暑い日が続いてるのでひつまぶしか鰻か食べたくなりました。
[ 2015/07/03 05:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
713位
アクセスランキングを見る>>