今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  2014年08月

高松中央商店街

瓦町駅で降りた私。
早速、高松の中心部を散策します。

DSC01370_201408200024045b6.jpg

駅を出ると先ず飛び込んでくるのが、瓦町駅のランドマーク
天満屋」。岡山を中心に店舗を広げる百貨店です。当ブログでも
何回か登場していますね。

ただ、写真の天満屋は今年閉店してしまったそうです。

DSC01374.jpg

そして着いたのが高松中央商店街
いくつもの商店街が集まった高松市の中心的な商店街です。
確か以前、カンブリア宮殿にも取り上げられていたような…

DSC01377.jpg

先ずは恒例のアニメイト巡礼。こちらは高松店です。

で、この高松中央商店街。めちゃくちゃ広いんですよね。
いくつかの商店街の集合体なので、結構歩き応えがあり、
見ていて飽きません。

DSC01383.jpg

そしてその商店街の中でも、かなりの存在感があるのは
「丸亀町商店街」。
もう、入り口からして凄いお洒落じゃないですか?
神戸辺りにありそうな雰囲気を放っています。

DSC01405.jpg

で、歩いてみると実際にかなりお洒落。
服屋や輸入食品店、書店など他の商店街に比べて若い人向け
のお店が多いように感じました。
実際、アーケードもかなり明るいですしね。

DSC01413.jpgDSC01415.jpg

そして高松中央商店街のシンボルとも言えるのがこの丸亀町商店街
にあるドーム前広場。
まさか、地方の商店街でこれだけ洗練されたきれいなドームを見れるとは
思っても見ませんでした。
このドーム前広場も再開発で出来た区画とのことですが、いや~洗練されてるなぁ、
と。もう、その言葉以外出てこないです。

何か、この場所で有森也実と織田裕二あたりで抱擁シーンとかあって良いですよね。
BGMは小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」。
は…これではまるでドラマではないですか。

因みに「カンチ、○ッ○スしよ!」がテレビでやっていた時、私はまだ1歳でした。
あの頃の恋愛ってどんなんだったんでしょう。やはり、DCブランドにハイソカーに
ボディコン、ディスコ、みたいな感じだったのでしょうか。

DSC01380.jpg

途中、徳島でも見たゲーム屋さんを発見。
調べてみたら「アプライド」というパソコンショップの子会社「コムロード」
が運営しているゲームショップということでした。

さぁ、ではそろそろ夕飯を食べるとしましょう。
勿論、香川で夕飯といえばアレです。

スポンサーサイト
[ 2014/08/31 00:00 ] その他(西日本) | TB(0) | CM(2)

琴平電鉄瓦町駅

そういえば、ホテルに行く時も今からホテルを出て繁華街へ行こう
という時も私は琴平電鉄を使っています。

DSC01340_20140819003418dd4.jpg

琴平電鉄といえば高松市を中心に路線を持つ四国でも大手の私鉄です。
で、高松観光にはとりあえずこの琴平電鉄を使うのが無難(私自身バスがそこまで好きではないので)
です。繁華街にも直ぐ出れますしね。

DSC01343_20140819003419ed3.jpg

車両は主に他社からの中古車です。
写真は東京の京浜急行の700形を購入した1200系。

DSC01355.jpgDSC01357.jpg

で、私はホテルから夕飯を取るために再び高松中央商店街
に一番近い瓦町駅へ。
琴平電鉄の3路線全てのハブとなる重要な駅です。

そして何と言っても駅がメチャクチャ近代的。JRの駅と言っても
信じられそうなくらいです。

DSC01356.jpg

個人的に嬉しかったのは、私の好きなペプシの看板が
ババンと大きく貼り出されていたことです。
もう、JR東海や地下鉄の駅じゃこのペプシツイストの看板
見なくなりましたからね。

DSC01364_2014081900343465d.jpg

何気なくエスカレーターに乗っていると、こんなポスターを発見。
何々、二次元とな…

DSC01363.jpgDSC01362.jpg
DSC01365.jpgDSC01366_2014081901051748a.jpg

と、こういうポスターがエスカレーターに貼り出されていました。
「ことでん×二次元」と銘打っているだけあってどれもこれも中々の見応え。
書き手さんの味が出ていますね。
徳島だけでなく、高松でもこんな動きがあったとは。

DSC01368_20140819010335201.jpg

そして吃驚したのは改札。
そう、実はこの改札ICカード専用なのです。
以前の記事でJRの四国は未だにICカードカードの導入が進んでいないと
書きましたが、それに先駆けて琴平電鉄は導入していたのか!?
え、もしかして中小私鉄と思っていたけど、琴平電鉄すごい会社なの?!

しかし、このICカード「IruCa(イルカ)」、
琴平電鉄グループでしか使えない、という大きな欠点を抱えています。

なので、私が持っているmanacaやICOCAをタッチしても改札は開きません。
しかも、今後JR四国が導入する予定であるICOCAとの相互利用は想定されていないとか。

県外の人間からするとイマイチう~んな感じですが、逆に言えば自社だけでこういう
設備投資をした琴平電鉄はある意味とても挑戦的な企業なのでしょうか。

因みに「IruCa」の名前の由来は琴平電鉄のマスコット「イルカのことちゃん」から
取られたそうです。
で、何故にマスコットがイルカになったかというと琴平電鉄が経営危機になった時に
「琴電、いるか、いらないか」という議論があったかららしいです。

オークラホテル高松

タイトルを見て「ん?ホテルオークラのことか?」と
思われた方もいらっしゃるかもしれません。

そう、私も最初はあの有名な老舗ホテル、ホテルオークラの
1つかと思っていたのですが、断じて違います。
こちらは高松に本拠地を置くオークラホテルグループの1つですので
ご注意を。

ただ、Googleで検索をしてもホテルオークラの方が先に出るのは何ともな
感じですが…

DSC01345.jpg

こちらがそのオークラホテルの外観。
ちょっと時代を感じさせますが、まずまず普通のホテルです。
高松駅から電車での移動は必要ですが、近代的な外観で一安心。

DSC01346.jpgDSC01347.jpg

部屋もごくごく一般的な広さのシングル。
最近のビジネスホテルはシングルでも十二分な広さがあるものですが、
本来はこれ位の広さがシングルなんですよね。

DSC01349.jpg

ベッドはちょっと低いかな?

DSC01348_201408172320389de.jpg

テレビは珍しい三菱のREAL。

DSC01350.jpgDSC01351.jpg

ユニットバス。

さて、とりあえずチェックインも済ませましたし、夜の高松を
満喫しに行きましょう。




流石にこれだけだと寂しいので、先週大阪より来た友人と一緒に
食事を取りました。
地元にある「チャイニーズテーブル胡同」という中国家庭料理の店です。

DSC_0786.jpg

牛のモツのピリ辛ソースがけ。
牛のモツ(センマイ、ハチノス、肺、モモ)を香辛料で茹で、唐辛子のベース
のソースを掛け、香菜を散らしたもので、モツのプリプリとした食感にタレの
辛味がよく絡んで初めて食べた感覚のモツ料理でした。

DSC_0787.jpg

紅インチョンの炒めもの。
紅インチョンというほうれん草系の野菜の炒めもの。
赤いのは紅インチョンの成分であるアントシアニンだとか。

DSC_0791.jpg

自家製干し肉と青梗菜の炒めもの。

DSC_0789.jpg

豚の唐揚げ泡菜(中国の漬物)と野菜の炒めソースがけ。

DSC_0792.jpg

水餃子。

DSC_0793.jpg

四川省宜賓のピリ辛まぜめん。

DSC_0794.jpg

杏仁豆腐。

DSC_0795.jpg

カシューナッツの抹茶砂糖掛け。

これにワンドリンクが付いて1人4000円。
かなりお得でした。

1週間前に予約をし、「モツ料理をお願いしたい」という要望に
応えて頂いたお店の方にも感謝です。
[ 2014/08/24 00:00 ] その他(西日本) | TB(0) | CM(4)

6000系快速「サンポート」

DSC01314_20140817015812cbc.jpg

徳島駅を15時半前に発って約1時間。
高松駅に到着です。
写真は私が乗ってきた2000系「うずしお」。

DSC01317.jpgDSC01334.jpg

5000系快速「マリンライナー」。
運良く2編成並んだ所を撮れました。両方共岡山行きです。

この日は日曜日ということもあってか、降りてくるお客さんが
かなり居たように思いますが、高松の人も我々三重県の人間が
名古屋へ行く感覚のように岡山へ行ったりするのでしょうか。

DSC01325.jpgDSC01329_20140817015824fe0.jpgDSC01327_20140817015811c42.jpg

8000系「いしづち」。
高松と松山を結んでいる特急です。
車両としては今の所、JR四国の持つ電車型特急としては主力の地位
にいますが、登場後22年経って古さが目立ちます。

でも2両編成の特急なんて、四国に来て初めて見た気がします。
普段だと近鉄特急4両が最小編成、多いと8両編成になるので、
見た時は「はぁ~…」という何とも言えない感覚を覚えました。

最も、近鉄特急もかつては2両編成で運行され、新幹線の攻勢を凌いでいた
時期もあるらしいですが。

DSC01319.jpg

6000系快速「サンポート」。
毎時1本設定されている快速列車です。

DSC01339_20140817015823d2e.jpgDSC01336.jpg

そしてこれが高松駅とその横にあるサンポート高松という多目的施設。

さて、そろそろ今日の宿へ向かうとしましょうか。
[ 2014/08/23 00:00 ] 西日本の鉄道 JR四国 | TB(0) | CM(4)

とくしまマルシェ

東新町を散策した後は良い具合に日も暮れてきたので
徳島駅へ戻ります。丁度10月だったので、日も暮れてきてたんですよね。

DSC01282.jpg

でも途中、こんな素敵なパラソルの一群を見つけたら行かない訳には
いかないですよね?旅人な訳ですし。

DSC01278_201408170107489aa.jpgDSC01275_20140817010750c86.jpgDSC01276_20140817010751ce9.jpg

このパラソルの一群、「とくしまマルシェ」という産直市場。

DSC01270 - コピー

毎月最終日曜日に県内の生産者が出店。消費者と直に会話をし、
自己の商品のPROMPTをし、その品質の良さを理解してもらう、
消費者としても実際の生産者と対話をし、納得した安心安全な食品を
購入することが出来る、という市場(マルシェ)です。

何でも徳島県は農産物の生産が盛んだとかで。こういった洒落た形での
街興しのセンス、というのは本州の下手な地域より進んでいるのではないか、
と感じます。

これ、地元に住んでたら毎月通うイベントなのでしょうが、いかんせん旅行者で
しかも閉店間近だったとこともあり、ブラブラしただけで終了。

DSC01283_20140817010800c8d.jpg

四国横断自動車道の整備を訴える看板。
やはり、此処にもモータリゼーションの波が…いや、というかJRがああいう状態
ですから、嫌が応にも自動車に頼らざるを得ないんでしょうね。

DSC01290_201408170108014c3.jpgDSC01291_201408170108037e1.jpgDSC01292_20140817010804165.jpg

そして、徳島駅近くにある旧アニメイト徳島店跡地(今は運営元の
南海ブックスが入っています)を見て、

DSC01294_201408170107581f8.jpg

徳島名物「和三盆糖」を買って高松に戻ります。
[ 2014/08/17 00:00 ] その他(西日本) | TB(0) | CM(2)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
436位
アクセスランキングを見る>>