FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  鹿児島県 >  山形屋

山形屋

ホテルから外に出て夜の鹿児島を散策中の私。
今歩いているのは天文館という場所です。

鹿児島の繁華街・歓楽街として栄えているので、
名前を聞いたことがある、という方も多いのではない
でしょうか。

実際、宮崎県宮崎市を差し置いて、南九州一の繁華街
と言われることもザラだとか。

DSC04344.jpgDSC04349.jpg

そんな天文館には、所々に銅像が置いてあります。
解説板と一緒に設置されているのですが、大体幕末の人物が多いですね。
右の写真なんかは、坂本龍馬とその妻のお龍なので。

DSC04339.jpgDSC04342.jpg
DSC04355.jpgDSC04340.jpg

実際沢山の通りやアーケードがあるのですが、どこの通りも
そこそこ均等に人がいるなぁ、というのが個人的な感想です。
平日の夜だった、ということもありますけどね。

昔はもっと活気があって、路地裏やどんなに狭い店舗でも空きが
なかったそうですが、郊外の発展や九州新幹線の開業に伴って、
鹿児島中央駅前や、通勤や日常でのレジャーの範囲になった博多
へお客さんが流れて、かつて程の隆盛はないようです。
それでも、大分活気がある商店街のように見えましたけどね。
その他の地方都市なんて、シャッター閉まっている店の方が多い
所もありますし。

DSC04350.jpgDSC04352.jpg

でも、そんな厳しい状況の天文館でも「やっぱり、天文館だよね」
と言わしめるシンボルがこの山形屋百貨店です。
因みに読み方は「ヤマカタヤ」で濁りません。

創業は1751年と、実に江戸時代。名前の由来は創業者が山形県の
北前船の商人だったからとか。

デパートが一般的になった今日、山形屋ほどレトロ調の外観を持つ
デパートがあるでしょうか。
難波の高島屋や札幌の大丸も中々でしたが、ここまで思い切って
レトロ(ルネサンス調。昭和初期はこの姿に近いものだったそうです)
にするのはそうそうないと思います。

思わず暫し見とれてしまいました。

DSC04345.jpg

勿論、中に入って地下の食料品店で、ちょっとした物を購入。
ホテルに帰って食べようと思います。

写真は、真ん中の紙カップコーヒーの自販機が珍しかったので
撮影しました。こういうマイナーな自販機が好きなのです。

山形屋を堪能した後は、夕飯を食べに再びアーケードへ。

DSC04358.jpg

道中こんなお店もありました。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/05/18 00:00 ] 鹿児島県 | TB(0) | CM(8)
毎度コメント頂ましてありがとうございますっ!!
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> ヤマカタヤ
> 昔からの建物そのままなんでしょうか?
> それとも復古調に改修したのかな。

wikipediaによると、復古調に改修したようです。
南九州一の百貨店というプライドもあったとかで。
デザインの元の建物は昭和初期らしいです。

> どちらにしても、素敵な建物ですねぇ。
> こんな百貨店なら、絶対に中に入りたくなります。

仰る通りです。
地元にあるなら休日に正装して出かけたくなりますよね。
因みに中はデパ地下しか覗いていないのですが、
普通の百貨店でした。
[ 2013/05/20 00:35 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂ましてありがとうございますっ!!
>burning sさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 鹿児島の天文館歩きましたが奥に行けば行くほど
> かなりディープな大人な場所がありました。

南九州市の繁華街ですから、そういう所もやはり
あるんですね。
私はせいぜい、赤ちょうちんが連なる比較的浅い
所ばかりでした。

> 山形館は中に入ることはありませんでしたが
> 難波の高島屋と雰囲気が被りますね。

両方共レトロ調の外観ですからね~。
東海地方にこういうお店が1軒欲しいですよね。
[ 2013/05/20 00:28 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂ましてありがとうございますっ!!
>らざーろさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 実に美しい。
>
> 「百貨店とはこう有るべき」とまでは言いませんが、
> 郊外のショッピングセンターとは違う、
> 「憧れ」を抱くことが出来る、素晴らしい外観ですね。

仰る通りです。
郊外型のショッピングセンターが幅を利かせていますが、
やはり、一番は百貨店ですよね。
その百貨店の雰囲気はこの山形屋、かなり高いと思います。

因みにこの山形屋、全国でも希少種の「大食堂」が現役です。

> 「市マニア」の私と致しましても、
> 未経験の「60万都市」は大変魅力的です。

200万都市の札幌から見れば小さな市かもしれませんが、
札幌とはまた違った形の都市の発展をしているので、
その辺りの魅力も今後書いていければと思います。
[ 2013/05/20 00:18 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂ましてありがとうございますっ!!
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 「いよっ!山形屋!」
> と、掛け声でも、掛けたくなるような建物だと、
> 感じました。

立派ですからね~。
東海地区だとここまで良い感じの建物の百貨店は
先ずないですから、羨ましいですよね。

>あと、
>濃くて、コテコテな同人系の販売店には、
>未だに、
>怖くて入れる勇気がございませんww

同人誌を謳っておいて、売っているもののほとんどは
DVDやその手の本、というのもザラですしねw
土台、地方でそういう店が評判だったら、ネットで
何か情報があるはずですけど、何もないですしね~。
[ 2013/05/20 00:12 ] [ 編集 ]
こんばんは。

ヤマカタヤ
昔からの建物そのままなんでしょうか?
それとも復古調に改修したのかな。
どちらにしても、素敵な建物ですねぇ。
こんな百貨店なら、絶対に中に入りたくなります。
[ 2013/05/19 21:44 ] [ 編集 ]
おはようございます。

鹿児島の天文館歩きましたが奥に行けば行くほど
かなりディープな大人な場所がありました。

山形館は中に入ることはありませんでしたが
難波の高島屋と雰囲気が被りますね。




[ 2013/05/19 05:18 ] [ 編集 ]
こんばんは。

実に美しい。

「百貨店とはこう有るべき」とまでは言いませんが、
郊外のショッピングセンターとは違う、
「憧れ」を抱くことが出来る、素晴らしい外観ですね。

「市マニア」の私と致しましても、
未経験の「60万都市」は大変魅力的です。
[ 2013/05/18 22:37 ] [ 編集 ]
こんにちは

>シンボルがこの山形屋百貨店です

なるほど~。
そうですね。

「いよっ!山形屋!」
と、掛け声でも、掛けたくなるような建物だと、
感じました。

あと、
濃くて、コテコテな同人系の販売店には、
未だに、
怖くて入れる勇気がございませんww

ありがとうございました。
[ 2013/05/18 08:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
799位
アクセスランキングを見る>>