FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  鹿児島県 >  祇園之洲公園・多賀山公園

祇園之洲公園・多賀山公園

DSC04713_20130717232659.jpg

前回は桜島フェリーの船内にて15分で食事を済ませ、
再び鹿児島港へ到着。

案の定、この日も特に予定はなかったのですが、港から
近かったこともあり、周辺をぶらぶらしつつ、鹿児島駅
行ってみることにしました。

DSC04720_20130717232701.jpgDSC04715_20130717232700.jpg

港沿いを歩いているとザビエル上陸記念碑を発見。

1549年にイエズス会の宣教師、フランシスコ・ザビエルがこの地に
上陸、そこから日本における布教活動が始まった…ということですが、
初上陸が鹿児島だったんですね。

そういえば、小学生の頃、社会科の日本史でザビエルが出ると、
頭髪の薄い先生のことを指して「ザビエル」という輩が2~3人いましたよね。

ザビエル上陸記念碑から歩くこと数分。
祇園之洲公園に到着。

DSC04723_20130717232703.jpgDSC04728_20130717232711.jpg

こちらには、薩摩藩の砲台跡を記す石碑が建っています。

DSC04734_20130717232712.jpgDSC04727_20130720124155.jpg

そしてその奥には薩英戦争の記念碑があります。

実はこの祇園之洲、日本史の教科書にも載っている薩英戦争の舞台に
なった場所で、砲台跡の記念碑があるのもその為です。

結果として、この薩英戦争が後の明治維新へと繋がる1つの
契機になった訳ですが、そんな場所に立っているのだなぁ、
と少し感慨深いものを感じました。

余談ですが、この薩英戦争の際、それまで軍備を西洋式で整えて
いた薩摩藩は、いざ開戦となってそれまでの西洋式軍備を一旦捨て
古式ゆかしい鎧兜に槍刀で戦いに臨んだことが敗因の一因になっている
というのを本で読んだことがあります。

理由としては「やっぱり、夷狄と戦うのだから大和魂がこもった装備が
必要だろう
」と、何とも日本人らしい物だったとか。

更にこの後、高台にある多賀山公園に移動、そこでこの方に
拝謁しました。

DSC04746_20130720130344.jpgDSC04737_20130717232715.jpg

東郷平八郎大日本帝国海軍元帥です。

日露戦争での勝利の立役者の一人、東郷元帥は薩摩藩の出身
ということで、高台の公園である多賀山公園に銅像が設置されています。
その大きさは等身大で、大礼服姿の凛々しいお姿です。

比較的、戦前期を忌避するマスメディア、特にテレビにおいてこの方
ほど、好意的に取り上げられている軍人は居ないのではないでしょうか。

DSC04742_20130720130346.jpg

ここからは桜島もよく見えました。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/07/20 00:00 ] 鹿児島県 | TB(0) | CM(4)
毎度コメント頂ましてありがとうございますっ!!
>愚夫愚父さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 確かに、東郷平八郎については、マスコミはあまり批判しませんね。

功績も多大なものかもしれないですが、それにしても批判は
聞かないですよね。
実際は、機関兵を「窯焚き」と呼んで通常の戦闘員より下に
見ていたりと完璧な軍人ではなかった様ですが…

> ところで話は違いますが、教科書に良く載っている「西郷隆盛」の写真。
> あれは実像では無いらしいですね。

あれは、親族の特徴を組み合わせて書いたと聞いています。
弟の西郷従道と日露戦争で活躍した大山巌を参考にしたとかで。
西郷の妻は絵を見て「家の人と違う」といったとかどうとか…あれ?銅像だったかな?
[ 2013/07/23 00:25 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂ましてありがとうございますっ!!
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> いましたね~。
> 他にも、似たようなカッパ的意味で
> 「アルシンド」も、流行りました。

アルシンド!
いましたいましたw
後は、日本史だと鑑真とか空海とか有名
な僧なんかもありましたね~。

> 古いほうが正しい。
> 新しいほうが正しい。と、何かに傾倒せず
> うまく、折衷できる能力があれば良いのですが、
> なかなか、難しいものだと、感じております。

日本人は土壇場で結構、超理論に発展するというか
「えぇ、そういうふうに考えるの?!」っていうの
多いですよね。
「仕事の方法が悪く進捗が遅い」→「じゃあ、もっと
働けば良いじゃん」みたいに。
こういう所で何故か曖昧が出てこれないという…
[ 2013/07/23 00:07 ] [ 編集 ]
こんばんは。

>比較的、戦前期を忌避するマスメディア、特にテレビにおいてこの方
ほど、好意的に取り上げられている軍人は居ないのではないでしょうか。

確かに、東郷平八郎については、マスコミはあまり批判しませんね。

ところで話は違いますが、教科書に良く載っている「西郷隆盛」の写真。
あれは実像では無いらしいですね。
[ 2013/07/21 23:05 ] [ 編集 ]
こんにちは

>頭髪の薄い先生のことを指して「ザビエル」という輩が2~3人いましたよね。

いましたね~。
他にも、似たようなカッパ的意味で
「アルシンド」も、流行りました。


>古式ゆかしい鎧兜に槍刀で戦いに臨んだことが敗因の一因になっている

そうなのですか~。

古いほうが正しい。
新しいほうが正しい。と、何かに傾倒せず
うまく、折衷できる能力があれば良いのですが、
なかなか、難しいものだと、感じております。

ありがとうございました。
[ 2013/07/21 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
593位
アクセスランキングを見る>>