FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  滋賀県 >  滋賀にドライブに行った話

滋賀にドライブに行った話

今年の2月の話なんですが、家族で滋賀県にドライブに行ってきました。
両親が「クラブハリエのバームクーヘンを食べに行こう!!」という事で、
急遽、前日に決定した話です。

しかし、我が家から滋賀となると、名神高速道路か東名阪自動車道からの
新名神高速道路を経由して行かねばならないのですが、滋賀県にある
近江八幡市までは、何にせよグルっと遠回り。最短経路は…と探して、
下道から峠を越えて行って参りました。

DSC_0062_2016061101111049e.jpg

そして道の駅 奥永源寺渓流の里にて休憩。

まだ朝早かっったので、軽食コーナーも売店もやっておらず…
他にいる車もトイレ休憩のお客さんぽかったです。

DSC_0058.jpg

しかし、驚いたのはまだ雪が残っていたこと。
私の住んでいる所だと雪がこんなにあることって先ず無い
ですからね。
勿論、この場所が少し高地という事もあるのですが…

DSC_0059_20160611011001882.jpg

奥に見える山もこんな感じ。
雪がうっすら積もっています。

DSC_0065.jpg

道の駅の通路もこんな感じ。
外だったので当然ですが、降雪量が多い事が伺い知れます。

DSC_0061_20160611011003f92.jpg

そういえば、駐車場の一部がヘリポートになってました。
緊急時には、ドクターヘリとかが降りるのでしょうか。
確かに、30分位車で走ってやっと三重県いなべ市、
そこから東近江市の市街地となると30~40分掛かるでしょうし、
公共交通機関?何だべそれ、みたいな場所なので、
いざとなったら、ドクターヘリの方が早いのかも知れません。

DSC_0066_201606110215077b1.jpg

まだ営業はしていませんでしたが、軽食コーナーのメニューを。
やはり、ここでも近江牛はピックアップされているんですね。
三重県内のSA・PAが松阪牛コロッケを売り出しているのに
似ているかも知れません。
道の駅のハンバーガーに1,600円か、それとも近江牛に1,600円か。
どう考えるかに寄って、結構変わってきそうです。

DSC_0067_20160611021508fee.jpg

勿論、他にもメニューはあってどれもこれも割と安価です。

DSC_0068_20160611021509ca9.jpg

ふ、ふなずしソフト…?
その下の政所茶かけ抹茶ソフト、ミルクソフトと比べるとあまりにも
異質。圧倒的に異質。日本神話の神々の中にクトゥルフが入っている
様なもので、「君だけ何でそんな禍々しいの?」って感じ。
”不思議とミルクとよく合います。旅の思い出に”
という文句も、インスマス村の住民の陰謀に(ry

すみません、一時クトゥルフ神話にハマっていたもので…

何にせよ食べられなくて残念。オープンしてたら食べたかった
のですが…

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/06/18 00:00 ] 滋賀県 | TB(0) | CM(8)
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。
すみません、お返事の順番が前後してしまいまして…

> カオスですね・・・
>
> ふなずしはお茶漬けに少し乗せるくらいなら美味しくいただけますが
> ソフトクリームとは・・・

まるで末期のジオン公国軍よろしく
「とりあえずMS出せ!何個か出せば1個当たるだろ」
てな状況よろしくカオスですよね。
常々、食べられなかったことを後悔しています。
良いネタにもなったでしょうしね。

> 最近、変わり種ソフトクリームが静かに流行っているようで。
>
> 「煮汁ソフト」もあるようです。
> http://www.kansou.co.jp/shop/
>
> 食べたいような、食べたくないような・・・

これは…!!
横におにぎりや焼き餅やら、王道のメニューがあるのを
尻目に存在感を放つ煮汁ソフト…
いや、でも、昆布のグルタミン酸が意外と良い働きをするかも
知れません。
そういえば、こっちには伊勢醤油ソフトなんてのもあります。

http://www.isesyoyu.co.jp/hpgen/HPB/entries/30.html
[ 2016/06/22 02:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>あいあんさいどさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 滋賀県…琵琶湖がやはり第一に浮かびますが、
> 比良山地とか伊吹山地とか、結構山な所でもあるんですよね。
> 近江八景にもありますよね、「比良の暮雪」とか…。

内陸県ですからね~。
海が無い分、その憧れを琵琶湖に投影している感じ
なんでしょうか。
で、海が無いから山の観光地も有名、と。

> 近江牛!そのハンバーガーが1600円!?安いっ!!
> …と、言うだけならいくらでも言えるかもしれませんが(苦笑)、
> 箱根の宮ノ下にある「某超高級ホテル」のハンバーガー(2480円。限定10食)から比べたら、相当破格です。箱根のそれはさすがに手を出してません。


う~ん、でも最近ハンバーガーにハマっている自分には、2480円なら
若干ありかなぁ、と思ってしまいます(笑)
きちんとしたホテルなら、下手なものは出さないでしょうし、
何より思い出になりますからね~。

> それを考えると、ふなずしソフトの370円はとても難しい問題ですね…。
> 今夜寝られなさそうです(苦笑)。

まぁ、でも機会があれば食べちゃいそうですよね~。
多分、日本でここでしか食べられないでしょうし(笑)
[ 2016/06/22 02:10 ] [ 編集 ]
こんばんは。

滋賀県…琵琶湖がやはり第一に浮かびますが、
比良山地とか伊吹山地とか、結構山な所でもあるんですよね。
近江八景にもありますよね、「比良の暮雪」とか…。

近江牛!そのハンバーガーが1600円!?安いっ!!
…と、言うだけならいくらでも言えるかもしれませんが(苦笑)、
箱根の宮ノ下にある「某超高級ホテル」のハンバーガー(2480円。限定10食)から比べたら、相当破格です。箱根のそれはさすがに手を出してません。

それを考えると、ふなずしソフトの370円はとても難しい問題ですね…。
今夜寝られなさそうです(苦笑)。
[ 2016/06/21 20:53 ] [ 編集 ]
こんばんは。


>ふなずしソフト

カオスですね・・・

ふなずしはお茶漬けに少し乗せるくらいなら美味しくいただけますが
ソフトクリームとは・・・

最近、変わり種ソフトクリームが静かに流行っているようで。

「煮汁ソフト」もあるようです。
http://www.kansou.co.jp/shop/

食べたいような、食べたくないような・・・
[ 2016/06/21 00:34 ] [ 編集 ]
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 近江八幡のクラブハリエのバームクーヘンですか~
> 先日私の母親も、近所の奥様方と一緒に
> 食べに行っておりました。有名なのですね。

ここ最近の日本で、「バームクーヘンといえば」な
ポジションの店だと思います。
名古屋に出店した時は2年位行列が引かなかった様に
記憶してます。
勿論、味が美味しいということもああるのですけどね。

> 道の駅 奥永源寺渓流の里は、
> その前は走っていることは何度かあるのですが
> 入ったことがなく・・・。

是非また、機会がありましたら…
自分は、この時に初めて前を通ったのですが、
この軽食コーナーのメニューが気になりすぎて、
また行ってみたいと思ってます。

> ふなずしソフト。ちょ・・挑戦してみたいです。。
> トラウマにならなければいいのですがww

ふなずし自体、日本国内で嫌いな人の方が多いだろう、
ってやつなのに、なんか凄いですよねw
でも、ここに寄って食べるんならこれなんでしょうねぇ…
[ 2016/06/19 21:20 ] [ 編集 ]
こんにちは

近江八幡のクラブハリエのバームクーヘンですか~
先日私の母親も、近所の奥様方と一緒に
食べに行っておりました。有名なのですね。

道の駅 奥永源寺渓流の里は、
その前は走っていることは何度かあるのですが
入ったことがなく・・・。

ふなずしソフト。ちょ・・挑戦してみたいです。。
トラウマにならなければいいのですがww


ありがとうございました。
[ 2016/06/19 09:27 ] [ 編集 ]
>中林20系さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> いや、実際には未だ未読なのですが、わたしの好きなバンドの初期メンバーがこの辺りに詳しく、卓越した作編曲能力とともに楽曲制作にその観点をも持ち込んだので、複雑な楽曲展開や人間の内面の真実を探求するような詞の世界を含めて、大作主義的な作風となったりしてて…わたしは未だにこの頃の初期作品が好きなんですよ。
> それもあって、いつかは…と思って幾星霜…すいません、まだ手にしてません。

私も、本はチラッとしか見たことがないんです。
設定とかは面白くて資料集とか解説本は読んでるんですけどね~。
何というか、クトゥルフ神話も作者のラヴクラフトの想像を超えた
範囲まで広がっちゃいましたしね~。
それ関係の小説読もうと思うと大変だと思います。

> で、その名もズバリ『the call of kutul』(kutulのところは一般人にも読みやすいように発音を規準に変えたとの話が)という、インストの名曲にも関わってます。
> 一応、作曲を学んだ立場ですので、この構成や作編曲の才は素晴らしいと思うのですが、肝心の彼はバンドが世界的モンスターバンドとなる前に、何と欧州ツアーの移動中に事故でバスから投げ出されて死亡するという、悲劇的極まりないかたちでこの世を去りました。
> そして、その遺産(=手がけた楽曲)を含む次のアルバム(通称『ジャスティス』)は世界的にヒットし、初のPV『ONE』は世界に衝撃を与え、グラミー賞受賞に至りました。
>
> その後、バンドは大衆路線に舵を切り、世界的モンスターバンドとなって今に至るのですが、それで逆に初期からのファンが離れてしまったこともあったのか、近年はまた初期のような展開を含めた楽曲や、早くて重くてザクザクとしたスラッシュメタルらしい曲も増えました。コンサートでは初期の曲が中心に演じられてますし。
>
> その『メタリカ』の、『The Song of Kutul』。いわゆるファンメイドビデオですが、これは面白いです。
>
> https://youtu.be/sM0XvXEt2lo
>
> 特に地下鉄での移動中など、デジタルオーディオプレイヤで、これを繰り返し聞くことが未だに多いです。
> 嗚呼!クリフ・バートンよ!永遠なれ!

これがあのメタリカ…いや、名前しか知らなくて初めてメタリカの曲を聞いたかも
知れません。
中々どうして、クトゥルフを呼び出す時の儀式を影から見てしまった主人公、
みたいな場面に似合いそうな曲です。
クトゥルフ神話を曲作りに使っているなんて、中々他のアーティストではないですからね。
凄い貴重かもしれません。
[ 2016/06/19 01:36 ] [ 編集 ]
クトゥルフ神話!
いや、実際には未だ未読なのですが、わたしの好きなバンドの初期メンバーがこの辺りに詳しく、卓越した作編曲能力とともに楽曲制作にその観点をも持ち込んだので、複雑な楽曲展開や人間の内面の真実を探求するような詞の世界を含めて、大作主義的な作風となったりしてて…わたしは未だにこの頃の初期作品が好きなんですよ。
それもあって、いつかは…と思って幾星霜…すいません、まだ手にしてません。

で、その名もズバリ『the call of kutul』(kutulのところは一般人にも読みやすいように発音を規準に変えたとの話が)という、インストの名曲にも関わってます。
一応、作曲を学んだ立場ですので、この構成や作編曲の才は素晴らしいと思うのですが、肝心の彼はバンドが世界的モンスターバンドとなる前に、何と欧州ツアーの移動中に事故でバスから投げ出されて死亡するという、悲劇的極まりないかたちでこの世を去りました。
そして、その遺産(=手がけた楽曲)を含む次のアルバム(通称『ジャスティス』)は世界的にヒットし、初のPV『ONE』は世界に衝撃を与え、グラミー賞受賞に至りました。

その後、バンドは大衆路線に舵を切り、世界的モンスターバンドとなって今に至るのですが、それで逆に初期からのファンが離れてしまったこともあったのか、近年はまた初期のような展開を含めた楽曲や、早くて重くてザクザクとしたスラッシュメタルらしい曲も増えました。コンサートでは初期の曲が中心に演じられてますし。

その『メタリカ』の、『The Song of Kutul』。いわゆるファンメイドビデオですが、これは面白いです。

https://youtu.be/sM0XvXEt2lo

特に地下鉄での移動中など、デジタルオーディオプレイヤで、これを繰り返し聞くことが未だに多いです。
嗚呼!クリフ・バートンよ!永遠なれ!
[ 2016/06/18 20:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
802位
アクセスランキングを見る>>