FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  京都府  >  京都鉄道博物館 >  500系・581系・583系

500系・581系・583系

そして満を持して、本館に入館。

DSC01787.jpg

そして飛び込んでくるのが、このJR西日本三英傑。
歴史で言うなら、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康。
弁当チェーンで言う所の、ほっともっと・ほっかほっか亭・本家かまどや。
とにかくもう、JR西日本(かつての関西の鉄道管理局)の花形、という
感じの車両達でしょうか。

DSC01564.jpg

因みに、私はこの場で30枚近く撮ってました。
どれもこれも似た様な構図で、右から撮ったか左から
撮ったか位しか違いがないのですが、頭の中でバブル時代に
セクシービデオで名を馳せた某有名セクシービデオ監督、
M西Tおる監督の「ナイスですね~」という言葉が響いていました。

はっ!当ブログは、全年齢対象です。念の為。

DSC01523_201609122315122f7.jpg

じゃあ、先ずはみんな大好き新幹線500系から。

1997年に華々しくデビューした2代目「のぞみ」。
営業時速300km/hを世界の鉄道で初めて達成した、我が国の
鉄道歴史に残るシンボル的な車両ですね。
この鋭く尖ったノーズ、現在でも非常に人気のある車両です。

DSC01525.jpg

この運転席がまた戦闘機のキャノピーっぽくて格好良いんですよね。
これ以前の新幹線、またこれ以降の新幹線もここまで、スマートでは
無いと思います。

DSC01785.jpg

こう、側面後方から見たら航空機そのまんまな先頭車は、本当に
うっとりしますね。
この独特な形状のせいで、車内が狭いとか座席数が違うから特急券を
発券する際面倒なので、現場から嫌われたとか色々言われてますけどね。
でも、新幹線史上かなりシンボリックな車両だったのではないでしょうか。

DSC01534.jpg

そして581系。前面の幕は、「月光」になっています。
かつて、新大阪~博多を結んでいた寝台特急ですね。
そう、若い方はご存知無いかも知れませんが、東海道・山陽新幹線は
最初から東京~博多まで開通してた訳じゃないんですよ~。
新大阪から岡山、そっから博多、となった訳でそれまでは、列車を
乗り継ぐしか無かったのです。

DSC01570_201609132334395a7.jpg

世界で初めて寝台と座席の両用可能な機構を備える電車として登場した581系。
発端は、当時の国鉄で扱う車両が多過ぎて車両基地のキャパがオーバー、
夜中は駅で留置せざるを得ない、という状況下で「寝台列車用の客車と昼行の
特急用の電車を一緒に出来ないだろうか」と考えたのが始まりと言われています。

その目論見は成功したみたいですが、座席時は4人がけのボックスシートが
メインだったそうで、個人的にはあんまり乗りたくないですね…
寝台の下段だったらまだあれですが。

DSC01574.jpg

側面のサボ。
博多-新大阪なんて、浪漫あるじゃないですか。
新幹線じゃなくて、夜行列車での話ですからね。

DSC01533_20160913233441808.jpg

前面の特急シンボルマーク。TOKKYUの『T』を象ったものだそうです。
デザインしたのは、辻本達廣氏。国鉄が1958年に、東京-大阪を結ぶ
ビジネス特急(後の「こだま」)のシンボルマークを募集した際に5000点以上の
応募の中から選ばれたのだそうです。

DSC01543_20160914000342964.jpg

そして489系。
前面の幕は「雷鳥」です。これもまた良いですね。
正に国鉄特急の顔と言いますか。

ほぼ同じ顔で151系や161系、181系その他諸々等
違う名前の車両があるのは、当時の国鉄の方針
(デザインだけでも同じ顔の車両を造り、単価を下げる、
あまり頻繁にデザインを変えると労組が煩い、そもそも
デザイン自体にあまり重きを置かなかった等など)も
あるみたいですが。

DSC01790.jpg

側面のサボ。
大阪-金沢を結んでいました。
489系ではないですが、485系を見ましたね。金沢で。

DSC01573.jpg

側面、JNRマーク。勿論、日本国有鉄道(Japan National Railways)の略です。
特急のシンボルマークと並んで「日本の特急といえば」の象徴ですね。

個人的には、これだけでお腹いっぱいなのですが、もう暫く
続きます。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。

> コーラ、拭いてしまったじゃ無いですか。

これは大変な失礼を。
代わりと言ってはあれですが、こちらを。
つ[ルートビア]

> もう登場して20年ですから、引退もやむ無しですね。
> 登場と同時に子供たちに大人気。
> 確か、複数のロボットアニメにも登場していたかと。
> 今は「エヴァンゲリオン」仕様もあるようですが・・・

そろそろ車両自体の寿命もあるでしょうしねぇ。
撮れる内にエヴァンゲリオン仕様は見ておきたいです。
仰る通り、500系登場時は超特急ヒカリアンみたいに
ロボットアニメに出てたりしましたよね。
それだけ、人々の度肝を抜いたスタイルだったんだなぁ、
と思います。

> ほんの少し前まで、よく見かけたような気がしたのですが。
>
> 583系は佐渡旅行の際に急行「きたぐに」で乗車できて、
> 良い思い出になったと思います。

583系、今だとJR西日本は全て廃車にしてしまったようで。
きたぐに引退後も、臨時列車とかに使われていたからかも知れませんね。

今となっては、後悔してもしょうがないことですが、私も一度
乗ってみたかったです。
寝台列車自体、もうサンライズくらいしか乗れないですから、
ほぼ無理ですが…
[ 2016/09/27 01:07 ] [ 編集 ]
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 鉄道博物館の写真を拝見させていただき
> ありがとうございます。
>
> そんな展示になっていたのですね~。

お褒めの言葉を頂き、ありがとうございます。
この3形式は特にJR西日本や国鉄大阪管理局や
天王寺管理局の思い入れが深いのかなぁ、と
思います。

> 500系新幹線の車両を間近でみられるのは
> いいですね。

間近で見るとやはり、新幹線の中で抜きん出て
格好良いスタイルをしているなぁ、と感じます。
流石に触れませんが、車内もゆっくり見ることも
出来ますしね。

> 581系のように、
> 4人掛けの直角ボックス席に乗って
> 長距離を乗り通すとは・・・。
>
> かつて「きたぐに」でやりましたが
> 気まずかったし、眠れなかった記憶がございます。

そういう所で、使い難かったんでしょうねぇ…
4人がけのしかも直角ボックスシートとあれば、
今時の利用者は乗りたがりませんし、実際自分も
嫌だなぁ、と思います。

> 庶民で手が届く寝台列車は
> サンライズくらいになってしまいましたね。
> 私も、いつか乗ろうと考えていたのですが、
> なかなか、機会に恵まれないものです。

高松にしろ、出雲にしろ中々そこまで行く用事がないですし、
行き帰り、浜松・大阪とアクセスが悪いですからねぇ。
せめて、上下どちらか名古屋に停まってくれるとありがたい
ですけどねぇ…
[ 2016/09/27 00:53 ] [ 編集 ]
こんばんは。


>そして飛び込んでくるのが、このJR西日本三英傑。
歴史で言うなら、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康。
弁当チェーンで言う所の、ほっともっと・ほっかほっか亭・本家かまどや。

コーラ、拭いてしまったじゃ無いですか。


>500系

もう登場して20年ですから、引退もやむ無しですね。
登場と同時に子供たちに大人気。
確か、複数のロボットアニメにも登場していたかと。
今は「エヴァンゲリオン」仕様もあるようですが・・・


>581・583・489系

ほんの少し前まで、よく見かけたような気がしたのですが。

583系は佐渡旅行の際に急行「きたぐに」で乗車できて、
良い思い出になったと思います。


[ 2016/09/27 00:34 ] [ 編集 ]
こんにちは

鉄道博物館の写真を拝見させていただき
ありがとうございます。

そんな展示になっていたのですね~。


500系新幹線の車両を間近でみられるのは
いいですね。

581系のように、
4人掛けの直角ボックス席に乗って
長距離を乗り通すとは・・・。

かつて「きたぐに」でやりましたが
気まずかったし、眠れなかった記憶がございます。

庶民で手が届く寝台列車は
サンライズくらいになってしまいましたね。
私も、いつか乗ろうと考えていたのですが、
なかなか、機会に恵まれないものです。

ありがとうございました。




[ 2016/09/26 17:56 ] [ 編集 ]
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 特急「雷鳥」
> 私にとっては 特急「はつかり」です。
> 本当に懐かしい型です。

という事は、時代で言うと1970~1980年代になるんですね~。
この頃は、国鉄時代でしたが女性も安全に旅行が出来たのでしょうか。
この時代は、県を3つ4つ跨ぐ特急が普通にあって浪漫がありましたね。
しかも、1日何本もありましたし、どこの駅からも東京行きの
夜行列車が出てて…
羨ましい時代です。
[ 2016/09/24 00:24 ] [ 編集 ]
>中林20系さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 何だか…永遠のヒーロー達が(笑)。この並びはすごいですね。ものがものだけに、一旦設置したらそうそう動かせるものではないでしょうから、キュレーターの肩を抱いて共に喜びを分かち合いたい思いに駆られました。

絶妙なチョイスですよね。JR西日本も名列車が多いだけに何をセンターにするか
っていうのは、キュレーターの方々とても悩まれたかも知れませんが、拍手喝采です。
個人的には117系辺りが…と思っていましたがやはり、センターは特急車両じゃないと、
締まりませんね。

> オッサン世代としてはもう!とにかく581/583系ですよ。限界まで広げた結果として他の月光型と比べると巨大に見えますし、特に屋根がやたら高くて…ホームに入線してくると、爽やかな色使いに反して一種の圧迫感さえ感じました。

自分も「きたぐに」を生で見たことあるんですが、実際すごく大きいんですよね。
これで、クリーム地に青のラインのオリジナル塗装でもやはり、それ相応の
存在感はあるんだろうなと。
国鉄の設計者の苦心のほどというか、設計にかける熱意が伝わります。

> あと、500系はそれこそ、新幹線をよく使ってたころは大判時刻表を見て確認し、選んで乗ってました。
> 確かに航空機なんですよね、これ。客室内も円形断面ですし、居住性はアレでも…これだけかっこいーヤツに乗ってんだから、そこのアナタ!我慢しなさいよ!みたいな風にも思いました。

burning sさんに続いて、中林20系さんも500系を
選って乗っていらっしゃいましたか!
それだけ魅力がある車両ですもんね~。
実際、300系や100系と比べて滅茶苦茶狭くなったのか?と
不思議です。乗ってみて気付かないならそこまで言われる
問題でも無い気がしますけどね。

> これ、海外の一部ファンにも人気が高いらしく、わざわざ乗りに来るひとが今でもいるとか聞きました。短編成でこだまでは少々ガッカリかも知れませんが。

日本の新幹線の決定打!みたいな存在ですからね。
外国の方、せめてエヴァンゲリオン塗装を見て下さって、
心を癒やしてくれると良いのですが。

> やっぱり、実利とか効率とか、そういう夢の無いことは全体主義国家に任せて、民主的な国には交通インフラにも夢を与えてもらいたいものです。

しかし、実利が過ぎるとどこぞの国の様に何かあれば埋める、
技術自体もパクリと、その国の人民がって、家の外から「造反有理」
って声が聞えるので、一発注意してきますね。
[ 2016/09/24 00:15 ] [ 編集 ]
>burning sさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 京都鉄道博物館の沢山見所ある中のメインディッシュですね。

もう、出オチの感もしなくもないですが、仰る通りこここそが
京都鉄道博物館のメインディッシュ、最大の見せ場と言って
良いと思います。

> 489系のボンネットは国鉄伝統の名列車が名乗りを上げ
> 2001年3月に運転終了するまで大阪~青森まで日中の長距離列車であった白鳥、雷鳥、はくたか、白山、夜行急行能登のHMが思い浮かべます。
> 489系が引退するまでに2回乗る事が出来たのですがもう片方の車両が石川県小松市の小松駅近くにあるのであちらもいつか再会したいです。

自分は結局、一度も乗れませんでした…
寝台特急「北陸」に乗った際に上の駅でチラッと「能登」を
見て、急いで写真を撮ったのですが、ブレブレで…
そんな感じだったので、改めてじっくり見ると何とも感慨深いですね。

> 500系来ましたね。
> というより待ってました(笑)
> 座席のシート幅や居住性に難ありと言われたのは知ってますが僕は全く思ってません。

JR東海からしたら、座席数が従来の車両と違うのも問題になったようで…
実際、そこまで狭くはなかったみたいですけど、運用面で色々あったみたいですね。

> 日本が世界に誇る史上最強にして最高の名車でのぞみ号として役目を終えるまでタイミングが合えば好んで500系で運行する列車を指定してました。
> 新幹線界の中で僕にとって永遠のヒーローで一番好きな車両でグリーン車も2回乗りました。
> 初めて山陽新幹線区間に乗り運転手の方の300キロアナウンスも今でも覚えててあの時代に戻らないかなと思ってしまいます。

自分は、500系現役の頃は鉄道にそんなに興味がなかったのですが、
現役時代に鉄道が好きだったなら、「のぞみ」で500系を選んで乗ってただろうな
と思います。
やはり、日本の新幹線ここにあり、っていうのを示した500系の存在感は大きいですよね。
300キロのアナウンスも聞きたかったですねぇ…

> この続きも是非参考にさせて下さい。

ありがとうございます。是非、burning sさん視点での記事も見てみたいです。
[ 2016/09/23 23:54 ] [ 編集 ]
こんばんは。

特急「雷鳥」
私にとっては 特急「はつかり」です。
本当に懐かしい型です。
[ 2016/09/23 19:54 ] [ 編集 ]
何だか…永遠のヒーロー達が(笑)。この並びはすごいですね。ものがものだけに、一旦設置したらそうそう動かせるものではないでしょうから、キュレーターの肩を抱いて共に喜びを分かち合いたい思いに駆られました。

オッサン世代としてはもう!とにかく581/583系ですよ。限界まで広げた結果として他の月光型と比べると巨大に見えますし、特に屋根がやたら高くて…ホームに入線してくると、爽やかな色使いに反して一種の圧迫感さえ感じました。

あと、500系はそれこそ、新幹線をよく使ってたころは大判時刻表を見て確認し、選んで乗ってました。
確かに航空機なんですよね、これ。客室内も円形断面ですし、居住性はアレでも…これだけかっこいーヤツに乗ってんだから、そこのアナタ!我慢しなさいよ!みたいな風にも思いました。

これ、海外の一部ファンにも人気が高いらしく、わざわざ乗りに来るひとが今でもいるとか聞きました。短編成でこだまでは少々ガッカリかも知れませんが。

やっぱり、実利とか効率とか、そういう夢の無いことは全体主義国家に任せて、民主的な国には交通インフラにも夢を与えてもらいたいものです。
[ 2016/09/23 19:20 ] [ 編集 ]
おはようございます。

京都鉄道博物館の沢山見所ある中のメインディッシュですね。

489系のボンネットは国鉄伝統の名列車が名乗りを上げ
2001年3月に運転終了するまで大阪~青森まで日中の長距離列車であった白鳥、雷鳥、はくたか、白山、夜行急行能登のHMが思い浮かべます。
489系が引退するまでに2回乗る事が出来たのですがもう片方の車両が石川県小松市の小松駅近くにあるのであちらもいつか再会したいです。

500系来ましたね。
というより待ってました(笑)
座席のシート幅や居住性に難ありと言われたのは知ってますが僕は全く思ってません。

日本が世界に誇る史上最強にして最高の名車でのぞみ号として役目を終えるまでタイミングが合えば好んで500系で運行する列車を指定してました。
新幹線界の中で僕にとって永遠のヒーローで一番好きな車両でグリーン車も2回乗りました。
初めて山陽新幹線区間に乗り運転手の方の300キロアナウンスも今でも覚えててあの時代に戻らないかなと思ってしまいます。

この続きも是非参考にさせて下さい。
[ 2016/09/23 08:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
802位
アクセスランキングを見る>>