FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  三重県 >  鬼ヶ城

鬼ヶ城

熊野市駅から車を走らせること数分。次なる目的に到着です。

その名も「鬼ヶ城」ということで、何ともロマンを感じる
スポット(の筈)ということで、行ってみました。

DSC07563.jpg

駐車場の前にある売店。
写真には写っていませんが、現在は県の予算でこの売店の
隣に新しい売店兼展示施設が建設中です。確か、今年完成
でしたでしょうか。

DSC07532_20130324013807.jpg

鬼ヶ城へ行くにはこんな感じで、崖を伝っていく必要があります。

DSC07515.jpg

途中にある石版。鬼ヶ城の説明が書いてあります。
多少強引な気もしますが、前回行った「獅子岩」とこの鬼ヶ城、セットで
世界遺産に登録され、もっと言うと熊野古道の一部になっているそうです。

因みに名前から桃太郎と関係あるのかと思いきや、意外と関係なく、
その昔、初代征夷大将軍である坂上田村麻呂が、鬼と恐れられた
多娥丸という海賊を征伐した、という伝説がある故だそうです。

DSC07516_20130324013808.jpgDSC07522_20130324013806.jpg

その伝説の証拠がこの、沖合に浮かぶ島「魔見ヶ島」ですよ、という事
だそうです。

名前からして、横溝正史が好きそうな島ですよね。

DSC07534.jpgDSC07558.jpgDSC07559.jpg

しかし、まだまだ鬼ヶ城とも呼べる場所に行くには歩かねばなりません。
ホント、こういう感じで崖伝いに道が整備されているのはいいのですが、
奥に行けば行くほど柵が小刻みに、更に小さくなります。

岩は土を這いずりまわるフナムシの恐怖に怯えながらも、我々は更に奥を目指します。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2013/03/23 00:00 ] 三重県 | TB(0) | CM(2)
毎度コメント頂ましてありがとうございますっ!!
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> いつもながらに、本当に美しい写真です!
> 「鬼ヶ城」に「魔見ヶ島」ですか。
> 確かに、創作意欲をそそられる名前ですね。

いえいえそんな。素材が良いだけですから(苦笑)
でも本当に海も綺麗でしたし、岩場も変に整備されて無くて
雰囲気ありましたから、いい場所だと思います。

「魔見ヶ島」なんて、昔そんな凄惨なことが…
っていうのが伝わってくるネーミングセンスですよね。

> フナムシ!
> あれがザワザワって動くと、背筋がゾクーッとしますよね。
> あれを怖がってちゃ海好きの名が廃る、と思うけど、どうにも苦手です。

砂浜とかには居ないんですけど、こういう岩と海水の所には
結構わさわさいるんですよねぇ。フナムシはゴキブリの細い版みたいで、
嫌悪感はかなりのもんですよね(笑)
[ 2013/03/25 23:01 ] [ 編集 ]
こんばんは。

いつもながらに、本当に美しい写真です!
「鬼ヶ城」に「魔見ヶ島」ですか。
確かに、創作意欲をそそられる名前ですね。

フナムシ!
あれがザワザワって動くと、背筋がゾクーッとしますよね。
あれを怖がってちゃ海好きの名が廃る、と思うけど、どうにも苦手です。
[ 2013/03/24 21:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
706位
アクセスランキングを見る>>