FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  埼玉県  >  鉄道博物館 >  鉄道博物館#1

鉄道博物館#1

前回から、凡そ3年ぶりの鉄道博物館に来ております。

何と言っても、3年後しの思い出の場所とあって、胸踊らせて入口へ向かいます。

DSC00384.jpg

そうそう、入り口へ至る通路にはこんな感じで時刻表が
印刷されているんです。
写真の時刻表は1982年6月、東北新幹線が暫定開業した時の
時刻表。大宮から盛岡まで3時間ちょい掛かっています。

DSC00386.jpg

入口近くにはD51形蒸気機関車のカットモデルが。
時間になると汽笛と蒸気が上がるそうです。

DSC00387.jpg

そしてとうとう入場。入場料は1人1000円で、ICカードのような
物をタッチして入場します。

入場して先ずは右手にある車両展示のスペースへ向かいます。
何と言っても醍醐味は実物の車両が拝めることですからね~。

DSC00392.jpg

先ず最初に見えるのが150形蒸気機関車。
イギリス製で我が国初の蒸気機関車です。しかも、国の重要文化財。

DSC00399.jpgDSC00425.jpg

71000形蒸気機関車「弁慶号」(左)と開拓使号客車(右)。
両方共北海道開拓の際に使用された車両です。
アメリカから輸入された車両で、雰囲気が如何にも西部開拓なのは
そのため。71000形の前に付いている牛よけなんかはお馴染みですね。

因みにこの71000形の兄弟である「義経号」は北海道の円山動物園にて
ミニュチュアの模型が飾られています。

DSC00428.jpg

6110形電車(左)とED17形電気機関車(右)。
6110形は国産最古のボギー台車を備えた大型電車、ED17形は
イギリス製の電気機関車で、東海道線の電化に備えて輸入されました。

DSC00442.jpgDSC00450.jpg

マイテ39形客車(左)と車内(右)。
東京~下関を結んでいた特急「富士」に使用されていた車両で、1等客車になります。
2等が今で言うグリーン車ですので、それよりも上の客車になりますね~。

展望車としての外見は元より、目を引くのは車内。
時代錯誤とも取れる内装ですが、「桃山様式」と言ってきちんとした様式です。
それなりの車格にはそれなりの内装を、ということなのでしょうか。
最も、当時乗れるのは皇族や貴族華族と言った、一部の限られた階層の人だけ
だったと思いますが。

DSC00457.jpg

C57形蒸気機関車。
「シゴナナ」の愛称で親しまれ、現在でも各地で動態・静態保存されている
車体が多いです。

DSC00469.jpgDSC00481.jpg

20系客車。
1958年に導入され全車両に冷房装置を備えたり、新型の台車を採用するなど
当時としては快適な設備を備えていたことから、「走るホテル」と呼ばれたそうです。
丸っこい顔つきは愛嬌ありますよね。

因みに方向幕に大きく描かれている「あさかぜ」は1955年~2005年まで運行されていた
寝台特急で、東京~下関を結んでいたそうです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 公共交通機関の旅へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/09/01 00:00 ] 埼玉県 鉄道博物館 | TB(0) | CM(6)
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> ワクワク感が伝わってきますね。
> 本当に楽しそう。
> 別にテッチャンではない私でも、これは面白そうだと思います。
> 昔の汽車を見ると、今でもあの匂いなどが思い起こされます。

鉄道には国の歴史や文化も詰まっていますからね~。
ファンにも一般の方にも、楽しめるようなレイアウトで展示してある
鉄道博物館は流石だと思います。

私は汽車は1度乗っただけで…でも、あの石炭臭い排煙の匂いはノスタルジー
がありますよね。
[ 2012/09/07 00:21 ] [ 編集 ]
ワクワク感が伝わってきますね。
本当に楽しそう。
別にテッチャンではない私でも、これは面白そうだと思います。
昔の汽車を見ると、今でもあの匂いなどが思い起こされます。
[ 2012/09/05 08:31 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>愚夫愚父さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 鉄道博物館、私も行ってみたいです。
> まずは愛知のリニア・鉄道館が先ですかね。

リニア・鉄道館は新幹線メイン、鉄道博物館は
在来線メイン、という感じですから両方の長所が
あって良いと思います。
是非、ご子息とともに足を運んでみて下さい。

> 現物が大阪の交通科学博物館に展示されていますよ。
> 余談ですが、平成2年の「花の万博」では「義経号」が実際に客車を引いていましたよ。これにはびっくりしました。
> そのときの客車は梅小路上記機関車館へ、駅舎が福知山線柏原駅と小浜線若狭本郷駅に移築されました。

あ、そういえば大きなガラスの展示スペースにおいてありましたね~。
平成2年というと、製造から120年経っている訳で、それは凄いですねぇ!
YouTubeでも映像を確認できますが、普通に走っていますし、それだけ
お飾りとしてではなく、整備もきちんと行われていたのだなぁと感じます。
[ 2012/09/04 23:27 ] [ 編集 ]
こんばんは。


鉄道博物館、私も行ってみたいです。
まずは愛知のリニア・鉄道館が先ですかね。


>因みにこの71000形の兄弟である「義経号」は北海道の円山動物園にて
ミニュチュアの模型が飾られています。

現物が大阪の交通科学博物館に展示されていますよ。
余談ですが、平成2年の「花の万博」では「義経号」が実際に客車を引いていましたよ。これにはびっくりしました。
そのときの客車は梅小路上記機関車館へ、駅舎が福知山線柏原駅と小浜線若狭本郷駅に移築されました。
[ 2012/09/04 00:20 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> それでも、
> 在来線の特急に比べたら
> 断然、早かったのでしょうね。

やはり、速達化となると新幹線ありき、
という所もありますからね~。

東北本線だと、古いデータで恐縮ですが、
1968年10月の東北本線全線電化の際、583系で
運行されていた「はつかり」で上野~青森8時間半、
それ以前のキハ80系「はつかり」で10時間43分、蒸気機関車
牽引で12時間らしいです。

> 1等車というのも、
> 一度は乗ってみたいです。
> まあ、私は、
> グリーン車さえも、乗った事が無いのですがwww
>
> 今で言うところの、
> グランクラスあたりなんですかね。
> 乗ってみたいです。

2等車が今で言うグルーン車みたいですね。
私もグリーン車はかつて一度も乗った事無いですw
多分、これからも乗らずに過ごしそうですがww
でも、乗るなら長時間乗りたいですよね~。
せめて、新大阪~鹿児島中央間位は…
[ 2012/09/03 23:42 ] [ 編集 ]
こんにちは

>入り口へ至る通路にはこんな感じで時刻表が
>印刷されているんです。

なるほど。
それは、興味深いです。

それでも、
在来線の特急に比べたら
断然、早かったのでしょうね。

1等車というのも、
一度は乗ってみたいです。
まあ、私は、
グリーン車さえも、乗った事が無いのですがwww

今で言うところの、
グランクラスあたりなんですかね。
乗ってみたいです。

ありがとうございました。
[ 2012/09/02 12:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
706位
アクセスランキングを見る>>