FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  京都府  >  京都鉄道博物館 >  京都鉄道博物館扇形車庫その1

京都鉄道博物館扇形車庫その1

SLスチーム号に乗ってご満悦な私。
引き続き、見物を続けます。

DSC02189.jpg

50系客車。
レッドトレインの愛称を持つ客車で、国鉄中期~末期に
地方路線の普通列車の近代化を促進するために製造されました。
(当時は電気機関車やディーゼル機関車が牽引する客車列車が
まだ多数残っていたそうです)

DSC02190_20161116015759fd3.jpg

京都鉄道博物館では、前身の梅小路機関車館の
時から休憩室として使われています。

DSC02192.jpg

車内は殆ど当時のまま。
この直角のボックスシートは、如何にも国鉄時代の
普通列車、という感じで人によっては懐かしくなるかもです。

DSC02193.jpg

車端部がロングシートなのは、乗降時の利便性も考慮されて
いたんでしょうかね。
左側のスペースは恐らくトイレかと思われます。

DSC02194_201611160157557a1.jpg

京都の夏は暑いということで、後付のエアコンも。
冷房がガンガンに効いててめちゃくちゃ快適でした。
こういう所だと、エアコンは一番弱くと言うか寒がりの人向け
に設定されているイメージだったので、入った瞬間キンキンで
下手をすれば寒いと言われかねない程よく効いてたエアコンには
感動しました。

DSC02195.jpg

そして意外だったのは、各ボックスシートに番号が割り振られていること。
団体列車やイベント列車での使用も考えられていたんですかね。

DSC02196.jpg

でも、百歩譲ってボックスシートは解るにしろ、ロングシートにまで番号を…?
これに着席料金を取っていたのか…と少々不憫に思えました。
最も、名鉄でもロングシートを備えた特急を走らせて特急料金を取っていた
みたいですが。(正確には6人個室のソファー席)

DSC02213.jpg

そして本館と並ぶ別館とも言うべき、梅小路機関車館の扇型車庫。
国内最古の鉄筋コンクリート製だそうです。
車庫なので、本当に機関車を見るだけですが、これがまた痺れるんですよね。

DSC02205.jpg

D52形。
1943年に登場した貨物用蒸気機関車。
先代D51形よりもボイラーの蒸発能力を20%向上するなど、牽引能力を
強化し、国内の石炭輸送に活躍しました。

DSC02202.jpg

C51形。
1919年に登場し、我が国の蒸気機関車のひな形ともなった機関車です。
その後、東海道線の超特急「燕」の東京-名古屋の牽引を担いました。

DSC02203.jpg

C53形。
1928年にデビュー。上のC51形と併せて「燕」の牽引を行ったり(名古屋-下関)、
その他にも特急「富士」、「さくら」の牽引にも活躍しました。

DSC02204.jpg

C59形。
1941年に登場し、C53形の後継車として東海道、山陽、鹿児島、東北
各本線の特急牽引に活躍したそうです。

DSC02207.jpg

D50形。
1923年から製造された貨物用蒸気機関車で、1972年に引退するまで
実に50年近く各地で活躍しました。

DSC02231.jpg

B20形。
1945年に登場した構内の入れ換えを目的に製造された小型の蒸気機関車です。
上の機関車に比べると、1/3位の大きさしかないんじゃないですかね?

DSC02229.jpg

1070形。
イギリス製の蒸気機関車で、デビューは実に1901年。明治34年です。

こういう感じで、ザッと半分くらい写真を載せましたが、顔付きとかが
微妙にみな違うんですよね。
こういう所、鉄道の面白い所だと思います。

DSC02252.jpg

そして転車台。ターンテーブルとも呼ばれ、蒸気機関車の方向を変えるために
必要な設備です。現存する駅は少なく、更に使用されている駅となるともっと少ない
のですが、ここではまだ現役ですので、運が良ければ入れ替え作業を見ることが
出来ます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/11/19 00:00 ] 京都府 京都鉄道博物館 | TB(0) | CM(8)
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 50系客車は、昭和50年代に旧型客車淘汰のために大量に
> 製造されたけれど、電車・気動車化が進行して
> かなりの車両が放棄されたと聞きました。

結構早い時期(最短では、製造から数年後)に廃車になった
車両も多かったらしいですね。
国鉄としては、普通列車は、全て電車と気動車に置き換える
つもりだったらしいですが、50系客車も製造し、同時に
各地で電化、気動車化してるのなら、意味があったのか…?
と思わなくもないですが…

> 気動車改造した例もあったけれど
> コストがあわず、結局ほとんど廃車になったんですよね。

唯一成功したのが、JR北海道のキハ141系なんでしたっけ。
国鉄としても将来の民営化の為に…みたいなことも見越してたかも
しれませんが、結果そこまでの活躍はあまりしなかったようで…
勿体無いですよね。

> 扇形車庫、いいですね。圧巻です。

格納庫に似た威厳があって、ロボットアニメ好きは
凄く萌えます。

> そう言えば、地上時代の奈良駅にも扇形車庫とターンテーブルが
> あったんですよね。
>
> 5・6番線から眺めることが出来たのが懐かしいです。
> まあ、大抵もぬけのカラ状態でしたが(^^;

検索してみたら、結構大きい面積で扇形車庫とターンテーブル残ってたんですね~。
昔の写真で蒸気機関車もかなりの数が在籍してたみたいで…
生で見てみたかったですね。例え、蒸気機関車が停まっていなくとも。
[ 2016/11/23 00:20 ] [ 編集 ]
こんばんは。

50系客車は、昭和50年代に旧型客車淘汰のために大量に
製造されたけれど、電車・気動車化が進行して
かなりの車両が放棄されたと聞きました。

気動車改造した例もあったけれど
コストがあわず、結局ほとんど廃車になったんですよね。


扇形車庫、いいですね。圧巻です。

そう言えば、地上時代の奈良駅にも扇形車庫とターンテーブルが
あったんですよね。

5・6番線から眺めることが出来たのが懐かしいです。
まあ、大抵もぬけのカラ状態でしたが(^^;


[ 2016/11/21 23:50 ] [ 編集 ]
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 50系客車は、まだ健在のようで、
> 何よりでございます。
>
> 以前は、黄色ストライプの入ったB20形と連結された状態で
> 同じ場所にありましたが、
> 切り離されて展示されるようになっているのですね。

そんな展示の仕方してたんですね~。
しかし、B20形に50系客車だと、凄くアンバランスな
感じに見えますね。B20形、小さいですし。

> ロングシートに番号を振っていたとは、知りませんでした。
> 最近の区切りのあるロングシートならいざ知らず
> 窓側も通路側もあったものではw
> 興味深いですね。

どういう意図で座席番号が振られたのか気になりますよね。
もし、国鉄時代に臨時の増発急行なんかに使うから、みたいな理由
だったら嫌ですよねw
「あ?ロングシートで金とるのかだ?一応急行は、急行なんでね。
嫌なら乗らないでいいですよ。はい、次の方」みたいな窓口の
国鉄職員の対応付きでww
[ 2016/11/20 22:49 ] [ 編集 ]
>中林20系さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> これ、両毛線などで生きながらえてる115系なんかにも、当たり前のように席番号のプレートがあります。
> 急行型でもないのにと思いましたが、イベントとかだけ用で後付けされたようでもなさそうですし…実のところどのように使われてたのかが気になります。

ロングシートだと、長時間の乗車はキツいですもんね。
国鉄時代、急行で運用されるとして積み残しが出そうな時に
「ロングシートでも良いですか?」って訊いて、それで了承を
貰った乗客にその席を充てがっていたとか…?
考えれば考える程、謎が深まります。

> 尤も、同じ両毛線でもオールロングの107系に座席番号が振られてたら…これはさすがに爆笑して不審者の烙印を押されそうですが(笑)。
> でも、オールロングで指定席って、何か騙されたみたいで岡目的には楽しそうですね♪

107系に座席番号とはもっと意味解りませんね(笑)
どういう用途で…はっ、もしかしたら養老鉄道養老線の薬膳列車の如く、
座席間の通路に机を置いて、向かい合って食事をするなり、お見合いをするなり、
のイベントが想定されていた可能性があったり…?
でも、実際何も知らないで特急券取って、オールロングだったらやりきれない
ですよねぇ(苦笑)
[ 2016/11/20 22:39 ] [ 編集 ]
Re: かっちょいい!
>nbmさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 扇型車庫、かっちょいい!
> そして、機関車の数々。壮観ですね。

こう、格納庫感ありますよね(笑)
ガンダムとか見てると、こういう重厚な車庫というか
同じ機械がただちゃんと並んでいる、というだけでも、
萌えます。

> ターンテーブルが動くんですか!?
> それは、観てみたいなぁ。

まだ現役みたいですしね~。
実際動く所を見れるのは、多分1日張ってないと
無理かと思いますが…
[ 2016/11/20 22:32 ] [ 編集 ]
こんにちは

50系客車は、まだ健在のようで、
何よりでございます。

以前は、黄色ストライプの入ったB20形と連結された状態で
同じ場所にありましたが、
切り離されて展示されるようになっているのですね。

ロングシートに番号を振っていたとは、知りませんでした。
最近の区切りのあるロングシートならいざ知らず
窓側も通路側もあったものではw
興味深いですね。

ありがとうございました。

[ 2016/11/19 21:48 ] [ 編集 ]
>>でも、百歩譲ってボックスシートは解るにしろ、ロングシートにまで番号を…?

これ、両毛線などで生きながらえてる115系なんかにも、当たり前のように席番号のプレートがあります。
急行型でもないのにと思いましたが、イベントとかだけ用で後付けされたようでもなさそうですし…実のところどのように使われてたのかが気になります。

尤も、同じ両毛線でもオールロングの107系に座席番号が振られてたら…これはさすがに爆笑して不審者の烙印を押されそうですが(笑)。
でも、オールロングで指定席って、何か騙されたみたいで岡目的には楽しそうですね♪
[ 2016/11/19 19:57 ] [ 編集 ]
かっちょいい!
扇型車庫、かっちょいい!
そして、機関車の数々。壮観ですね。
ターンテーブルが動くんですか!?
それは、観てみたいなぁ。
[ 2016/11/19 00:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1006位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>