FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  京都府  >  京都鉄道博物館 >  京都鉄道博物館旧二条駅舎の展示

京都鉄道博物館旧二条駅舎の展示

さて。
実は、京都博物館の大まかな展示は前回の記事で殆ど終わりです。
勿論、事細かに取り上げようと思えば、それも可能ですがそこまでの
気力も写真も無いし、ということで、今回の記事で京都博物館はとりあえず
お終い。

しかし、そこは京都鉄道博物館。
出口にもきちんと展示品を用意してくれていました。

DSC02325.jpg

お召し列車のエンブレムの数々がそれ。

DSC02327.jpg

中でも目を引くのは、中央にドンと表示されている
鳳凰の装飾。
除煙板(蒸気機関車の横に付けられる
板)に付けられるものですが、鳳凰になった理由としては、
昔から天皇陛下が行幸する際に、屋根に鳳凰の飾りを
付けた御輿で移動すした、という事で、天皇陛下が移動する
お召し列車を牽引する蒸気機関車にも付いていて、当然、
という訳です。

DSC02328_20161124234724e84.jpg

左の上はお召列車のヘッドマーク(梅小路機関車区のもの)。
真ん中は桐の御紋の装飾、下はお召列車のハンドル(機関車の前面、
真ん中に付けられるもの)です。

DSC02329.jpg

上は、菊花の装飾、真ん中じゃ桐の御紋のハンドル、下は仕行札で
運転室の外部に掲示する板になります。
「御召」は勿論、お召列車の意味。

DSC02326_20161124234721d94.jpg

蒸気機関車のナンバープレート。
何故わざわざここに展示されているかというと、この2両は現役時代
何度もお召し列車を牽引したことがあるからだとか。
お召し列車に対するJR西日本の敬意が伝わってきますね。

DSC02341.jpg

同じエリアには、お土産屋さんも。
限定グッズとかも売っていましたが、人の多さに辟易して(何せかなり狭いのです)
また今度来たときに何か買おう…と買うのは諦めました。

DSC02340.jpg

あ、それからこれは扇型車庫から出口に向かう時に見つけたのですが、
レールが敷かれています。

DSC02339.jpg

レールの先は本館へ。
でも、本館の方に扉がある訳でもなく…不思議です。
いざという時には、扇形車庫から本館へ、本館から扇形車庫へ、
みたいに展示車両の入れ替えが出来たりするのでしょうか。
それか、搬入の際使っただけで、勿体無いから残しておこう、
となったのか…もっというと更に驚くべき使い方があるとか…
う~ん謎です。

DSC02336_20161125002022725.jpg

そして出口へ…
出口の建物は、二条駅の初代駅舎。
1904年竣工という事で、112年感そのままの駅舎ですね。
二条駅がリニューアルされる際には、曳家工事が行われその後、
わざわざここに移築、するという駅舎としては破格の扱い。
明治期の和風建築駅舎で残っているのが、これだけという話を
聞けばそれも納得です。

京都鉄道博物館、楽しかったですね~。
また暇を見つけて行きたいです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/11/26 00:00 ] 京都府 京都鉄道博物館 | TB(0) | CM(8)
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。

> まだまだ大人気のようで、あと一年くらいは行くのを
> 控えようかと思っています。

平日の月曜日であの人出だったので土日祝なんてエグいことになりそう
ですし…今年度中行くとしても天気の悪い曇りの日とかのが良いでしょうね。
それか週の中日とか…

> シャレのつもりだったのかな?
> いや、実際どうなんでしょうかね。

次回、行く機会があれば学芸員の人に
めんどくさがられない範囲で聞いてみたいと思います。
洒落だったら洒落で良いんですけどね~。

> 確か、元々高架化の関係で現地にて曳家移設したんですよね。
> その後、10年もしないうちに梅小路に移築・・・
>
> 最初から梅小路に移築したら良かったのに・・・と思って
> しまうけれど、そこまでに紆余曲折があったのでしょうね。

曳家移設した当時は、京都鉄道博物館の話が出てなかったんですかねぇ。
でも、もうここまでして二条駅駅舎を維持しているのは、意地みたいな
もんなんでしょうね。

> 関西で曳家と言えば、JR奈良駅旧駅舎の例もありますね。
> 今は観光案内所になっていますが、
> できれば高架後も駅舎として使い続けて欲しかったとなあ
> 思います。

奈良駅の旧駅舎も秀逸な外観ですよね。
仰る通り、高架後も使い続けていれば中々駅自体の魅力も
高まったろうに…という感が否めません。
[ 2016/11/30 21:43 ] [ 編集 ]
こんばんは。

京都鉄道博物館。

まだまだ大人気のようで、あと一年くらいは行くのを
控えようかと思っています。


>あ、それからこれは扇型車庫から出口に向かう時に見つけたのですが、
レールが敷かれています。

シャレのつもりだったのかな?
いや、実際どうなんでしょうかね。


>二条駅の初代駅舎

確か、元々高架化の関係で現地にて曳家移設したんですよね。
その後、10年もしないうちに梅小路に移築・・・

最初から梅小路に移築したら良かったのに・・・と思って
しまうけれど、そこまでに紆余曲折があったのでしょうね。

関西で曳家と言えば、JR奈良駅旧駅舎の例もありますね。
今は観光案内所になっていますが、
できれば高架後も駅舎として使い続けて欲しかったとなあ
思います。


[ 2016/11/29 22:58 ] [ 編集 ]
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 人がたくさんいるお土産屋さんとか
> 私も、近寄りたくないですね。

何というか、萎えますよね。
歩いてそこそこ疲れているのに、
また暫く待つのか…みたいな。

> 本館まで続く線路気になりますね。
> せっかくなら残しておいて、
> 本館とシャトルするちびっこトロッコみたいなものを走らせても面白いかとも思いますが

何の為に置いたのか本当に気になります。
で、本館まで通せたとして車両を置く所までは
少し距離があったような気がしたので…
1往復乗車100円とかだと手軽なアトラクションで
良いですよね~。

> 費用対効果や、いろいろな申請などもありますし、
> 撤去するにもお金がかかるという感じで残っているのでしょうかね。

見てて興味が湧きますけどね~。
いっそ、解説板なんか置いておくと面白いのに。
とも思います。
最も、そこまでの謂れがあった場合にですが…
[ 2016/11/28 00:00 ] [ 編集 ]
こんにちは

人がたくさんいるお土産屋さんとか
私も、近寄りたくないですね。

本館まで続く線路気になりますね。
せっかくなら残しておいて、
本館とシャトルするちびっこトロッコみたいなものを走らせても面白いかとも思いますが

費用対効果や、いろいろな申請などもありますし、
撤去するにもお金がかかるという感じで残っているのでしょうかね。

ありがとうございました。
[ 2016/11/27 08:41 ] [ 編集 ]
>あいあんさいどさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> お召の展示は見落としていました。
> 今の天皇陛下は「開かれた皇室」を目指しておられる故かその機会も少ないですが、
> 鉄の側からすると、やや複雑な心境です。

今はお召し列車自体運行の機会が少ないですからね。
新幹線のグリーン車一両貸し切りとか…
しかし、セキュリティの面等で大丈夫なのだろうか…
と思います。そう考えると、かつてのお召し列車みたいに
位置編成丸々の重厚なお召し列車があっても良いですよね。

> ショップは確かに本体の規模からするとかなり狭かったですね。
> 私は従兄と友人への土産のために行きましたが、
> 大盛況のためにかなり並びました。

あれだと、大宮鉄道博物館のショップも狭いなぁと思いましたが、
京都鉄道博物館は、それ以上に狭いなぁと思いました。
自分が行った時は15人位レジ並んでたかと。

> それにしても、旧二条駅舎を出口にするという粋な演出(?)には、
> ほとほと感服いたしました。
> やはり1回では回り切れないので、私も機会を作って再訪したいです。

広いですよね~。これ、真剣に一つ一つ丁寧に見ようとすると
1日では足りないかも…と思います。
リベンジも十分ありですよね。
[ 2016/11/27 00:58 ] [ 編集 ]
こんばんは。

お召の展示は見落としていました。
今の天皇陛下は「開かれた皇室」を目指しておられる故かその機会も少ないですが、
鉄の側からすると、やや複雑な心境です。

ショップは確かに本体の規模からするとかなり狭かったですね。
私は従兄と友人への土産のために行きましたが、
大盛況のためにかなり並びました。

それにしても、旧二条駅舎を出口にするという粋な演出(?)には、
ほとほと感服いたしました。
やはり1回では回り切れないので、私も機会を作って再訪したいです。
[ 2016/11/26 23:39 ] [ 編集 ]
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 全部見せていただきました。
> 鉄道博物館って、なんて言えば良いんだろう、人を惹きつけますよね。

時代と共に歩んできた訳で、鉄道っていつの時代も生活とかにも
密着してますからね~。
なので、パンフレット1つとっても結構、当時の雰囲気とか伝わりますし
そういう所でノスタルジーを感じて惹かれる方も多いかもですね。

> お土産屋さん、見たかったなぁ。
> ミュージアムショップって、大好きなんですよ。

本当は写真撮りたかったんですけど、お土産を買うこと自体も
憚られる様な人の多さでして…
次回は、もっとちゃんと撮影してきます!

> 二条駅の初代駅舎もとっても素敵。
> 保存してくれて有難う!って感じですね。

これだけ風情のある駅舎ってそうないですしね。
その辺は流石、京都市だなぁと思います。
[ 2016/11/26 23:37 ] [ 編集 ]
全部見せていただきました。
鉄道博物館って、なんて言えば良いんだろう、人を惹きつけますよね。
お土産屋さん、見たかったなぁ。
ミュージアムショップって、大好きなんですよ。
二条駅の初代駅舎もとっても素敵。
保存してくれて有難う!って感じですね。
[ 2016/11/26 20:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
598位
アクセスランキングを見る>>