FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  2013年08月

西郷隆盛銅像

前回の記事では西郷隆盛縁の地を巡って来ましたが、
今回からは鹿児島市中の散策です。

とりあえず、15時頃になってきたので、ホテルのチェックイン
まで後2時間ほど。
もう少し、ブラブラしてみようと歩き出します。

DSC04933.jpgDSC04935.jpgDSC04936.jpg

こちらは以前も出た鶴丸城跡です。

此処も入ろうと思ったのですが、天守閣もなく(元々の城の造り
がそうということもあり)、入場料も取られるということもあり、
此処でケチな根性が出た自分。入場は止めました。

DSC04937.jpg

その代わり、同じ敷地にある鹿児島県立図書館へ。
30分ほど本を呼んで時間を潰します。

その土地その土地の図書館も中々色があって面白いんですよね。
郷土資料なんかはその典型ですし、同じジャンルの本でも地元
には置いていないものもあったりして楽しいです。

DSC04940.jpg

違う方角から出てみるとこんな石碑が。
旧帝国陸軍関係の施設もあったのでしょうね。

この後は歩いて行ける距離の所にある…

DSC04941.jpg

西郷隆盛の銅像を見に行きました。
これで3体目ですが、鹿児島市は本当に西郷隆盛が好きなんですね。

一般的にイメージする西郷像というのがこれではないでしょうか。
学ランのような軍服にサーベル。
それか、着物に犬を連れている姿。

この銅像の前は目立つだけあって、やはり観光客が集中していました。

因みにこの銅像が立てられたのは、昭和12年ということで意外にも
古いです。

DSC04948.jpg

こちらは鹿児島市中央公民館。
随分モダンな建物だと思っていたら、1927年に造られた建物だそうです。

DSC04952.jpg

その隣にあるのが薩摩藩の家老、小松帯刀の銅像です。
大河ドラマ「篤姫」で瑛太が演じて一気に人気が出た人物ですね。


この後は再び市電に乗り天文館へ移動。
私の旅行といえば恒例の…

DSC04955.jpgDSC04956.jpgDSC04958.jpg

アニメイトチェ~ック!!

鹿児島のアニメイトはやはり、鹿児島一の繁華街天文館にあります。
ビルの3階で雰囲気は四日市のアニメイトより若干広い印象でした。

最も、大体チェックするだけでここで物は買ったりしないのですが…

DSC04960.jpgDSC04962.jpg

ほぼ向かいのショッピングモール、「カタプラ」では
人気アニメショップ!!との文字が踊っていましたが、私が帰った
2日後の開催だったので、全くもって残念でした。

角川アニメーションとスタジオぴえろ、というのがポイント高いですね。
[ 2013/08/10 00:00 ] 鹿児島県 | TB(0) | CM(4)

西郷隆盛終焉の地

前回は西南戦争の銃弾跡を見たのですが、
今回はそれに関連して、タイトル通り、西郷隆盛の
終焉の地を見て行きたいと思います。

先ずは私学校の銃弾跡から歩いて、西郷隆盛
終焉の地を見に行きます。

DSC04890.jpg

鹿児島本線沿いにあり、きちんと看板もある所
からして、有名な場所であるんだなぁと感じます。
周りは結構、普通の住宅地なんですけどね。

DSC04884.jpgDSC04886.jpg

こちらがその西郷隆盛終焉の地の記念碑です。
住宅に囲われた形であるので、行ってみるとかなり
意外に感じます。

1877年の9月24日に負傷した西郷は此処で解釈され、
生涯を終えた、と伝わっています。

当時と今とでは、雰囲気が違うので何ともですが、
圧倒的とも言える新政府軍に囲まれた中で、西郷は
自分の人生を、また一緒に新政府を作った仲間を
どう思って果てたのだろうか…とふと思ってしまいました。

因みに西南戦争の後、西郷の遺体が見つからず、
ロシアに逃れた、とか海軍がフランスに発注していた
軍艦を奪って新政府を倒しに来る
、とかいった風説が
広まったそうです。判官贔屓ですね~。

そして更に歩いて次の目的地へ向かいます。

DSC04892.jpg

天皇皇后両陛下御宿泊記念碑、とあるのですが昭和天皇皇后両陛下
のことなのでしょうか…
見た感じなにか特別な建物、という感じはしなかったのですが…

DSC04898_20130805223810355.jpg

これも何だったですかねぇ…トンネルの上の石版を狙ったにしては
構図がおかしいのですが、何だったか覚えていません。

DSC04899.jpg

これは戦前の防空壕でしょうか。
桜島で見たのと同じ感じです。

DSC04902.jpgDSC04903.jpg

そして辿り着いた西郷隆盛洞窟。

何故、最後に洞窟…と私も思うのですが、歩くルート的に
そうなってしまうのです。

DSC04914.jpgDSC04904.jpg

こちらがその洞窟です。
西郷が生涯を終える直前まで使っていた司令部の跡なんですね。

西郷側は、この洞窟一帯に立て篭もって抵抗を続けていたそうですが、
兵はわずか300人。新政府軍4万に包囲され、脱出を決意したのが
9月24日で、上記の終焉の地で生涯を閉じたのだそうです。

一時は熊本城を落城寸前まで追い込んだ西郷軍が、最期は
300人…歴史が変わってしまうポイントでもあっただけに
もし、西郷が熊本城を落としていたらどうなっていたか、というのも
興味深いです。

DSC04924.jpgDSC04920.jpg

この直ぐ前に2体の西郷像があります。
ただ、両方共何となくイメージが違うので残念ですが…
[ 2013/08/09 00:00 ] 鹿児島県 | TB(0) | CM(4)

バターライス

ちょっと、昨日一昨日と忙しく
まともな記事が書けなかったので、今週の記事は
これ一本です。

私は普段、料理を良くするのですがその時に
よく作るのがご飯物です。

というのも、私は味が付いていないご飯が
食べれないもので、おかずがあるかご飯に
味が付いていないと食べられないのです…

バリエーションは色々あれど、よく作るのが
バターライスです。

チャーハンと違い、手早さが要求されないので
楽です。具も最低、タマネギがあれば良いですしね。

ただ、それだけだとメインにならないので、
今回作ったバターライスは此方です。

DSC00448 - コピー

近所のイオンの肉屋で買った特売の黒毛和牛
のトモサンカクという部位です。

モモ肉の一部なのですが、非常に脂が乗っている
というありがたい部位です。

DSC00450_20130804020434c6b.jpg

こいつを焼いて載せてみました。
名付けて「バターライスのクレイジーソルト風味
黒毛和牛のステーキ載せ」。

ステーキを作る際には、私は焼き加減をレアと決めています。
両面焼いて長くて1分45分。通常で1分半と、表面焼けて中が
赤くないとダメなんです。

ただ、この焼き方は脂身の少ない通常のモモ肉だと良いのですが、
脂が乗りすぎている部位だと、脂がそこまで落ちずくどくなってしまいます。

DSC00452.jpg

20代前半とはいえ、このくどさは堪えました…
[ 2013/08/04 02:40 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3050位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
738位
アクセスランキングを見る>>