FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  愛知県 >  新城市設楽原歴史資料館

新城市設楽原歴史資料館

長篠城址史跡保存館と長篠城址を見た我々。
車で暫し移動して、新城市設楽原歴史資料館に到着です。

DSC_0216.jpg

長篠城址史跡保存館に比べるとかなり近代的な資料館です。
何でも今年で20年目だとかで、そら新しい建物のはずです。
一応、平成に入ってからの建物ですから。

あ、後写真右の銅像は、長篠の合戦とは特に関係のない、
岩瀬忠震という地元出身の旗本のもの。
日米修好通商条約調印の立役者なのだとか。

入場料は300円なので、受付に居た恐らく職場体験中であろう
めちゃくちゃ緊張してた、中学生の男の子にきちんと1,200円払い入館。

てか、夏休み中に職場体験やるんですね。
私の時は、10月頃の平日でしたけど。

DSC_0222.jpg

入り口においてあるのは、”日本最大の大鉄砲”。
我々のイメージする火縄銃をそのまま大きくしたような感じで、
見ると「おお!」と軽くテンションが上がります。
でも、これは実際戦に使うようではなくて、鴨撃ちの狩猟用なのだそうです。

DSC_0230.jpg

唐人傘馬標。
長篠の合戦の屏風絵図にも、描かれていた織田信長の馬標です。
唐人というのは、外国人のことですが南蛮風の兜ですね。

DSC_0227.jpg

現存する日本最古の火縄銃「信玄砲」。
もののけ姫に出てくる石火矢のような形をしてますね。
この「信玄砲」、1573年の武田信玄による野田城攻めの
折に武田信玄を城より狙撃。信玄の生命を奪う間接的な
原因になった…とも言われています。
なので、「信玄砲」の名前が付くようになりました。
その辺を映画で取り上げているのが黒澤明監督の
「影武者」だったりするので興味のある方は是非。

DSC_0225.jpg

こちらは一般的な火縄銃。
江戸時代に大阪の堺で作られたものだそうです。

DSC_0247.jpg

館内の少し開けた場所では、この様に火縄銃がずらり。
圧巻です。
現在でも、すわ「武田の軍勢が攻め入ってきたぞ!!」と報せが
入れば1丁手に持ち、駆け参じたくなる…そんな思いにさせてくれるほど、
きちんと展示されています。

DSC_0246.jpg

他にもこんな変わり種も。
下の2つは、鉄砲ではなくて大筒ではないか…?とも思うのですが、
当時の鉄砲は最新兵器。色々な形が試行錯誤されたんだなぁ、と
思います。

DSC_0253.jpg

実際に火縄銃を持つことも出来ます。
やはり、木と鉄だけで出来ているので重いです。どストレートに
重いです。
因みに、時代に寄ってかなり変動するのですが火縄銃の値段は
伝来時で1丁5000万円、織田信長の時代で60万円くらいなのだそうです。
現代の価値で言うとですけどね。

DSC_0261.jpg

後は、映画「影武者」のパネル展示も。

DSC_0276.jpg

屋上にも出れるので、そこから古戦場を望み戦国時代に思いを馳せる
事も出来ます。
今見ているのは、正面に織田勢が布陣していた方角…と歯切れが悪いのは
屋上にあったパネルと、景色が違ったからで(木とか草が生えまくってる)、
言い切るのがどうも…

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/12/16 00:00 ] 愛知県 | TB(0) | CM(2)
>中林20系さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 口径は判りませぬが、そんなこれが鴨撃ち用ならば撃たれた鴨は…四分五裂というか…命中した瞬間に羽毛と何がしかの液体固体がバッ!と散るだけで、あとには何も残らないというか何も落ちてこないのでは?と。鴨のクレー射撃、みたいな。
> いや、ただ当てて楽しむのならそれでもいいのですが、とはいえ戦果も欲しいですよね。

確かに現代の猟銃のように散弾で、って訳ではないですもんね~。
形だけ見たら、射程距離重視の大型鉄砲ですが今の所は、猟に使っていた
みたいなのが定説だそうで、もしかしたらそれが覆される時が来るかも
知れないですね~。猟じゃなくて狙撃でした、みたいに。

> まあ、やっぱり当時は価値観とか、異なりそうですね。あ、公道を走るにはオーバースペック過ぎるほどにチューンアップしたマシンで(中略)みたいなものでしょうか。
>
> ♪大きいことはいいことだ~
>
> そういう、昭和のテレビcmがあったものです。

美味しいことはいいことだ~と続くんでしたっけ。
CMをちゃんと見た時に、あのおじさんが伊東四朗だとばかり
思ってたんですが山本直純さんという指揮者だったそうで…
顔がベンジャミン伊藤と被るんです。
あ、勿論リアルタイムでは知りませんので悪しからず…
[ 2016/12/18 01:01 ] [ 編集 ]
日本最大の大鉄砲
口径は判りませぬが、そんなこれが鴨撃ち用ならば撃たれた鴨は…四分五裂というか…命中した瞬間に羽毛と何がしかの液体固体がバッ!と散るだけで、あとには何も残らないというか何も落ちてこないのでは?と。鴨のクレー射撃、みたいな。
いや、ただ当てて楽しむのならそれでもいいのですが、とはいえ戦果も欲しいですよね。

まあ、やっぱり当時は価値観とか、異なりそうですね。あ、公道を走るにはオーバースペック過ぎるほどにチューンアップしたマシンで(中略)みたいなものでしょうか。

♪大きいことはいいことだ~

そういう、昭和のテレビcmがあったものです。
[ 2016/12/17 20:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
713位
アクセスランキングを見る>>