FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  京都府  >  京都鉄道博物館 >  京都鉄道博物館扇形車庫その2

京都鉄道博物館扇形車庫その2

前回に引き続き旧梅小路機関車館の扇形車庫に格納されている
機関車を紹介していきたいと思います。

DSC02215.jpg

C58形。末尾の数字が1ということで、トップナンバー、1号機
ということになります。

フロントに輝く金色の菊の御紋…

DSC02223.jpg

そして側面。金の縁取りに加えて

DSC02220.jpg

鳳凰のエンブレム。
ここまで載せれば大抵の方は察しがつくと思いますが、
この装飾。お召し列車牽引の蒸気機関車に付けられるものです。

かつて、蒸気機関車でお召し列車を牽引していた頃は、これらの
装飾に加えて、日章旗も前面に交差をして掲げるという、堂々たる
スタイルで運行をしていたのです。

生で見ると結構、テンション上がりますがしかし悲しいかな、この装飾を
されたC58形1号機は、お召し列車を牽引したことがないという…
装飾はレプリカになるんですかね。でも、雰囲気はかなりのものがあります。

DSC02236.jpg

D51形1号機。
1936年から製造が開始された貨物輸送用の大型蒸気機関車で、
「デゴイチ」として有名です。
設計主任は、後に80系電車や151系電車の設計を担当し、0系の設計にも
縁のある、島秀雄技師です。

DSC02234.jpg

C62形1号機。
私が先程乗ったSLスチーム号を牽引していたC62形2号機より前に
製造されたトップナンバーの車両です。

DSC02238.jpg

9600形9633号機。
1913年に製造が開始された我が国初の本格的な量産型蒸気機関車です。
結構長期間に渡って使用され、引退したのはなんと、60年近く経った1971年。

DSC02240.jpg

C11形64号機。
1932年から1947年に製造されていた構内作業やローカル線、
快速列車増発の為の蒸気機関車です。

DSC02244.jpg

C55形1号機。
1935年から製造された中型の旅客用蒸気機関車です。
当初は、欧州の蒸気機関車のような流線型のカバーを付けていた
のですが、効果があまりなく直ぐに撤去されたようです。

DSC02251.jpg

7100形7105号機。
まるでゴールドラッシュか西部劇の時代の様なクラシックな外観の
蒸気機関車ですが、それも当然。1880年(明治13年!!)に
アメリカかから輸入されてきた蒸気機関車なのです。
「義経」と名付けられ、現在自走出来る状態になっており、動く鉄道遺産とも
言える車両。
一度乗ってみたいですね~。イベントなんかで客車を牽引したことが
あるみたいですが、中々常にスチーム号で、というのは無理ですから、
チャンスを待つしか無いですね。

DSC02265.jpg

ここで少し場所を移動して、本館2階の連絡デッキへ。
ターンテーブルと扇形車庫を一望出来てかなり壮観。

大宮の鉄道博物館、名古屋のリニア鉄道館と行ってきましたが、
展示物の見せ方としては、京都鉄道博物館が一歩秀でていると
感じますね。勿論、後発ですし、元の敷地に梅小路機関車館があったりと
有利な点が多いのですが、にしても色々見せ方が工夫されているなぁ、
と感じます。

DSC02267.jpg

ちょっと視線を変えるとSLスチーム号も。

DSC02270_20161123021727416.jpg

あ、後京都鉄道博物館の特徴として、蒸気機関車の保守整備を
するSL検修庫をデッキから見れる、というのがあります。
電車の整備でさえ、中々見れないのにここでは蒸気機関車の整備を
入場料のみでみれるというので、かなり貴重な機会です。
最も、毎日整備しているとは限りませんけどね。

DSC02271.jpg

整備されていたのは、D51形200号機。
こんな感じで整備している機関車の概要も教えてくれます。
本線での走行が決定したとかで…イベント列車に使われたりするのでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/11/25 00:00 ] 京都府 京都鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 花の万博での「義経号」の復活運転は、かなりのインパクトでしたね。

1990年当時でも100年以上前の機関車ですもんね。
戦災を逃れたことに加え、よく動かせたものだと思います。

> 本来、「義経号」が東京の旧・鉄道博物館で展示されることに
> なっていたのが、間違えて「弁慶号」が送られたと聞いたことがあります。
>
> もし、この車両が東京に送られていたら、現在の動態保存はありえなかった
> のだろうなあと思いました。

そうなんですか~。
確かに、JR東日本だったなら、旧鉄道博物館で展示→大宮鉄道博物館で静態保存
で決定でしたよね。
JR西日本の熱意というか、意気込みというか…そういうのが良く分かる例ですよね。

> 常日頃思うのですが、SLだけでなく、DL・ELの動態保存も、
> もっと広がって欲しいですね。

調べたら、DL、ELって動態保存ほぼ無いみたいですね~。
大宮鉄道博物館のEF55形なんか動態保存する価値大いにあると
思うのですが…
[ 2016/11/28 23:41 ] [ 編集 ]
こんばんは。

花の万博での「義経号」の復活運転は、かなりのインパクトでしたね。

本来、「義経号」が東京の旧・鉄道博物館で展示されることに
なっていたのが、間違えて「弁慶号」が送られたと聞いたことがあります。

もし、この車両が東京に送られていたら、現在の動態保存はありえなかった
のだろうなあと思いました。


常日頃思うのですが、SLだけでなく、DL・ELの動態保存も、
もっと広がって欲しいですね。
[ 2016/11/28 00:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
516位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
125位
アクセスランキングを見る>>