FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  スポンサー広告 >  グルメ >  崎陽軒の「シウマイ弁当」と船橋屋の「久寿餅」と東京土産

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

崎陽軒の「シウマイ弁当」と船橋屋の「久寿餅」と東京土産

さて、毎回恒例となりましたが、今回も駅弁をば…
名古屋帰ったって純粋に食事をする店ってチェーン店以外少ない
ですしね。

DSC00527.jpg

そして当然、私がチョイスをするのは、崎陽軒のシウマイ弁当。
830円という安価で、そして何と言ってもいつ食べても安心する味
というのはありがたいです。

DSC00529.jpg

多分、空でシウマイ弁当の絵を描いてみろと言われたら
書けるのではないか、それ位食べている気はします。

DSC00531_2017052622395090e.jpg

そりゃ、お金があれば大丸の地下で3000円出して焼肉弁当を
買って帰りたいですが、良いんです。私はシウマイ弁当で。
ベタというか王道というか、これくらい身近な方が私の性に
あっている気がします。

DSC00534_20170526223953b87.jpg

そして今回は、デザートに大丸東京店の1階にある
船橋屋の久寿餅を買ってきました。

DSC00536.jpg

関東と関西で大きく違うというか、発音が一緒でも物が違うのがこの久寿餅でしょう。
関西だと「くずもち」というと葛を使った「葛餅」がポピュラーですが、
関東の場合は、「久寿餅」がメジャー。
原料は、小麦粉のデンプンで味はほぼほぼなく、仄かに酸味があるかないか
位の食べ物なのですが、食感がモチモチプルプルしていて面白いんです。

DSC00538.jpg

味付けは黄粉と黒蜜です。

DSC_1082.jpg

そしてお土産編。
これこそ、当時少しブームになっていた「シベリア」です。
横浜駅で降りたのも、この「シベリア」を買うため。
「コティベーカリー」という老舗のパン屋さんで買いました。

ちょっと形が崩れていますが、スーパーなんかで売っている
シベリアと違って、カステラ部分も羊羹部分もかなり
厚いのがお分かりになるでしょうか。

味も素朴でした。カステラと羊羹の組み合わせ以外の何物でも
ないのですが、大正や昭和初期にはこれがカフェーのメニューにも
なってた位ハイカラなお菓子だったんですね。

DSC00539.jpg

そして横浜土産といえば、これも外せない「ありあけのハーバー」こと、
「横濱ハーバーダブルマロン」です。

DSC00541_2017052622571995a.jpg

このお菓子、浜っ子こと横浜の人々には、かなり親しまれている様で、
お土産に用いられることも多いのだとか。
そしてこの「横濱ハーバー」、かつて製造していた会社が倒産、一時
消えていたのですが、元従業員や有志の人が「ありあけのハーバーを
なくしちゃいけない!」と再び会社を興し、現在に至るという思い入れの
強さ。

DSC_1094.jpg

中身は焼き菓子。船の形を象っているのが横浜らしいですね。

DSC_1095.jpg

中はクラッシュされたマロンがふんだんに入っている栗餡です。
生地のしっとりさと相まって、ちょっと特別でモダンなお菓子、って
感じがします。
これ、身近にあったら結構買ってしまいそうです。

DSC00543.jpg

最後の極めつけは、創業90年の歴史を誇る浅草亀十のどら焼き。
行列必須、浅草で人気の和菓子屋さんのどら焼きです。

DSC_1098_2017052622571768a.jpg

パンケーキみたいにふわふわの生地に、しっとりとした粒あん。
正統派どら焼きとはまた違ったアプローチですが、正直、私が食べてきた
どら焼きの中で1番の美味しさです。
何ていうんでしょう…今まで食べたことなかったどら焼きなんですけど、
日本人は皆、心の中でこのどら焼きを求めていた、そんな味です。
このどら焼きを食べて、嫌いになる人は居ないのでは無いでしょうか。

かなり並ぶのですが、運が良ければ15分も並んでいれば買えると思います。
手作り故、1日3000個限定というのもまた良いですね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/05/27 00:00 ] グルメ | TB(0) | CM(6)
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 崎陽軒のシウマイ。
> 職場近くの某百貨店で販売されていました。
> 当然買い求めて、週末の酒の肴にしましたよ。
>
> 美味かった。

人によっては、「あの帆立の匂いがどうも…」という方も
見えるみたいですが、私も美味しいと思います。
肴にもおかずにも良いですよね。

> くず餅。
> 私のMacの日本語変換(ATOK)では「葛餅」しか出てきませんでした。
> 「久寿餅」とは粋な感じのアテ方ですね。
> まあ、葛粉を使っていないならば「葛餅」とは書けないのかもしれません。

Google日本語入力では、久寿餅は出ますね。あまり常用の単語ではないですから、
多分、MicrosoftIMEでも出ないかと…
言い方が上手いなぁと思います。先人の知恵を感じますね。

> 倒産後、元従業員や有志の人が再び会社を興し、現在に至る・・・と聞くと
> 私は神戸駅・高速神戸駅前というか、湊川神社前の菊水總本店の瓦煎餅を思い出します。
> そう言えば、昨日神戸に行ってきたのに、瓦煎餅買うの忘れていました。残念。

菊水總本店、存じ上げておりませんでした。
取引先から「何とか続けて」と懇願された、というのも親しまれているお店だなぁ、
というのは感じます。
神戸花鳥園に言った時など、ついでに行ってみたいと思います。
[ 2017/05/30 22:13 ] [ 編集 ]
こんばんは。

崎陽軒のシウマイ。
職場近くの某百貨店で販売されていました。
当然買い求めて、週末の酒の肴にしましたよ。

美味かった。


くず餅。
私のMacの日本語変換(ATOK)では「葛餅」しか出てきませんでした。
「久寿餅」とは粋な感じのアテ方ですね。
まあ、葛粉を使っていないならば「葛餅」とは書けないのかもしれません。

「横濱ハーバーダブルマロン」
倒産後、元従業員や有志の人が再び会社を興し、現在に至る・・・と聞くと
私は神戸駅・高速神戸駅前というか、湊川神社前の菊水總本店の瓦煎餅を思い出します。
そう言えば、昨日神戸に行ってきたのに、瓦煎餅買うの忘れていました。残念。
[ 2017/05/29 00:02 ] [ 編集 ]
>あいあんさいどさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 「ハーバー」は実際には艀(はしけ)を象っているようですが、
> かつては実際に栗は入っておらず、復活後にこうなったと思われます。
> そのせいか味に関しては今の方が格段においしいですが、
> 従兄は地元故の謙遜なのか、それとも「質より量」の拘りからなのか(笑)、
> 「小さくなった」ばかり言って、あまり肯定的ではありません。
> まあ、大きさに関しては否定はしませんが(小声)。

あ、あの形は艀だったんですか!ありがとうございます~。
知りませんでした…てっきりパッケージが普通の船なので船かとばかり。
復活後、かつて製造していたワンランク上の「ローヤルハーバー」というのを
現「ハーバー」のベースにしているそうで、それ故栗が入るようになったらしいです。
大きさ…うーん、小さくなっているというなら寂しいですね。

> 「久寿餅」!はい正におっしゃる通りで。やはり名物の川崎大師界隈でもそう書きますが、結局葛粉は使ってないんです。
>
> 船橋屋さんは、ご存知でしたらすいませんが本店は亀戸天神の近くにあるのですが、今や東京名物としての知名度が高いですね。浅草でも売っていますし。

上京をする身からすると、大体何処にでも売っているのが「船橋屋」なのですが、
本店が亀戸天神とは知りませんでした…
調べると他にも久寿餅の美味しいお店はあるみたいですが、大丸東京店にあるので
どうしても、船橋屋一択になりがちです。便利なもので…

> ただ、「亀十」は一応知ってはいましたが、完全ノーマークでした(汗)。確かに「どら焼きのニューウェーブ」と言った感じの外見ですが、それだけに気になるところですね。

ぜひぜひ、一度ご賞味なさって下さい!絶対に損はしない味だと思います!!
[ 2017/05/28 21:25 ] [ 編集 ]
>鍵コメ様

コメントありがとうござます。

早速私のスマートフォンに入れさせて頂きました。
まだ色々と試している最中です。

ご活躍、これからもお祈り申し上げます。
[ 2017/05/28 21:14 ] [ 編集 ]
こんばんは。

親戚がいる関係からか、
最初と3つ目には妙に反応してしまいます(笑)。

「ハーバー」は実際には艀(はしけ)を象っているようですが、
かつては実際に栗は入っておらず、復活後にこうなったと思われます。
そのせいか味に関しては今の方が格段においしいですが、
従兄は地元故の謙遜なのか、それとも「質より量」の拘りからなのか(笑)、
「小さくなった」ばかり言って、あまり肯定的ではありません。
まあ、大きさに関しては否定はしませんが(小声)。

「久寿餅」!はい正におっしゃる通りで。やはり名物の川崎大師界隈でもそう書きますが、結局葛粉は使ってないんです。

船橋屋さんは、ご存知でしたらすいませんが本店は亀戸天神の近くにあるのですが、今や東京名物としての知名度が高いですね。浅草でも売っていますし。

ただ、「亀十」は一応知ってはいましたが、完全ノーマークでした(汗)。確かに「どら焼きのニューウェーブ」と言った感じの外見ですが、それだけに気になるところですね。
[ 2017/05/27 21:52 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/05/27 13:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2786位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
632位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。