今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  スポンサー広告 >  静岡県 >  エスパルドリームフェリーの水上バス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エスパルドリームフェリーの水上バス

DSC_0335_201709082342235e7.jpg

前回、40分近く歩いて到着したフェリー乗り場。
その実態はこんな感じで、ポストアポカリプス後の
荒廃している世界のように見えますが、きちんと2017年の
日本です。

DSC_0336.jpg

水上バス乗り場というので、本当はもっと人気があって、
有人のターミナルくらいあるのかと思っていましたが、
人の気配は、この乗り場周辺には一切無し。人気は私だけでした。
日曜日の午後なのに…いつの間にか裏世界に飛んでたり…?

DSC_0338.jpg

こういう表示を見るに夏は海水浴場になったりするのでしょうか?
砂浜は無かったですが…

DSC_0361_20170908234219210.jpg

しかし、何か見たことない謎の草まで生えてるし…ここ地球?

DSC_0342_2017090823422855f.jpg

と、視線を左に移すとパラセーリングを楽しんでいる人達が
遠目に見えたので一安心。

DSC_0349.jpg

晴れた日の午後、そよ風に身を任せてボケっとしているのも良いものです。
これで椅子なんかあれば完璧に寝れる自信がある。そんな日だったんですよね。

DSC_0362_201709082342217c6.jpg

そして乗り場はここ。椅子もないのは正直どうよ…と思いましたが、
ぼーっとしていると、家族連れが来たので一安心。良かった、きちんと現実世界でした。

そして暫く。

DSC_0382.jpg

船が来たぞぉー!!
1時間に1本しかない船がやっと到着しました。

DSC_0384.jpg

先ず、乗務員さんに案内され船内へ。中はかなりゆったりした椅子が並んで
いましたが、やはりこう天気が良いと、人間の心情として後部デッキに乗りたいものです。

DSC_0385.jpg

潮風を浴びながら鑑賞する富士山もまた格別。

DSC_0396.jpg

船が係留されているのは割と壮観ですね。
ドックという感じがします。

DSC_0415.jpg

結構、他の船が通るのが印象的でした。
内航船というやつでしょうか。

DSC_0421.jpg

水産庁の船もありました。調査船というやつですかね。

DSC_0429.jpgDSC_0440.jpg

こういう構図、好きです。

時間にして15分ほどでしたでしょうか。短かったですがバスでは味わえない
爽快感と景色。時間さえ合えばかなりオススメです。
三保の松原からは少し遠いですが…

因みに、水上バスを運行しているのは、エスパルスドリームフェリーという
フェリー会社で、割と魅力的なプランを沢山持っている会社です。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/09/09 00:00 ] 静岡県 | TB(0) | CM(6)
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 水上バス。
> のりばの荒廃感がなんとも言えませんね。
> 海外の刑事ドラマを思い出しました。

多分、誰も居ない中ならば本当に、ポストアポカリプスな
世界が堪能出来ると思います。
しかもここ、周囲の音が殆ど無いんです。近くの道路は車なんて
滅多に通らないですし。
海外の刑事ドラマ…「あなた疲れてるのよ」で有名な
あれでしょうか。

> 水上バス自体は、大阪の水上バスのようなも観光色の強いものかと
> 思ったら、「普通」なんですね。
> むしろ、大阪で言えば「渡船」に近いような。
> あちらは無料で椅子無し自転車可で、そう考えると大分違いますが。

仰る通り、普通なんです。といっても、地元の方の利用はそんなに
無いような…
しかし、大阪の「渡船」は無料なのが凄いですね。公営とは言え
太っ腹だと思います。機会があれば乗ってみたいですねぇ。
[ 2017/09/13 22:35 ] [ 編集 ]
こんばんは。

水上バス。
のりばの荒廃感がなんとも言えませんね。
海外の刑事ドラマを思い出しました。

水上バス自体は、大阪の水上バスのようなも観光色の強いものかと
思ったら、「普通」なんですね。
むしろ、大阪で言えば「渡船」に近いような。
あちらは無料で椅子無し自転車可で、そう考えると大分違いますが。

[ 2017/09/12 23:27 ] [ 編集 ]
>中林20系さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 清水港の乗り場は存じてましたが、あっち側はこんな…悪夢に出てくるようなそれでしたか!弘洋亭のそれも“つげ義春”的に謎ですが、謎の草は…対象に追いかけられて逃げる途中、身を隠したあばら屋の周囲に生えていそうな…これがこちらに気づいて次第に触手を伸ばしこちらに絡み付いてきて“ひっ!”とか声を上げて対象に気づかれて…勝手にそういう悪夢を想像してしまいました、ははは。

そして、その隊員を探すべく調査に出る主人公と他の隊員…
果たして彼らは生き残れるのか?!
何なら、草自体シュルシュルと伸びて、人を捕食しそうな(笑)
枯れているわけではなく、粘菌みたいに他の草の上に生えているので、
何とも不気味でした。

> それはさておき、あれほどの規模の清水港ですから、入船出船も面白い…これは確かに!地形的に独特というか、天然の良港ですしね。
> 清水、再訪したくなりました。ありがとうございます。

昔から結構、海運で栄えていた場所ですしね。
風景に関しても今の近代的なビルや建物が無ければ、もっと
富士山は風光明媚に見えただろうなぁと思います。
ありがとうございます、もうちょい清水の魅力を取り上げていきます~。
[ 2017/09/10 23:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 水産庁の船は良いですね。
>
> 調べていると
> 漁業取締船が、武装しないで取り締まりしていると書いてあるので
> 感服いたします。

ええ…非武装はヤバいですよねぇ。
近隣諸国の違法漁船などは武器を持っているとも聞きますし、
外国では、そのへんは海軍の領域になっているとも聞きます。
職員の方々に今後も、安全な業務をして貰いたいです。

> 外国相手の船に「非武装だから撃たないでね。」とは通用しないと思いますし
> それで仕事されいらっしゃるので、すごい事だと感心しました。

海上保安庁の巡視船みたく、武装を付ければ良いとも思うのですが、
中々難しいんですかねぇ。
シーシェパードにも舐められずに済んだろうに。とも思います。
[ 2017/09/10 21:59 ] [ 編集 ]
いやもうこれは!
清水港の乗り場は存じてましたが、あっち側はこんな…悪夢に出てくるようなそれでしたか!弘洋亭のそれも“つげ義春”的に謎ですが、謎の草は…対象に追いかけられて逃げる途中、身を隠したあばら屋の周囲に生えていそうな…これがこちらに気づいて次第に触手を伸ばしこちらに絡み付いてきて“ひっ!”とか声を上げて対象に気づかれて…勝手にそういう悪夢を想像してしまいました、ははは。

それはさておき、あれほどの規模の清水港ですから、入船出船も面白い…これは確かに!地形的に独特というか、天然の良港ですしね。
清水、再訪したくなりました。ありがとうございます。
[ 2017/09/09 20:08 ] [ 編集 ]
こんにちは

水産庁の船は良いですね。

調べていると
漁業取締船が、武装しないで取り締まりしていると書いてあるので
感服いたします。

外国相手の船に「非武装だから撃たないでね。」とは通用しないと思いますし
それで仕事されいらっしゃるので、すごい事だと感心しました。

ありがとうございました。
[ 2017/09/09 09:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3789位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
822位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。