今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  2013年04月

キハ40系「指宿のたまて箱」

「はやとの風」を撮影した私が次に目当てだった列車。

DSC04239.jpg

キハ40系「指宿のたまて箱」です。

こちらは2011年3月12日の九州新幹線開業と同時に
登場した列車で、鹿児島中央から指宿までを結んで
います。

一見すると左右で白と黒に塗り分けられた普通の気動車
ですが、注目すべきはその内装。
通常の車両とは違い、木材を多用した温かみのある内装
になっており、大人から子どもまで大人気…らしいんですが、
あいにく車内の写真を撮ることは適わず…

DSC04242.jpgDSC04244.jpg
DSC04245.jpgDSC04249.jpg

代わりに車外のロゴで…

個人的に特急券もないのに特急の車内に立ち入るのは
かなり抵抗があるので、これでご勘弁を。

DSC04253.jpg

そういえば、この「指宿のたまて箱」。ワンマン運転なんですよね。
特急なのに。
でも、検札や車販は車内販売員の方が行うので問題は無いそう。

DSC04221.jpg

こちらはキハ200系快速「なのはな」塗装。
同じく鹿児島中央から指宿までを結んでいる列車が快速「なのはな」
なのですが、写真の時は普通として運用されていました。

DSC04254.jpg

こちらはキハ40系の単行。

この時点でホテルまでのチェックインまで4時間ほどありました。
とりあえず、次に発射する列車に飛び乗ろう、と思い飛び乗った
結果が…

DSC04259.jpg

そして飛び乗った列車がこちら。

DSC04257.jpg

着いた駅がこちらでした。
スポンサーサイト
[ 2013/04/27 00:00 ] 西日本の鉄道 JR九州 | TB(0) | CM(4)

キハ40系「はやとの風」

食事をした後は再び、鹿児島中央駅へ。
これからとある駅に向かうのと、撮りたかった列車の
写真を撮る為に1時間しないで再び同じ駅に戻るのは
2泊3日の日程があってこそです。

DSC04224.jpg

そうそう、在来線の駅名表示板はこんな感じ。
桜島と西郷隆盛が描かれているのは観光列車の多い
JR九州らしい遊び心を感じます。

DSC04220.jpg

こちらは817系。
JR九州の近郊型電車で車内の椅子が木材という、一味違う
内装に仕上がっています。

DSC04227.jpg

途中鹿児島中央駅を通過するED76形電気機関車。

DSC04234.jpg

指宿枕崎線のキハ47形。
JR九州の標準塗装であるクリームに青帯をまとっています。

DSC04208.jpgDSC04211.jpgDSC04214.jpg

そして撮影したかったキハ40系「はやとの風」。
JR九州の観光列車の1つです。

2004年、九州新幹線が部分開業した折に登場した
列車で、鹿児島中央駅から吉松という駅を結んでいます。

種別としては特急列車になるのですが、速達性を重視する
一般的な特急と違い、

①20世紀初頭に建築された木造駅舎の残っている大隅横川駅・嘉例川駅で、
全列車が約5分間停車する。
②車窓から桜島が一望できる竜ヶ水駅に4分程度停車する列車がある。

wikipediaから。

など、より観光客向けの運行をするようになっています。

DSC04216.jpg

使っている車両はキハ40系ですが、只単に塗装を変えるだけでなく、
より眺望を楽しめるように、と各車両中間にこんな感じの展望席が装備
されています。

初っ端から名高いJR九州の観光列車を見れてまずまずご満悦。
でも、私が見たいのはこれだけではないんですよねぇ。
ということで、次回からも色々な列車を撮っています。
[ 2013/04/26 00:00 ] 西日本の鉄道 JR九州 | TB(0) | CM(4)

鹿児島市交通局7000形

昼ごはんも食べたし、あとは夕飯まで食べ物の心配はなし。
残り5~6時間どうしようかなぁ、と思案。

DSC04179.jpg

そういえば、鹿児島中央駅前には大きなダイエーがありました。
個人的にはダイエーのある所≒都会、です。

昔、名古屋にもあったんですが栄も金山も閉店しちゃったんですよね。

で、我が三重県にはダイエーは一切進出していなかったと思っていたのですが、
意外にも1985年に県庁所在地の津に出店していたことをついこないだ知りました。
流石にジャスコの地元なので14年くらいしか保たなかったみたいですが…

DSC04181.jpg

因みに1枚目の写真の真ん中にある銅像。
「鎖国時代の留学生」ということで、当時の薩摩藩からイギリスに留学した藩士達の
銅像が設置されています。

時期としては慶応元年(1865年)ということで、幕末も幕末の時に薩摩藩は
銅像になった藩士達に偽名を名乗らせてまで、イギリスに送り出したという、
江戸幕府に喧嘩売っているとしか思えない所業をしていたということです。
因みに写真の中には初代文部大臣の森有礼公の姿もあります。

更に当時は日本→香港→シンガポール→インド→スエズ→アレキサンドリア
→マルタ→ジブラルタル→イギリス、と2ヶ月以上の時間を掛けて渡航した
そうです。

DSC04195.jpg

そして鹿児島といえば、何と言っても市電の街、路面電車の街です。

今回、大きな目的の1つがこの「日本の最南端の路面電車を見ておこう」
ということなんですね。

DSC04194.jpgDSC04189.jpg

のっけから撮影出来たのは、7000形「ユートラムⅡ」。
5つの車体を持つ連接車体を採用したLRVで超低床なのが特徴。

DSC04199.jpgDSC04202.jpg

こちらは、9500形。
塗装が鹿児島市交通局の標準の塗装です。

この間15分ほどですが、実はこのあとどうしても行かなければならない
場所があったので、ひとまず鹿児島中央駅に戻ります。

豚とろの「豚とろラーメンとチャーシュー丼」

鹿児島についたら既に12時過ぎ。
18時にはホテルにチェックインする運びになっていたので、
サクッと昼食を取りたいと思います。

鹿児島名物といえば、

・黒豚
氷白熊
さつま揚げ
きびなご
・えのころ飯

などなど色々ありますが、忘れられがちなのが
鹿児島ラーメン

九州といえば、長浜ラーメンだ熊本ラーメンだと色々言われていますが、
鹿児島の名物というと即ラーメンとはあんまり結びつかない気がするのは
私だけでしょうか。やっぱり、一番は黒豚ですし…

という訳で、鹿児島中央駅すぐ近くにある『豚とろ』というお店に
やってきました。


大きな地図で見る


歩いてものの5分くらいの所です。

12過ぎという時間帯と、学生限定でサービスがあるらしく(確か、大盛り無料)
高校生っぽいお客さんで溢れかえっていました。

5分ほど待ってカウンターへ。

DSC04203.jpg

カウンターにある大根の漬物を小皿に取りラーメンが来るまで
食べます。

福岡は辛子高菜ですが、鹿児島や宮崎だとこの大根の漬物になるみたいですね。
しかも食べ放題。お茶請けみたいな感じなのでしょうか。

DSC04206.jpg

そして登場したラーメン。
「豚とろラーメン」という基本のラーメンで650円。

食べてみると何と言うか、そこまで「鹿児島~」みたいな感じはしませんでした。
そこまでこってりではなく、程よい感じのこってりさの醤油豚骨スープです。
勿論、これが初鹿児島ラーメンというのもあるのですが、美味しい醤油豚骨のラーメン
に感じます。
麺は中太でストレートでした。
何と言うか、普段ふらっと行く選択肢に入るラーメンの味というかそんな感じです。

調べてみると、チャーシューが豚トロだったらしいのですが、下調べをせずに入ったので
今の時点でそう印象に残っておらず…もう少し味わっておけば良かった。
惜しいことをしました。

DSC04204.jpg

チャーシュー丼はめしは250円。温泉玉子がついてお得感があります。
メインのチャーシューはそのまま1枚どんと乗っているのではなく、切れ端をほぐした感じ
の「THE賄い」という感のあるビジュアル。

いかんせんメインの具のチャーシューがほぐしな上にそこまで味付けが濃くないので、
こちらもそう印象に残る味ではありませんでした。

こんな感じで、初日のランチとしてはまぁまぁ、といった所。
後は観光を楽しむとします。
[ 2013/04/19 11:48 ] グルメ | TB(0) | CM(6)

鹿児島中央駅

という訳で、今回使うのは鉄道好きとしては当然このルート。


大きな地図で見る

東海道新幹線九州新幹線

という、時間は掛かるけれど、ある意味贅沢なルートで行こうと思います。

所要時間約5時間。料金は片道2万円ちょいというプランです。

因みに飛行機の場合だと、中部国際空港→鹿児島空港で1時間半。
料金はこれまた2万円とこれだけ見たら明らかに飛行機有利。
新幹線で行く間に1.5往復できます。

ただ、飛行機の場合だと市街地に直通していないこと、乗るまでに
時間がかかることなどあるので、良いことだけではないですけどね。


DSC04134.jpg

今回は一先、新大阪まで「のぞみ」で向かい、途中で乗り換え。

DSC04137.jpg

鹿児島中央行きの「さくら」で終点の鹿児島中央駅まで向かいます。

DSC04142.jpgDSC04143.jpgDSC04145.jpg

久しぶりに乗るN700系7000番台。前年の夏に広島に行って以来
でしょうか。

DSC04146.jpg

やはり、この先4時間新幹線に乗るならより良い座席に座りたいのが
人間の性。

同じ指定席でもN700系は普通のシート、N700系7000番台は厚みのある
グリーン車並みのシートというならばお供にするのはこちらです。

Twitterで呟いたり、寝たりしている間にあっという間に鹿児島中央駅に到着です。

DSC04160.jpgDSC04148.jpg

九州新幹線は駅名表示板の色が青なんですね~。
意外にもシンプルに感じました。

DSC04159.jpgDSC04162.jpgDSC04165.jpg

本来なら一刻も早く鹿児島の街に飛び出したい所ですが、
そこは鉄道ファン。

九州新幹線専用の車両800系を撮影。
これまで、間近で東海道・山陽新幹線以外の新幹線車両を見た
ことなかった自分はかなり興奮しました。

DSC04175.jpgDSC04185.jpg

これが鹿児島中央駅の入口です。
横の施設は別にしても駅の入口自体は質実剛健な感じ。
どっしりした薩摩隼人ぽさがある様に感じます。ホントはもっと大きな駅を
想像していたのですが(空からの写真しか見たことなかったので…)、実際
目にするとほぉほぉという感じです。

さて、時間は12時過ぎ。次にやることは当然決まってますよね。
[ 2013/04/13 00:00 ] 西日本の鉄道 JR九州 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
436位
アクセスランキングを見る>>