今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  スポンサー広告 >  グルメ >  東京タンメントナリの「タンギョウ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京タンメントナリの「タンギョウ」

京浜東北線に乗って、秋葉原で少し買い物をして
その後、この日の宿がある上野へ。

DSC09528_201704052027275ad.jpg

この日は結構アクティブに移動した感じだったので、
もう店を探して別の駅へ行くのも面倒…何か上野近辺で…
と思っていて入ったのが東京タンメントナリ アトレ上野店です。



東京駅の地下街にある東京ラーメンストリートでも、屈指の人気店、
「六厘舎」が展開するブランドでタンメンが専門の店です。

タンメンか…1回食べてみるか、と思い入店。
注文したのは、タンメンと餃子のセットである「タンギョウ」。

DSC09531.jpg

これがタンメン。
乗っている野菜の量は、厚生労働省が推奨している成人1人の
1日あたりの野菜摂取量と同じ350g!
かなりボリューミーです。

DSC09533.jpg

スープ。
塩ベースです。でも濃い目で割とガッツリ系。好きな味です。
あ、意図せずですが、スープリフトみたいな写真になっちゃいましたね。

DSC09534.jpg

面は極太。濃い目のスープにかなりマッチしてワシワシ食べ応えがあります。

そういえば、タンメンって関東の食べ物だよなぁ、と思うのは食べ物系漫画とか
本とか読んでても、関東のお店しか出てこないんですよね。
で、私の普段の生活圏内の中華料理屋を見渡してみても、タンメンを置いている
店って1軒しかなくて、そこではトナリのタンメンみたいに野菜炒め乗せの塩ベース
ラーメンではなくて、塩ベースなのは一緒なのですが乗っているのは、もやしと木耳、
少量の豚肉を炒めた物が具材になっていて、一般的なイメージとはまたちょっと違うよなぁ、
と。美味しいんですけどね。

DSC09535.jpg

餃子も美味しかったです。そこそこ大ぶりでしたしね。

DSC09536.jpg

あ、後これも関東と言うか、自分のテリトリーの外にいるのだなぁ、と
感じたことなのですが、餃子を食べる時に餃子のタレがなく、醤油と酢が置いてあること。
これを客が自分の好みで調合してタレを作るスタイルになってるんですね。
最近では、酢に胡椒のみというのも増えてますけど。
東海以西では、醤油と酢が無くて、餃子のタレしか置いてないのが普通なので…」

このタンギョウのセットで880円。結構お腹は膨れると思います。




DSC09566.jpg

そして私が桜木町で買った【アレ】とは、シベリアでした。
「風立ちぬ」で話題になりましたよね。

桜木町に現在でもシベリアを作り続けているコティベーカリーという
店があるのを思い出して、買いに行った次第。

家族へのお土産にしましたが、素朴な味で美味しかったです。
羊羹が甘すぎないのでクドくなかったのが良いですね。

関連記事
スポンサーサイト
[ 2017/04/08 00:00 ] グルメ | TB(0) | CM(4)
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。
コメントの返信遅れまして、すみませんでした。
扁桃炎を起していたもので…

> 私がよく利用する、「アベノみんみん」ではタンメンがメニューにあったように思います。
> 炒めた肉野菜が具・・・
> いいですねえ。昔、よく母が作ってくれましたよ。

ということは、関西でもある所にはある、みたいな感じ
なんですかね~。関東だと中華料理屋に入ると置いてある所が
殆どくらいな勢いですが…
思い出の一品なんですね~。うちの母は溶き卵をラーメンやら
うどんやらに入れてくれます。

> セットの餃子も本格的なもののようで、いいですね。
> サイドメニューに手を抜くようなお店はあまり好きには慣れません。
> 先日、某ラーメン店でいただいた餃子は、いかにも「業務用」の冷凍食品でした。
> 皮が少し固めで具がスカスカ。これは納得できなかったなあ・・・

何と。ご愁傷様です。
しかし、仰ることはごもっともです。
メインの料理は美味しくても、サイドメニューに手を抜いてる店は
もう選択肢から外れちゃいますよね。
ラーメン美味しくてもチャーハンやミニチャーシュー丼が美味しくない店とか
多いですけど。

> 餃子のタレについてですが、大阪でも「タレ」がないお店は結構ありますね。
> 前述の「アベノみんみん」も、醤油と酢、ラー油が卓上にあります。
> いわゆる「ラーメン店」や「京都王将」「大阪王将」あたりは、「タレ」ですけれど。

ということは、一概に関西は餃子のタレ文化、という訳でもないんですね。
う~む、この辺もリサーチが要りますね。
自分は「京都王将」が基準なのでてっきり、関西方面はタレ一強なのかと…

> 最近、私は餃子を食べるとき、酢、又は何も付けずに食べることが増えてきました。
> あ、味噌だれも美味しいですけどね。

味噌ダレは意外性があって、美味しいのに当たるとメチャクチャ
ハマりますよね。
酢(とコショウ)は「孤独のグルメ」の影響でやってみたら、これも美味しくて
驚きました。今まで、自分がいかに「餃子にはタレ」と盲目的になっていたか、
思い知らされました。

> 懐かしい。
> 昔どこかでいただいたことがあります。
> 何故「シベリア」というなのかはわかりませんでしたが( ^^)

リアルタイム世代ではない我々でも、「懐かしい」と感じちゃいますよね。
由来は諸説あるみたいですが、個人的にはシベリア鉄道の線路に見立てた、
ってのが好きですね~。
[ 2017/04/14 23:08 ] [ 編集 ]
こんばんは。


>タンメン

私がよく利用する、「アベノみんみん」ではタンメンがメニューにあったように思います。
炒めた肉野菜が具・・・
いいですねえ。昔、よく母が作ってくれましたよ。

セットの餃子も本格的なもののようで、いいですね。
サイドメニューに手を抜くようなお店はあまり好きには慣れません。
先日、某ラーメン店でいただいた餃子は、いかにも「業務用」の冷凍食品でした。
皮が少し固めで具がスカスカ。これは納得できなかったなあ・・・

餃子のタレについてですが、大阪でも「タレ」がないお店は結構ありますね。
前述の「アベノみんみん」も、醤油と酢、ラー油が卓上にあります。
いわゆる「ラーメン店」や「京都王将」「大阪王将」あたりは、「タレ」ですけれど。

最近、私は餃子を食べるとき、酢、又は何も付けずに食べることが増えてきました。
あ、味噌だれも美味しいですけどね。


>シベリア

懐かしい。
昔どこかでいただいたことがあります。
何故「シベリア」というなのかはわかりませんでしたが( ^^)

[ 2017/04/12 00:15 ] [ 編集 ]
>nbmさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> タンメンって、関東の食べ物だったんですね。
> 知りませんでした。
> 餃子のタレの件も興味深いです。

東海以西だと、五目あんかけラーメンがその位置にある気がします。
タンメンは置いていない店の方が多いかと…
餃子のタレは、こっちだとポピュラーなんですけど
関東だとそうでもないのかなぁ、と。
関東式の方が自分好みに調整できる利点がある気はします。

> そして、シベリア。
> こちらでは、スーパーのパンコーナーでもよく見かけます。
> ヤマザキパン製だったかな。
> でも、コティベーカリーさんのは別格で美味しそう。

ヤマザキのシベリアは偶に売っているのも見かけるのですが、
薄い上にこう、スティックタイプなんですよね。
ただの羊羹を挟んだカステラ、みたいな。
コティベーカーリーは、老舗のパン屋でもう、紛うことなき、
シベリアですよね。教科書みたいに完璧なシベリアです。

> こういう食文化の地域差の話題が大好きなんです。
> 自分が当たり前に食べているものが実は地元限定だったり
> 食べたことがないどころか見たこともない食べ物ってたくさんありますよね。
> つい先日、うちのダンナさんは、「五家宝」が埼玉のお菓子だと知ってショックを受けていました(笑)
> そりゃあ、この辺のお店ならどこでも売ってますけど。
> それは埼玉県に限ってのことなんですよねぇ。
> ほんとうに面白いです。

ご主人のお考えもご最も。かくいう私も数年前までこの辺(東海地方)
の調味料は、全国共通だと思っていたんですがそうではない、と知った時
ちょっとビックリしました(笑)
ソースなんかが特にそうなのですが、こっちでは「こいくちソース」と
いうものが卓上ソースのスタンダードなのですが、他の地方ではウスターやら
中濃やらとんかつやらあってもう、カルチャーショックですね。

仰る通りで、名物みたいな観光客向けの食べ物じゃなくても、
その土地に行けば地域差解りますよね。
[ 2017/04/08 21:59 ] [ 編集 ]
シベリア!
タンメンって、関東の食べ物だったんですね。
知りませんでした。
餃子のタレの件も興味深いです。

そして、シベリア。
こちらでは、スーパーのパンコーナーでもよく見かけます。
ヤマザキパン製だったかな。
でも、コティベーカリーさんのは別格で美味しそう。

こういう食文化の地域差の話題が大好きなんです。
自分が当たり前に食べているものが実は地元限定だったり
食べたことがないどころか見たこともない食べ物ってたくさんありますよね。
つい先日、うちのダンナさんは、「五家宝」が埼玉のお菓子だと知ってショックを受けていました(笑)
そりゃあ、この辺のお店ならどこでも売ってますけど。
それは埼玉県に限ってのことなんですよねぇ。
ほんとうに面白いです。
[ 2017/04/08 01:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2096位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
466位
アクセスランキングを見る>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。