FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  三重県 >  瀞峡-田戸発着場-

瀞峡-田戸発着場-

DSC09089_convert_20120126025355.jpg

巨岩群を見ながら暫し進むと、人家らしきものを発見!!
まさかこれが山の民の家…?そう思いながら我ら三流学士探検隊は
瀞峡を進みます。

「船長、あそこに着岸してくれ!!調査せねばならない!」

そう叫ぶ私に船長は言います。

「あんな所に着岸するなんて出きっこないでしょう!!ご存じないんですか?」

「何がだ、人影も見当たらないが…」
教授が言いかけた正にその時!!

という川口浩探検隊風なことはなく、ジェット船は田戸発着場に到着です。
此処で15分間の休憩を取ります。

最初はこの手の観光施設でお馴染みの集合写真をパチリ。
勿論これはサービスではなく、1枚1000円で買わなければならない
のですが、我々は手を出さず。

あるのは屋台のテントと男女兼用の公衆トイレのみ。勿論汲取式で
コンクリで出来た潔癖症の人なら卒倒しそうなトイレですけどね。

DSC09094_convert_20120126025635.jpg

河原から一枚。どうでしょう、この秘境感。中々味わえない雰囲気と
空気だと思います。

シャッターを押し続けていると、後輩から「三流さん、あの階段登ってみましょうよ!」
という誘いが。いつ崩れるかも解ったもんじゃないのに…と思いながらも着いて行きます。

DSC09104_convert_20120126025907.jpg


しかし、流石に高所から撮影したとあって、その景色は正に絶景かな絶景かな。
多分ですけど、冒険小説で探検家が峡谷に辿り着いた時の達成感も似た様な
感じだと思うんです。

勿論、私はジャングルをかき分けてなんか来てないですけど、「此処まで来れたか」
という感情は溢れてきますね~。

DSC09106_convert_20120126030029.jpg

因みにこの建物は旅館だったそうなのですが、台風12号の影響で廃業に…
ということは此処まで水が上がってきたんですね~。

しかし、山の民(山窩)の家の雰囲気っぽさを感じさせる建物だと感じたので、
それはそれでよしとします。

15分の休憩を終えるとジェット船は再び、上瀞へ向けて出発です。

DSC09109_convert_20120126030225.jpg

山彦橋。
三重県と奈良県を結んでいる吊り橋で、右が三重県、左が奈良県です。
名前の由来は、橋の上で声を出すとやまびこが返ってくるからだそうです。

映画だと渡っている最中、まっさきに落ちそうな吊り橋ですよね。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2012/01/26 11:52 ] 三重県 | TB(0) | CM(6)
毎度コメント頂きましてありがとうございます!!
>burning sさん

こんばんは、いつもコメントありがとうございます;

> この緊迫感は水曜どうでしょうの予告編に出てきそうですね。

原付日本列島制覇でこの辺来た筈なんですけどね~。
観光が目的ではないとはいえ、寄っていたら面白かったろうと思います。

> 山の中にある旅館が台風12号で廃棄に追い込まれるなんて…。これだけショックなことはないですよ。

建物自体も古くて良い味出していただけに残念でした。
もしかしたら、本当に由緒ある旅館だったかも知れないですけどね~。
[ 2012/01/28 02:02 ] [ 編集 ]
こんばんは。

この緊迫感は水曜どうでしょうの予告編に出てきそうですね。


山の中にある旅館が台風12号で廃棄に追い込まれるなんて…。これだけショックなことはないですよ。
[ 2012/01/27 20:39 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます;

> どんどんすごい所に入って行きますね。
> いったいこの峡谷はどこまで行くのでしょう。

すみません、もうちょっとで終わりです…
瀞峡自体はもうちょっと続くんですけど、観光で
行けるのは限られた所までみたいです。

> それにしてもこの建物。
> 妄想を膨らませるのにピッタリです。
> 横溝正史の物語に出てきそう。
> そっくりの双子のお婆さんが住んでいる感じです。

「祟りじゃ!八つ墓村の祟りじゃ!!」ですね。
小竹さんと小梅さんでしたよね。先月、ケーブルテレビで
たまたま放送していて見てたんです。

> 左側が奈良県ですか。
> 先祖の地も近いんだなぁ。

行こうと思えばこの田戸発着場からも行けるみたいですが、
そこから先の手段が問題ですね。恐らく、タクシーしかないかと。
[ 2012/01/27 01:19 ] [ 編集 ]
こんばんは。

どんどんすごい所に入って行きますね。
いったいこの峡谷はどこまで行くのでしょう。
それにしてもこの建物。
妄想を膨らませるのにピッタリです。
横溝正史の物語に出てきそう。
そっくりの双子のお婆さんが住んでいる感じです。
左側が奈良県ですか。
先祖の地も近いんだなぁ。
[ 2012/01/26 23:00 ] [ 編集 ]
毎度コメント頂きましてありがとうございますっ!!
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます;

> えらい断崖に、建物が建っているのですね。

しかも人の家ではなく、旅館ですからね。
わざわざここに泊りに来る人がいた、ということにも
吃驚です。
人家ならまだ、「昔からの土地だからなぁ」で済みますが、
旅館だとちょっと吃驚ですよね。

> これは、台風でなくても、
> サスペンスとかが起こりそうで、怖いです。

金田一シリーズだとこういう雰囲気の場所で、地元の因習に
関係する連続殺人事件が起きますよね。
[ 2012/01/26 18:24 ] [ 編集 ]
こんにちは

えらい断崖に、建物が建っているのですね。
これは、台風でなくても、
サスペンスとかが起こりそうで、怖いです。

ありがとうございました。
[ 2012/01/26 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
593位
アクセスランキングを見る>>