FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  スポンサー広告 >  東京都 >  東京都江戸東京博物館

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京都江戸東京博物館

朝食を食べた後は、都営大江戸線の上野御徒町駅まで
向かい、両国駅へ。
旅行最終日の目的地まで歩きます。

DSC09598.jpg

この要塞か戦隊物に出てくる、ヒーローの基地のような建物。
東京都江戸東京博物館です。

知人から「見ごたえがあって、下手したら1日では回りきれないよ」
と教えてもらい、ならば一度…と行ってみた訳です。

DSC09603.jpg

階段を登り先ずは3階へ。
江戸東京博物館、非常に珍しい作りでして
展示エリアはは4階~7階。
地下1~3階は通路や売店、会議室だったりするのです。

DSC09616.jpg

そしてここ、両国からでもスカイツリーは見えます。

この後、非常に長いエスカレーターを登って4階へ行くのですが、
怖かったので写真は撮れず…
いや、高所恐怖症なのでエレベーターを使えば良いと思うんですけど、
中々…そもそも、こういう所はエレベーターの場所が分かり辛かったりしますし。

DSC09622.jpg

それで中に入ると、先ず飛び込んでくるのはこれ。
実物大の日本橋です。
え、ここ地上4階だよね?でもこんな大きなジオラマが
あるの…?と驚きます。
大きさは実物大(長さは半分ですが)。
檜を使い、当時の絵画などを参考にとても正確に
復元したのだとか…

DSC09707.jpg

江戸城内にあった松の廊下を再現した展示。
オリジナルとほぼ同じ長さに渡り、襖が描かれています。
あれですね、浅野内匠頭が吉良上野介義央に切りかかった
場所ですね。

他にも色々と展示があるのですが、全て取り上げていては
3ヶ月はかかるので、涙を飲んで割愛し、興味があった展示だけ
取り上げていきたいと思います。

DSC09809.jpg

江戸時代の庶民の文化・風俗なんかも展示されているのですが、
こんな屋台を発見。

DSC09811.jpg

寿司の屋台です。

DSC09812.jpgDSC09814.jpg

マグロに干瓢巻、そして穴子でしょうか。

DSC09815.jpg

多分、コハダかと。

DSC09816.jpg

玉子と干瓢巻。

DSC09817.jpg

ガリ。針生姜のような珍しい形をしています。

DSC09810.jpg

説明板。
そう、当時の寿司ってデカかったんですよね。
1貫が握りこぶしか、おにぎりくらいの大きさがあったそうです。
ネタも、マグロが漬けで、火を通せないものは酢漬けにしてたとか。
冷蔵庫がない時代の工夫ですね。

醤油も大きい丼に並々注いであって、客は各々それに寿司を
ザブっと漬けて食べていたとか。勿論、2度漬けはなし。
暖簾で手を拭いてくので、暖簾が汚い店ほど旨い、と言われてたみたいです。

後、これは今調べて知った知識なんですが、寿司屋に来る客は
ガリを最初に摘んで、指を湿らせてから寿司を食べたそうです。
そうすると、シャリが指につかないとかで。

この時代の寿司、一度食べてみたいんですがどこかやっている
店はないですかね~。

DSC09821_201704202312256dc.jpg

後は蕎麦屋も外せません。

DSC09822.jpg

今の基準だと、衛生面もどうよみたいな感じですが、
お祭りの屋台と一緒で、駄菓子的な感じで美味しそうですよね。

DSC09818.jpg

和船の模型。

DSC09917_20170420231228031.jpg

歌舞伎の演目である「助六」の舞台を再現したセット。

DSC09938_20170420231218dc2.jpg

江戸時代の芝居小屋である「中村座」の再現セット。
大きさは勿論、原寸大です。
当時の江戸庶民は、ここで歌舞伎なんかを見てたんだなぁ、と。

と、こんな感じで原寸大のジオラマがドーンとあるので、
それに圧倒されるのが、江戸東京博物館の魅力の一番かなぁと。
明日は、小さな展示物を取り上げていきます。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/04/28 00:00 ] 東京都 | TB(0) | CM(2)
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。

> いいですねえ。
> 行ってみたい。
>
> 私は時代小説やテレビ時代劇が好きなので、江戸時代の記録展示には興味があるんですよね。
> まあ、大阪でも似たような展示はあるんですけど、時代もののメイン舞台は江戸ですからね。

時代劇だと9割方江戸ですからね。上方や地方が出てくるのは水戸黄門位でしょうか…
何にせよ、東京都が威信をかけて作った江戸東京博物館ですから、江戸時代の記録展示は
凄まじいものがあります。圧巻でした。

> 二八そばの屋台にもそそるものがありますね。

この時代の二八そばや寿司なんてのは、今よりも絶対美味しくないんでしょうけど、
こう、仰る通りそそるものがありますよね。
現代でいう、屋台のラーメン的な。

> 和船の写真を拝見して、今は亡き「なにわの海の時空館」の菱垣廻船の展示を思い出しました。

なにわ海の時空館、もう閉鎖されてしまったんですね。
建物は結構カッコ良かったイメージがあるのですが、相当お客さんが来なかったんですね…
[ 2017/05/09 22:30 ] [ 編集 ]
こんばんは。

>東京都江戸東京博物館

いいですねえ。
行ってみたい。

私は時代小説やテレビ時代劇が好きなので、江戸時代の記録展示には興味があるんですよね。
まあ、大阪でも似たような展示はあるんですけど、時代もののメイン舞台は江戸ですからね。

二八そばの屋台にもそそるものがありますね。

和船の写真を拝見して、今は亡き「なにわの海の時空館」の菱垣廻船の展示を思い出しました。
[ 2017/05/09 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4088位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
876位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。