FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  大阪府 >  住吉大社

住吉大社

で、ただ阪堺線に乗って移動するだけではあれなので、
途中にある名所に寄ってみました。

DSC00699.jpg

すみよっさんこと、住吉大社です。

住吉大社といえば、全国にも沢山ありますがその中でも、
ここ大阪の住吉大社、下関の住吉神社、博多の住吉神社
と合わせて、「日本三大住吉」と言われていますが、その
本家本元、総本社はここだそうです。

DSC00701.jpgDSC00705.jpg

どうしても来たかった、という場所ではないのですが、沿線に
あって、「そういや名前は知っているな」という感じで、折角だから…
という感じで訪問。

DSC00704.jpgDSC00707.jpg

で、参拝をするのに、この反橋を渡ります。
何でこんな急な形に…と思いましたが、かつてはこの橋、
ギリギリまで波が打ち寄せるので、この形にする他無かった
とか…
因みに、奉納したのは豊臣秀吉の側室である淀君だそうです。

DSC00713.jpg

この鳥居、角鳥居と呼ばれ一般的な鳥居と違い、使われている柱
の形が丸ではなく、四角柱なんですね。
とても古い様式なのだそうです。

DSC00717.jpg

そして珍しいのが、この住吉大社。
本宮が4つもあるということです。写真は第3と第4本宮。

DSC00720.jpgDSC00725.jpg

こちらは第2本宮。

DSC00721.jpg

そして第1本宮です。

何でわざわざ4つも本宮が…と思われるかもしれませんが、
それぞれ祀っている神様が違うんですね。

と、ここら辺で参拝は終了。

何にせよ、大阪という大都市の中でこれだけの神社が
ほぼそのままの姿で残っている、っていうのは凄いことでは
ないでしょうか。
名古屋の熱田神宮もそんな感じですよね。

この後、再び阪堺線に乗り恵美須町まで。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/09/18 00:00 ] 大阪府 | TB(0) | CM(6)
>ふぐにさん。

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 非常に由緒ある神社で、その歴史も承知はしているものの
> 20年間にいろいろな神社に参拝したこともあってか、
> 住吉さんに「思っていたより普通」という印象を持ってしまいました(失礼)

確かに、敷地だけ見たらそこまで広い訳ではないですもんんぇ。
私ももっと、森のなかにある様な場面を想像していたのですが、
阪堺電車降りて直ぐだったので拍子抜けしちゃいました。

> しかし並び立つ本宮は荘厳かつ圧巻でした。

仰るとおりかと思います。
ここ、第1~第4まで本宮があって、第3と第4は並んで
ありますから、思わず平伏しそうになる位荘厳ですよね。
[ 2015/09/22 23:22 ] [ 編集 ]
こんばんは。


住吉大社。

最近、私も20年以上ぶりに参拝しました。

非常に由緒ある神社で、その歴史も承知はしているものの
20年間にいろいろな神社に参拝したこともあってか、
住吉さんに「思っていたより普通」という印象を持ってしまいました(失礼)

しかし並び立つ本宮は荘厳かつ圧巻でした。
[ 2015/09/22 21:41 ] [ 編集 ]
>三碧星さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 能楽では、もっとも有名な『高砂』の現存する謡跡として崇められている大社です。
> 住吉大社も高砂神社もお詣りしましたが、由来と作品を知っている人にとっては格別な感動を覚える聖地です。
> 私も住吉大社の境内で、立ち去り難くていつまでも手を合わせてお祈りしていました
> 一言でいうと、記紀の時代と現代が今なお途切れることなく続いている、神話の時代と今の私たちが、その約束を違えることなく存続しつづけていることへの感動を象徴する場所でもあるのです。

成る程~。我が国の芸能の歴史としてもとても貴重で重要な場所なんですね。
特に最後の一文に、その重みを感じました。
その場所が、周りが変わっても今なおその場所に存在し続けている事に、
我が国の信仰心の篤さと住吉大社のありがたさがありますね。

> KZ-1さんもあちこちへ旅行をされるようですから、いつかは振り返ってみると、
> 知らず知らずのうちに歴史的に、文化的に非常に重要な名跡を訪れているかもしれません。
> デジカメの性能が向上している昨今、少しでも多くの写真を残しておいてください。
> 当時の私は、「来た、見た、帰った」で満足していたため、もっと写真を残しておけば良かったと後悔頻りです

昔に比べると、今は携帯のカメラですらもそこそこの画像が撮れるまでに
なってますからね。
私も沢山の場所に行ってより沢山のシャッターを切っていきたいと思います。
後30年後、思いもしない場所が大切な場所になっているかもしれませんしね。
[ 2015/09/20 01:04 ] [ 編集 ]
>万見仙千代さん

こんばんは、いつもありがとうございます。

> 住吉大社。
> 確か源氏物語にも出てきたような気がする。
> それに、小樽の総鎮守も住吉神社なんですよ。

へぇ~じゃあ、結構歴史のある神社なんですね。
周りに門前町とかが特にある訳ではなく、割と
静かな所なので、何となく地味とも思っていましたが…
大阪から小樽まで…そう考えるととてもありがたいですね。

> ここが総本社なんですか。
> 初めて拝見させてもらいました。
> 敷地も広大なんでしょうね。

街中であることを考えると、かなり広めの敷地でした。
伊勢神宮みたいに森の中にある、という感じではない
のですが、人の営みの中にある神社もまた良い感じですね。
[ 2015/09/20 00:51 ] [ 編集 ]
三碧星
能楽では、もっとも有名な『高砂』の現存する謡跡として崇められている大社です。
住吉大社も高砂神社もお詣りしましたが、由来と作品を知っている人にとっては格別な感動を覚える聖地です。
私も住吉大社の境内で、立ち去り難くていつまでも手を合わせてお祈りしていました
一言でいうと、記紀の時代と現代が今なお途切れることなく続いている、神話の時代と今の私たちが、その約束を違えることなく存続しつづけていることへの感動を象徴する場所でもあるのです。

KZ-1さんもあちこちへ旅行をされるようですから、いつかは振り返ってみると、
知らず知らずのうちに歴史的に、文化的に非常に重要な名跡を訪れているかもしれません。
デジカメの性能が向上している昨今、少しでも多くの写真を残しておいてください。
当時の私は、「来た、見た、帰った」で満足していたため、もっと写真を残しておけば良かったと後悔頻りです
[ 2015/09/18 23:06 ] [ 編集 ]
こんばんは。

住吉大社。
確か源氏物語にも出てきたような気がする。
それに、小樽の総鎮守も住吉神社なんですよ。
ここが総本社なんですか。
初めて拝見させてもらいました。
敷地も広大なんでしょうね。
[ 2015/09/18 20:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2897位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
706位
アクセスランキングを見る>>