FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  北海道 >  土方歳三最期の地

土方歳三最期の地

函館駅から歩くこと数分。
函館総合福祉センターの敷地内にある目的地に到着です。

DSC02082.jpg

私が訪れたかったのは此処、土方歳三最期の地です。
実に6年ぶりとなる再訪です。

DSC02077.jpg

1869年6月20日、攻め寄せる新政府軍に対して50人の兵を率いて
この一本木関門を守備していましたが、戦いの最中腹部に銃弾を受け
即死したとされています。享年35歳。

DSC02078.jpg

しかし一方で、新政府軍に占領されつつあった箱舘を奪還するために
兵士を率いて箱舘に向かう途中、銃撃を受け亡くなったとも言われており
真相はどうか解りません。

因みに遺体は箱舘の何処かに埋葬されていると言われているのですが、
その場所は未だに解っていません。

DSC02081.jpg

石碑。時期が時期なのでしょうがないですが、6年前の秋に来た時は
自由帳があってそこに訪れた人が思いの丈を綴っていました。

土方歳三となると新撰組の副長、京都の寺田屋事件を筆頭に攘夷派
を成敗していたことでも有名であり、例え幸福していたとしても、榎本武揚や
大鳥圭介の様に、新政府から許されて再び政府に迎えられる、ということが
かなり難しかったと思われます。
多分、それを是としない薩長の人々も多かったでしょうから、ほぼ間違いなく
死罪だったのではないでしょうか。

様々なメディアの影響からか、新撰組の中でも特に「義に殉じた人」と
書かれることが多いですよね。土方歳三自身は頭も切れた方でしょうから
鳥羽伏見の戦い位の時点で、戦いの今後がどうなるかということも解った
と思いますが、これまでの人生が「幕府から寝返る」という選択肢を許さなかった
んでしょうね~。本当に悲劇的な偉人だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/03/28 14:30 ] 北海道 | TB(0) | CM(4)
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>らざーろさん

こんばんは、いつもありがとうございます;

> おお、こちらでしたか。
> 私はてっきり、チーズケーキなどをお召し上がりになったのではなかろうかと・・・失礼いたしました。

いえいえ、私のこれまでの行動からそう思われるのも当然です。
本当なら何か甘いものをつまみたかったりもしたんですけどね。

> 一時期は大変な数の観光客だったと耳にしておりますが、
> ちょっと寂しそうですね。

時期が時期ということもありますが、やはり大河が終わってしまうと
寂しい物がありますよね。
北海道で言えば大きく取り上げられたのがこの函館だけでしたから
落差も大きいと思います。
[ 2012/03/28 22:24 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます;

> 土方歳三さんは、享年35歳だったのですね。
> もっと、お年を召されていると思っていました。

そうなんです。本当に男盛りの時に亡くなってしまったんですよ~。
新撰組の中では一応年長の部類に入っていたと思うんですが、
若すぎですよね。

> あの不利な状況の中で、
> ここまでやってこれたというのも、
> 土方歳三さんは、強運なだけでなく、
> やはり、武将としても、
> 優れた方だったことだから。だと感じました。

仰る通りです。
運の強さもさることながら、土方自身の持つ粘り強さや
不屈の精神、人の扱いなんかを見ても、他の有名な
隊士よりもここまで生き残れてさもありなん、という感じがする
武将だと思います。
[ 2012/03/28 22:22 ] [ 編集 ]
こんばんは。

おお、こちらでしたか。
私はてっきり、チーズケーキなどをお召し上がりになったのではなかろうかと・・・失礼いたしました。

一時期は大変な数の観光客だったと耳にしておりますが、
ちょっと寂しそうですね。
[ 2012/03/28 21:06 ] [ 編集 ]
こんにちは

土方歳三さんは、享年35歳だったのですね。
もっと、お年を召されていると思っていました。

あの不利な状況の中で、
ここまでやってこれたというのも、
土方歳三さんは、強運なだけでなく、
やはり、武将としても、
優れた方だったことだから。だと感じました。

ありがとうございました。
[ 2012/03/28 19:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
593位
アクセスランキングを見る>>