FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  グルメ >  kz-1家どら焼きトライアル

kz-1家どら焼きトライアル

さて、私がなぜ遥々名古屋を越えて、岐阜の柳ヶ瀬まで行ったのか…
それは我がkz-1家の非常に大事な物のトライアルが懸かっていたからなのです。

DSC_0124.jpg

それがこれ。どら焼きです。
弟を除き、大変甘党な我が家。
西に美味しいかき氷あると聞けば、車を飛ばし、
百貨店に美味しいソフトクリームが物産展で来てる、と聞けば
また車を飛ばす…

ともかく、甘い物が好きなのです。

DSC_0126.jpg

因みに、これまで我が家で日常で食べる範囲において、
一番手ごろ且つ、美味しいという事になっているのが、
デパートなんかによく入っている和菓子屋たねやのどら焼き。

DSC_0128.jpg

原材料はこんな感じ。
味は繊細系の甘さのどら焼きで、誰が食べても「ああ、おいしいどらやきだね」
と納得する味。いつ食べても美味しい味です。
生地もふんわり、中の粒餡もしっとり…甘さも控えめで万能などら焼きです。

今回、この我が家の標準どら焼きになっているたねやのどら焼きに
挑むのはこちら。

DSC_0125.jpg

岐阜市柳ケ瀬にあるツバメヤの大地のどら焼き。
今回、買いに行った物です。

DSC_0076_2016041301403704e.jpg

このツバメヤ。写真は岐阜柳ケ瀬の本店ですが、先月リニューアルオープンした、
大名古屋ビルヂングにテナントとして入り、大名古屋ビルヂングの方の店は、
行列が絶えない程の人気ぶり。
その評判を聞いて「是非1度評判のどら焼きを…」と思い、「岐阜の本店ならば
空いているのでは」という予測の元、買いに行き無事入手したのです。

DSC_0130.jpg

原材料。
粗糖、平飼有精卵、小豆(十勝産特別栽培)等、魅力的なワードが並びます。

味は小麦粉に全粒粉を使っていることもあり、純粋などら焼きを期待して
食べると通常のどら焼きとは違う、豊かな風味に驚くと思います。
凄く素材感というか、素朴な甘さと風味があるんですよね。
粒餡も美味しいですが、生地がとても特徴的です。

で、やはり両親はスタンダードから外れないたねやを、
私は生地の風味が気に入りツバメヤを推しましたが、両親が
「美味しいが、わざわざ買いに行くまでもない」という評定を下し、
惜しくもツバメヤ敗れました。

DSC_0114.jpg

しかし、そこで黙って引き下がる私ではなく、ここで最終兵器を投入。

DSC_0118.jpg

この黄粉が沢山詰まった箱。

DSC_0120.jpg

そう、わらび餅です。
このわらび餅、本蕨と深煎り黄粉を使用したツバメヤで随一の評判を
誇る一品。
朝8時40分に岐阜に着いた私が、これ買たさに、販売開始の11時まで、
実に2時間以上、ブラブラして時間を潰したという一品。

DSC_0123.jpg

箸で持つとこの伸び!どうですか、この伸びは!!
口に入れると噛まなくても溶けるほどの柔らかさ。
わらび餅の持つ、静かな清涼感とも言いましょうか。じんわりと冷たい
わらび餅がゆっくり口の中で堪能出来ます。

これは両親も「また食べたい」と言っていました。

DSC_0117.jpg

よもぎ餅も国産よもぎの風味がもう、満載で食べると「多分、日本昔話とかで
出てくるよもぎ餅はこんな味だ」と思えるほどの美味しさ。
素朴なんですけど、下手なものが入っていないからこそ、ダイレクトに
伝わるよもぎ餅の美味しさと言いますか。

DSC_0112_20160413022327462.jpg

そして最後は、私の大好物。柳ケ瀬商店街の近くにある岡女堂の
芋納豆です。
創業70年を超える東海地方でも老舗の甘納豆屋さんで、父が岐阜に
仕事の関係で行った際に、買ってきてくれてそれ以来ハマってしまいました。

甘納豆がメインですが、私が好きなのは変わり種の芋納豆。
一口かじると、サクッとした外側の糖蜜と砂糖の食感が最初に来て直ぐ様
じんわりとした砂糖の甘さ、そしてそれを追いかけるようにサツマイモの甘さ
が来ます。
日本茶がお供に欠かせません。砂糖とサツマイモだけ、というシンプルな材料
だからこそ、美味しい美味しくないがハッキリしますが、ここの芋納豆は確実に
美味しいので、お店で200g買っていっても(丁度写真の量位)、3日あれば
食べ尽くしてしまいます。

という訳で、今日の記事は食べ物のことしか書いてませんね。

また次週からどこかに行った旅行記を綴っていきます。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/04/30 00:00 ] グルメ | TB(0) | CM(8)
>TageSPさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> わらび餅や、よもぎ餅もいいですね。
>
> わらび餅は、いつもスーパーで
> 100円もしない安いものばかり買って食べているので
> 高級なものも食べてみたいです。

私は、わらび餅自体そこまで食べないので、執着がなかった
のですが、今回食べてみたツバメヤのわらび餅はもう、美味しくて
美味しくて…
非常におすすめです。

> 昔ながらのよもぎ餅の味というものも
> 気になります~。

ともすれば、最近のよもぎ餅よりクドいと思ってしまうかも
知れない感じのよもぎの風味でしたが、逆に普段食べている
よもぎ餅って、大分色々な物が混ざってるなぁ、って感じましたね。
[ 2016/05/06 23:20 ] [ 編集 ]
こんにちは

わらび餅や、よもぎ餅もいいですね。

わらび餅は、いつもスーパーで
100円もしない安いものばかり買って食べているので
高級なものも食べてみたいです。

昔ながらのよもぎ餅の味というものも
気になります~。

ありがとうございました。
[ 2016/05/05 05:38 ] [ 編集 ]
>ふぐにさん。

おはようございます。返信遅れまして
申し訳ありません…

> たねやのどら焼きは、未だいただいたことが無いです。
> 気になったので、一度買い求めてみようかと思います。

是非一度ご賞味下さい。
満足とまでは行かなくとも「まぁ、ありかな」とは思って
頂けるかと…

> たねやと言えば、その傘下のクラブハリエのバームクーヘンも有名ですね。
> http://clubharie.jp/baumkuchen/index.html
>
> 絶品です。

クラブハリエのバームクーヘン確かに美味しいですね。
名古屋の高島屋に出店した時は、暫く行列が絶えませんでした。
[ 2016/05/03 08:56 ] [ 編集 ]
こんばんは。


たねやのどら焼きは、未だいただいたことが無いです。
気になったので、一度買い求めてみようかと思います。

たねやと言えば、その傘下のクラブハリエのバームクーヘンも有名ですね。
http://clubharie.jp/baumkuchen/index.html

絶品です。
[ 2016/05/01 23:39 ] [ 編集 ]
>あいあんさいどさん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> これはまた怒涛の甘いものオンパレードですねえ…。
>
> 私はどちらかというと「左党」な方でして、
> かといってまったくダメではないのですが、
> 連発となると、頭の中はもう
> 「ミスター生き○○」で、ドーン!な感じです(苦笑)。

おやおやぁ、あいあんさいどさんはぁ甘い物がお嫌いなんですかぁ?
ぼくはぁ、甘い物大好きなんですよお
ハッ、すみません、私の脳内藤やんが出てしまいました…

> …とはいえ、かつて菓子屋に勤めていた亡き父のDNAを受け継ぐ手前、
> この手のものもあまり食べないわりには厳しい目を持っていたりする厄介者です(笑)。

何と!ということは、お酒も甘いモノにも厳しい眼をお持ちということで
すね。飲めない私には羨ましいです…

> どら焼き対決、なかなか興味深いですね。「たねや」さんのものは
> 確かにスタンダードなそれで、万人受けしそうですが、
> 「ツバメヤ」さんのニューウェーブ的なものは、確かに分かれそうですね。
> 全粒粉のどら焼き…。これは実際に食べてみないとわかりませんが。

「ツバメヤ」の方は一度召し上がって頂くと、「お、違うな」と
思われるかと…美味しさ云々以上に「こういう生地があるか」と
驚かれるかもしれません。

> でもわらびもちは、かなり食指の動かされる逸品な感じが、見た目にも伝わってきます。実際にどこまでわらび粉を使っているのか分からないのが多いですもんね。よもぎ餅もまた目にも鮮やかな緑が、春の息吹を感じますし。

スーパーで売っているわらび餅なんて、わらび絶対使ってないだろ、って
感じのもんですしね~。
わらび餅は本当に美味しかったです。

> 岐阜もなかなかの甘味処なのですね。大変に勉強になりました。( ..)φメモメモ

そう仰って頂き、ありがたい限りです。
お近くにお寄りの際は、是非!
[ 2016/05/01 21:49 ] [ 編集 ]
>中林20系さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> どら焼きはそもそも個人的に、そんなに食指の動くものではないのですが、ツバメヤのそれはすごいですね!まさかこの世に全粒粉のどら焼きが存在してたとは…想像を超えてます。

そうですよね。正に想像を超えているというか…
どちらかと言えば、上品さが重視されるどら焼きにあって
全粒粉とは…ともすればとても野暮な味になりかねないのに。
でも、それが不安を裏切る美味しさなのです…

> さらには本わらび粉のわらび餅や、かぐわしいであろう草餅…いやさよもぎ餅。ここまで濃厚な色合いのそれには未だ出会ったことがありません。きっと、春の草原にダイヴするが如しなかぐわしさなんでしょうね。

行ったのは3月の終わりでしたが、何とも風流なお菓子でした。
よもぎ餅なんかも、また美味しかったんですよ~。

> いやはや岐阜、侮るべからざるや。機会があれば探検してみたいと思いましたよ。
> 面白い情報、ありがとうございます♪

いえいえ、そう仰って頂けて嬉しい限りです。
機会がありましたらば是非に。
[ 2016/05/01 21:32 ] [ 編集 ]
おはようございます。

これはまた怒涛の甘いものオンパレードですねえ…。

私はどちらかというと「左党」な方でして、
かといってまったくダメではないのですが、
連発となると、頭の中はもう
「ミスター生き○○」で、ドーン!な感じです(苦笑)。

…とはいえ、かつて菓子屋に勤めていた亡き父のDNAを受け継ぐ手前、
この手のものもあまり食べないわりには厳しい目を持っていたりする厄介者です(笑)。

どら焼き対決、なかなか興味深いですね。「たねや」さんのものは
確かにスタンダードなそれで、万人受けしそうですが、
「ツバメヤ」さんのニューウェーブ的なものは、確かに分かれそうですね。
全粒粉のどら焼き…。これは実際に食べてみないとわかりませんが。

でもわらびもちは、かなり食指の動かされる逸品な感じが、見た目にも伝わってきます。実際にどこまでわらび粉を使っているのか分からないのが多いですもんね。よもぎ餅もまた目にも鮮やかな緑が、春の息吹を感じますし。

岐阜もなかなかの甘味処なのですね。大変に勉強になりました。( ..)φメモメモ
[ 2016/05/01 09:15 ] [ 編集 ]
どら焼きはそもそも個人的に、そんなに食指の動くものではないのですが、ツバメヤのそれはすごいですね!まさかこの世に全粒粉のどら焼きが存在してたとは…想像を超えてます。

さらには本わらび粉のわらび餅や、かぐわしいであろう草餅…いやさよもぎ餅。ここまで濃厚な色合いのそれには未だ出会ったことがありません。きっと、春の草原にダイヴするが如しなかぐわしさなんでしょうね。

いやはや岐阜、侮るべからざるや。機会があれば探検してみたいと思いましたよ。
面白い情報、ありがとうございます♪

[ 2016/04/30 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2633位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
631位
アクセスランキングを見る>>