FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  三重県 >  志摩マリンランド入館

志摩マリンランド入館

2013-01-19_12-54-42_384.jpg

前回は屋外の子供遊具に夢中になっていた私。
気を取り直してちゃんと入場料分楽しもうと思います。

この志摩マリンランド。そこまで大きい水族館ではないので
すが屋外に

2013-01-19_12-56-47_519.jpg

ペンギン

2013-01-19_12-56-14_960.jpg

そして、干潟のコーナーがあり、これで先ずは人を惹きつけています。

私は地味に干潟とか田んぼとか田んぼの横の溝とかが好きなので、
どちらかと言えば干潟コーナーをじっくり見てました。

2013-01-19_12-57-50_129.jpg

そしていざ屋内に。さぁ、どんな生き物がいるのでしょうか。

2013-01-19_12-59-14_801.jpg

た、隊長!!

2013-01-19_12-58-34_448.jpg

<う、うわー…

藤岡ぁぁぁぁ!!

2013-01-19_12-58-39_530.jpg2013-01-19_12-59-24_183.jpg

ば、バカな…地球にまだこんな生物が居たなんて…


っていうのは、昭和中後期のテレビ番組なんかでよくあった
お決まりのパターンですよね。

そういや、水族館はよくこの手の有史以前の絵を飾ってある
所が多いと感じます。やはり、海に関するからなんでしょうかね。

2013-01-19_12-59-54_453.jpg2013-01-19_12-58-10_179.jpg2013-01-19_12-58-16_970.jpg

因みに屋内の入って直ぐの展示は、カブトガニや肺魚、雷魚といった
水生生物の中でもかなり原始的な形を保っている生き物だったりします。

余談ですが、カブトガニは食べることも出来るみたいで、卵と味噌が絶品
だと本で読んだことがあります。
ただ、あの蠢く脚を見ると流石に食べる気にはなりませんが…
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/10/06 00:00 ] 三重県 | TB(0) | CM(8)
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>愚夫愚父さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 志摩マリンランドと言えば、職場の旅行で、昼間から酒に酔いながら
> ふらふらと見学したイメージが強く、鳥羽水族館に比較すれば規模が
> 小さいという印象しか残っていませんでした。

確かに、仰る通り三重県の水族館の中では、一番小さいと
思います。
目玉らしいものは、マンボウくらいですしね~。
最も、賢島も昔はリゾート地として栄えていたと聞きますし、
志摩マリンランドはあくまでついで、みたいな位置づけだったのかも
知れませんね。

> 何かのショーを観たような記憶も、かろうじてあるのですが。。。

そういえば、何かのショーの案内もしていたような気もしますが、
そんなスペースもなかった様な…という感じです。

> 脳内で川口浩のテーマを演奏しつつ、今宵はお休みさせていただきます。

カラオケで「ゆけゆけ川口浩」を歌うと、元ネタを知っている人からは
受けますが、それ以外の方からはポカンとされます。

すみません、川口浩のテーマとはまた別物でしたね…
[ 2013/10/11 22:50 ] [ 編集 ]
こんばんは。

志摩マリンランドと言えば、職場の旅行で、昼間から酒に酔いながら
ふらふらと見学したイメージが強く、鳥羽水族館に比較すれば規模が
小さいという印象しか残っていませんでした。

何かのショーを観たような記憶も、かろうじてあるのですが。。。

脳内で川口浩のテーマを演奏しつつ、今宵はお休みさせていただきます。
[ 2013/10/10 00:02 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 調べたら、確かに平家蟹とカブト蟹は違うものでした。
> 私の頭の中では、ゴチャゴチャになっていましたね。

平家蟹は、甲羅が物凄い怨みを含んだ顔をしてるんですよね。
子どもの頃は、「平家の怨霊が蟹に乗り移ってあんな風になった」
という話を聞いて、本気にしてました(しみじみ

カブトガニはやはり、甲冑みたいな外観だからカブトガニなんでしょうね~。
[ 2013/10/08 23:25 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> わかります。
> それで、その後、なぜか巨大化して
> 自衛隊の特殊戦車が踏まれたりした後、
> ゴジラかガメラと、戦うのですねww

で、主人公のジャーナリストや生物学者が
「○○(怪獣の名前)は古代人が~」って
説を言い出して、政府の役人に「そんなバカな」
って鼻で笑われる、というww
個人的にはガメラと戦って欲しいですww
なんか、ゴジラだとゴジラに全部持ってかれる感じがして…

> カブトガニは、私も、
> 流石に、食べたくないです。

先ず、なんであれを食べようと思ったのか小一時間
問い詰めたいですよね。
どう考えても美味しそうに見えないのに…
[ 2013/10/08 23:22 ] [ 編集 ]
こんばんは。

調べたら、確かに平家蟹とカブト蟹は違うものでした。
私の頭の中では、ゴチャゴチャになっていましたね。
[ 2013/10/08 23:19 ] [ 編集 ]
こんにちは

>お決まりのパターンですよね。

わかります。
それで、その後、なぜか巨大化して
自衛隊の特殊戦車が踏まれたりした後、
ゴジラかガメラと、戦うのですねww


カブトガニは、私も、
流石に、食べたくないです。

ありがとうございました。
[ 2013/10/08 17:00 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 私もカブトガニは食べられる、とTVで見てビックリしたものです。

地球上の生物、味や安全性はともかくとして、物理的に
食べられる物がほとんどですから、多分食べれるのは
分かるんですけど、いざ食べるとなると…って感じですよね。

中国だと禁漁ですが、それなりのお金を払えば怪しい店で食べられる
そうです。

> 形もダメだけど、平家の武者が姿を変えたという話を聞いたりして、とっても食べられないと思いました。
> あれ?平家ガニとは違うのかな?

平家蟹とカブトガニはまた別物じゃなかったでしたっけ?
平家蟹は普通の蟹の姿だった様な…
[ 2013/10/07 22:58 ] [ 編集 ]
こんばんは。

私もカブトガニは食べられる、とTVで見てビックリしたものです。
形もダメだけど、平家の武者が姿を変えたという話を聞いたりして、とっても食べられないと思いました。
あれ?平家ガニとは違うのかな?
[ 2013/10/06 22:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
802位
アクセスランキングを見る>>