今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  2012年12月

2012年お世話になりました

2012年も残り2時間ということで、本年も日々、
当ブログにお越し下さって誠にありがとうございました。

一昨年7月から始めた当ブログも気がつけば、訪問者数も
2万人突破ということで、これもひとえに皆様のお陰です。
心より御礼申し上げます。

また、今年は旅行らしい旅行も出来ませんでしたが、来年は
何処かまだ行ったことのない土地、出来れば四国か九州、或いは
新潟に行ってみたいと思っています。行く暇が出来ればの話ですが…

そして、このブログを通じて知り合った沢山の方とももっともっと
親交を深めていければ、と感じています。

では、残りの2012年も皆様どうぞ、ごゆっくりお過ごし下さい。
来年がみなさまにとって幸多き一年でありますように。
スポンサーサイト
[ 2012/12/31 22:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(6)

三宮の夜景

前回は「ガレリア」と「スカリエーラ」を見物し、ルミナリエのメイン
を見尽くした感がありますが、まだまだルミナリエには見るべき物が
沢山あります。

DSC07992.jpg

先ずは「復興の鐘」。
この鐘を鳴らすために沢山のカップルが並んでいました。
鳴らすと幸せになる、みたいな云われがあるのでしょうか…

DSC08000.jpg

こういう感じに細かな照明もイルミネーションに。雰囲気が損なわれない
のが良いですね。

DSC08006.jpgDSC08011.jpg

そして噴水にあったこのイルミネーション。
名前は解らなかったのですが、此方も綺麗でした。

これにてルミナリエの見物は終わり。
神戸在住のWさん(某SNSでお世話になっている方)と
合流するため三宮駅へ戻ります。

DSC08030.jpgDSC08046.jpgDSC08044.jpg

個人的にとても気に入っている写真たちです。
ハイコントラストで、三宮駅周辺の景色を撮影してみました。
やっぱり、都会のネオンてtのは良いものですね。
モノクロ写真だとぐっと引き締まるように思います。

この後Wさんさんと合流し、三宮近辺を散策。

DSC08050.jpg

案内してもらった南京町。この時期にはランタン
も出るんですね。
[ 2012/12/29 02:58 ] 兵庫県 | TB(0) | CM(2)

神戸ルミナリエ2011ガレリアとスパリエーラ

フロントーネを抜けるとずーっと続くのがアーチ状の
「ガレリア」です。

イタリア語で【屋根のある歩行者道路】を意味するそのイルミネーション
それはこんな感じです↓

DSC07946.jpgDSC07951.jpgDSC07933.jpg

似た様な写真ばかりで申し訳ないのですが、これが商店街にズラーッと
続いている訳なんですね~。

子どもでなくても「この先に何があるんだろう…」と足を一歩一歩先へ
進めたくなっているイルミネーションだと思います。

これ凄いのは、ご覧頂くと解ると思いますが、周りの建物、一切照明が
点いておりません。灯火管制が敷かれたみたいに真っ暗です。
確かに、周りの建物が明るとちょっとげんなりしますもんね。
ルミナリエが有名になったことの一因が、この様に街全体で盛り上げる、
という行動にあるんだなぁと感じます。

DSC07959.jpgDSC07962.jpg

そしてガレリアの先にあるのがこの「スカリエーラ」。
ちょっと開けた場所の一帯を囲むフィールドの様になっています。
これもまた見応え抜群。

DSC07976.jpgDSC07972.jpg

しかし、阪神淡路大震災から来年で18年。
見ていると不思議と震災に関係なかった自分でも、「良くぞここまで…」
と感慨深く思えてくるのが不思議です。

被災した1995年から行われているということで、最初これを見た
阪神圏の方の感動は如何程ものであったか…と思うと、阪神圏が
ここまで復興してきたことにこのルミナリエ、大きな原動力に
なったんだなぁ、というのは痛いほど解ります。

最近になって「もう、震災犠牲者鎮魂の意味合いがなく只のイルミネーション
ではないか」という声も出始めているようで、行く末はまだまだ解りませんが、
これを無くしてしまうのは少し惜しい気もします。
[ 2012/12/28 00:00 ] 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

神戸ルミナリエ2011フロントーネ

DSC07904.jpg

寒い中、列に並ぶこと30分。周りも薄暗くなってきて良い感じ…
でも、この時点でもまだ20分待たねばなりません。店頭は18時からなのです。
因みに暗くて解りづらいですが、こんだけの人が並んでいました。
私が居たのは序盤の後ろのほうなのですが、もっと列が伸びるみたいです。

DSC07903.jpg

これが正門とも言うべき「フロントーネ」。
ルミナリエといえば、まずこのフロントーネを思い浮かべる方も多いのでは
ないでしょうか。ポスターなんかも大体これですもんね。

これが18時になったらワッと光る訳ですね~。寒いけど待ちます。

DSC07905.jpg

そして点灯!ああ、木が邪魔して見えない…っ!!

DSC07915.jpg

これを正しく牛歩戦術のごとくゆっくりゆっくり潜っていくわけです。

DSC07931.jpgDSC07927.jpg
DSC07919.jpgDSC07917.jpg

色々とシーンセレクト機能なんかを使って撮ってみたり。

でも、点灯した時、本当に「きゃー」っていう歓声が上がるんですよね。
で、一斉にたかれるフラッシュとシャッター音。なばなの里でもここまで
熱狂しないんじゃないかと思います。

自分も生で見たのは初めてでしたが、ホントに「綺麗」の一言以外思い浮かびません
でした。うっとりしてしまいますね。

[ 2012/12/22 23:35 ] 兵庫県 | TB(0) | CM(6)

大丸神戸

しばしホームで列車を撮影した後、ルミナリエの会場へ
向うために改札を出ようと思います。

DSC07876.jpg

改札を抜けた直後の階段の天井に下がっていた案内ボード。
いよいよ雰囲気が高まります。

DSC07878.jpgDSC07881.jpg

出口を出た後、先ず飛び込んでくるのが大丸百貨店。
北海道の札幌駅前にもありましたし、東京駅にもありますよね。

実は、大丸。名古屋地区には進出していないので、最初札幌で
この百貨店の存在をしたっ時はかなり驚きました。
大丸は建物がお洒落なんですよね。

DSC07879.jpg

17時過ぎの時点でこんな感じ。まだ行列、という訳ではないですが
着々と交通整理に向けた準備が進んでいます。

DSC07884.jpg

街路樹もイルミネーション体勢。

DSC07885.jpg

大丸の入口に飾ってあったクリスマスツリー。

DSC07892.jpg

古そうな建物だったので一枚パチリ。
横浜同様、神戸も何気ない建物が古かったりするから
侮れませんね。

DSC07894.jpgDSC07895.jpg

ドルチェ・アンド・ガッバーナとアルマーニのショップ。
普通に暮らしていたら縁のないブランドショップです。

今掛けている眼鏡を買う時、実はドルガバのフレームにしようか
とも思ったのですが、ちょっと派手だったので止めておきました。
やはり、ああいうものはカッコいい人がしてこそのものですね。

DSC07896.jpg

そして会場前に到着。この行列で30分以上前なのです。

[ 2012/12/21 00:00 ] 兵庫県 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はSONYα55。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1506位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
313位
アクセスランキングを見る>>