FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  グルメ >  松葉京都駅店の「親子丼」

松葉京都駅店の「親子丼」

京都鉄道博物館から、バスに乗り京都駅へ。
帰りの新幹線まで残り2時間位でしたでしょうか。
お昼時もとっくに過ぎて、どれ優雅に京都駅で
ランチでも…といろいろ探したら、尽くアテが外れたのです。

新福菜館も第一旭も満員、大本命の京都拉麺小路は、
リニューアル中…土地勘もない京都で何か美味しい店を
探さねばならない…しかし、地元でも食べられるチェーン店は
絶対イヤだ…と考えた末、導いた結論が「京都駅に行けば
何か店があるだろう」という事。

しかし、私の興味をそそるような店もなく、新幹線の時間まで
残り40分という時に「ええい、入ってしまえ」と入店したのが…

DSC02366_2016112701300709a.jpg

松葉京都駅前店です。



松葉は、創業文久元年(1861年)。
老舗の蕎麦屋でにしんそばの元祖として知られています。
が、私はニシンが嫌いなので、別のものを頼むと決めて入店。

店員さん達の「おこしやす~」というあからさまな営業用
京都弁の挨拶を聞いて席に案内されます。
でも、店員さん達の接客はかなり丁寧。お茶がなくなると直ぐに注ぎに来てくれます。

店の中は他にも商談を終えたらしいサラリーマンのグループが
昼酒をしていたり、私の様な一人客が食事をしています。

DSC02362.jpg

私はにしんそばが食べられないので(匂いがどうもダメなんです)、
親子丼で。お値段税込1350円也。
その辺の蕎麦やうどん屋なら、下手したら2人前、1人前だとしても
そばセットで大盛くらいは可能な値段でしょう。

DSC02363_20161127013009f5e.jpg

ふわふわの卵とじに鶏肉もそこそこあり。青ネギってのが京都らしいですね。
味付けも出汁の味がメインで、醤油は殆ど感じません。
あっさり女性向けな親子丼です。
だからかどうも、私には今ひとつピンと来ず。美味しいとは思うのですが、
私の好きなベクトルからはズレるかな、と。
もっと玉子は生に近い半熟で、色は醤油と出汁の味付けがガツンと来て、
ノリと三つ葉、玉ねぎは入ってても良いな、という感じ。
基本、舌が東日本なのでそういうのが好みなんです。

DSC02364.jpg

お吸い物は美味しかったですけどね。
漬物はたくあんと昆布でこういう所に丁寧さを感じます。

DSC02365_201611270130127e2.jpg

この小瓶、少しふりかけてみたら山椒でした。
鰻丼にかけるのなら解りますが親子丼に…?と思いましたが
山椒を一ふりかけてある丼物の写真が載っている雑誌を見たことがある
ので、まぁそういう店か京都ってそういう土地柄なのね、と思い気にしないように
してました。

会計をすると「おおきに~」というこれまた京都弁でお見送り。

帰りのぷらっとこだまで乗ったこだまが満員だったことが少し不快に感じつつ帰路につきました。

という訳で、京都旅行これまで。ご覧頂きありがとうございました。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/12/02 00:00 ] グルメ | TB(0) | CM(4)
Re: タイトルなし
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> うーん
> 京都お値段ということなんでしょうか。
> 出汁の味がメインの親子丼。
> 私はきっと好きだけど、この値段だと考えちゃうな。

多分、京都価格+新幹線の乗客だから多少高くてもここしか無いし、
ここで食べざるをえないだろう、ということで強気な価格には
なっていると思いますね。
何せ、新幹線だけホームに立ち食いそばがないので…
親子丼の味は美味しいんですけど、好みにハマらないと
う~ん、になってしまいます。

> 実は私もニシンそば好きじゃないんですよ。
> というか、食わず嫌いで食べたことがないの。
> 思い切って食べてみようか・・・とか、敢えて食べる必要もないじゃない、とか、グダグダ思いながら、後者が勝ってるのよね。

そんなそそられないですよね。にしんそば。
鰊にそんなプラスなイメージないし、味の想像もつきそうだし。
私だったら、にしんそばとネギ多めのかけそばだったら、後者
取りますし。
[ 2016/12/03 23:39 ] [ 編集 ]
>中林20系さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 何だか…かえって微妙に思えてしまう店ですね。価格からして一番の需要は、新幹線待ちの観光客やビジネス客と見ますが。

地元民やリピーター狙いではないでしょうねぇ。
京都市中の普通の蕎麦屋・うどん屋の1.5倍位の値段ですし。

> 成功裡に終わったのなら、当然経費ですよね(笑)。価格関係ナシで打ち上げ打ち上げ♪
> で、実は活きのよい企業で関西に本社を置くところって、今や京都ばかりなんだそう。そういう面も影響してるのかも。

そのグループは相当上機嫌でビール瓶や日本酒のお銚子がありました(笑)
そうだったんですか!やはり、関西で企業といえば大阪みたいなイメージがある中で
京都とは…パッと思い浮かぶ京都本社の企業が任天堂くらいなもので…

> 今やインバウンドにも大人気な富士そば(正式には“名代富士そば”)なら、カレーセットやかつ丼セット(=ご飯物がフルでそばがハーフ)の、約二回転分に相当します。小田急の『名代箱根そば』なら両方フルサイズで言わずもがな(笑)。

この松葉の親子丼1つで、立ち食いのセット物2つ食べられる、場所によってはしかもフルサイズで…
ってのは結構大きい問題ですよね~(笑)
味がめちゃくちゃ落ちる訳ではなく、むしろ松葉よりこっちの方が…
となる場合もあってそうなると、この親子丼、どうなのか…みたいになりますよね(笑)

> そういうと“そんな立ち食いと比べるな!”と憤る通のお方もいらっしゃいましょうが、通でもスリーでもないアタシにとって富士そばのかつ丼は《標準(※)》としてるくらいに~甘からず辛すぎず濃すぎず、玉子も固まりすぎず生すぎず~よく出来たかつ丼なんですよ。
>
> ※友人知人取引先にも、富士そばの『かつ丼』より美味いか不味いか、しょっぱいか薄いか…富士そばかつ丼基準者が、ざっと思い浮かべるだけで10人はいます(笑)。

富士そばのかつ丼は確かに美味しいですよね~。2回ほどしか食べたことないですが
典型的なかつ丼というかオーソドックスですよね。皆が納得するかつ丼。
私の場合は、「かつや」より美味しいか不味いかになりがちです。

> こういうところに生蕎麦を導入した先鞭でもありますし、ヘタな手打ち店よりも富士そばのほ…いやいや皆まで申しますまい。もし、富士そばが親子丼のリリースを始めたなら…他店は焦るかも…そういうことも夢想させていただきました。

そういえば、丸亀うどんが一部店舗で親子丼・かつ丼を出し始めた
みたいです。
讃岐うどんチェーンか、関東立ち食いそばチェーンか、みたいな争いが
その内…(笑)

> モス時代だったころの『なか卯』で初めて食べたFFな親子丼には感激した世代ゆえ、どこかがああいうそれを(=ゼンショーとはか、違うかたちで)継承してくれればと思うのですが。

今のなか卯のものとはまた違うんですね。
自分が食べたことあるのは、ゼンショー傘下以降のあの
玉子かけご飯玉子固め、みたいな親子丼しかないのですが
そう言うの興味あります。

> 爆笑させていただきました!あるんですね、そういうことが。もっとも京都ー名古屋間なら駅の数からそう大して変わらなさそうですから、ケ…経済的な名古屋人はぷらっとこだまを選ぶんでしょうね。地元商品ですし。

ぷらっとこだまって普段空いているもので、乗った時「うえぇ?!」
となる位満員だったんで(笑)
かも知れないです(苦笑)予め予定を立てる旅行であれば1000円ほど
得するぷらっとこだま、割と得ですからね~。
因みに、名古屋から大阪まで新快速乗り継ぎの猛者もチラホラ…
(18きっぱーとかではなく、普通のおじさんおばさん)
[ 2016/12/03 23:33 ] [ 編集 ]
うーん
京都お値段ということなんでしょうか。
出汁の味がメインの親子丼。
私はきっと好きだけど、この値段だと考えちゃうな。
実は私もニシンそば好きじゃないんですよ。
というか、食わず嫌いで食べたことがないの。
思い切って食べてみようか・・・とか、敢えて食べる必要もないじゃない、とか、グダグダ思いながら、後者が勝ってるのよね。
[ 2016/12/02 22:18 ] [ 編集 ]
何だか…かえって微妙に思えてしまう店ですね。価格からして一番の需要は、新幹線待ちの観光客やビジネス客と見ますが。

>>店の中は他にも商談を終えたらしいサラリーマンのグループが
昼酒をしていたり、

成功裡に終わったのなら、当然経費ですよね(笑)。価格関係ナシで打ち上げ打ち上げ♪
で、実は活きのよい企業で関西に本社を置くところって、今や京都ばかりなんだそう。そういう面も影響してるのかも。

>>その辺の蕎麦やうどん屋なら、下手したら2人前、1人前だとしてもそばセットで大盛くらいは可能な値段でしょう。

今やインバウンドにも大人気な富士そば(正式には“名代富士そば”)なら、カレーセットやかつ丼セット(=ご飯物がフルでそばがハーフ)の、約二回転分に相当します。小田急の『名代箱根そば』なら両方フルサイズで言わずもがな(笑)。

そういうと“そんな立ち食いと比べるな!”と憤る通のお方もいらっしゃいましょうが、通でもスリーでもないアタシにとって富士そばのかつ丼は《標準(※)》としてるくらいに~甘からず辛すぎず濃すぎず、玉子も固まりすぎず生すぎず~よく出来たかつ丼なんですよ。

※友人知人取引先にも、富士そばの『かつ丼』より美味いか不味いか、しょっぱいか薄いか…富士そばかつ丼基準者が、ざっと思い浮かべるだけで10人はいます(笑)。

こういうところに生蕎麦を導入した先鞭でもありますし、ヘタな手打ち店よりも富士そばのほ…いやいや皆まで申しますまい。もし、富士そばが親子丼のリリースを始めたなら…他店は焦るかも…そういうことも夢想させていただきました。

モス時代だったころの『なか卯』で初めて食べたFFな親子丼には感激した世代ゆえ、どこかがああいうそれを(=ゼンショーとは違うかたちで)継承してくれればと思うのですが。

>>帰りのぷらっとこだまで乗ったこだまが満員だったことが少し不快に感じつつ帰路につきました。

爆笑させていただきました!あるんですね、そういうことが。もっとも京都ー名古屋間なら駅の数からそう大して変わらなさそうですから、ケ…経済的な名古屋人はぷらっとこだまを選ぶんでしょうね。地元商品ですし。

[ 2016/12/02 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2925位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
713位
アクセスランキングを見る>>