FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  2012年01月15日
月別アーカイブ  [ 2012年01月 ] 

尾鷲市アクアステーション

魚市場を見学した我々は、バスに乗り継ぎなる目的地である
みえ尾鷲海洋深層水利用協議会 アクアステーション」に向かいます。

先日の記事でも少し触れましたが、尾鷲市は現在町ぐるみで海洋深層水
をブランド化しようと取り組み、またそれに成功しつつあります。

今回見学したのは、その海洋深層水を採水、加工しているその核となる
施設、アクアステーションです。

DSC08698_convert_20120115021128.jpg

海洋深層水の採水タンク。
此処に海洋深層水が蓄えられています。
ここはまだ加工前の海洋深層水を置いておくタンクになります。

DSC08703_convert_20120115021329.jpg

海洋深層水は12.5キロの長さの取水管を水深415メートルまで伸ばし、
そこから採水しています。

DSC08864_convert_20120115021856.jpg

写真右奥の入江の入口に向かって12.5キロの取水管が伸びています。
そこそこ沖合から汲んでいるんですね~。

DSC08705_convert_20120115022004.jpg

海洋深層水の説明。海洋深層水とは「太陽光が届かず、また、
表層の海水と混ざらない深さにある海水」のことを指し、海水の95%が
この海洋深層水になっているそうです。

水温が常に低く保たれていたり、通常の海水に比べて栄養が豊富であること、
清潔であることなど、メリットは多いです。ただ、それを採るまでが大変という
ことで、海洋深層水を採水、製品化するのは凄いことです。

DSC08706_convert_20120115021513.jpg

これはトラックに海洋深層水を注入するタンク。
従来、鮮魚の輸送などには氷水を使ったり、冷凍輸送を用いていたそうですが、
夏場などは鮮度が落ちてしまったり、冷凍保存でも味が落ちてしまうという事で、
それに変わる新たな輸送法が海洋深層水輸送だそうです。単純に海洋深層水
の中に鮮魚を入れて輸送する、海洋深層水はかなり温度が低いため、鮮度を
格段に保って輸送する事が可能になったとのこと。

トラックの運転手さんは、事前に購入しておいたコインを端末に入れ、そこから
ホースでタンクに海洋深層水を注入する、というシステムになっているとか。

DSC08727_convert_20120115021617.jpg

アクアステーションでは、海洋深層水の試飲もさせてもらえました。
5種類の蛇口があるのは塩分濃度が違うからで、原水も飲ませてもらえましたが、
さすがに海水。口の中の水分が持っていかれる位しょっぱかったです。
原水の塩分濃度は3.4%でしたが、これ以上に海洋深層水を濃縮させた濃縮水は
塩分濃度8.5%。原水にエグ味が加わりました。

でも、通常の飲用に適する淡水は美味しかったです。山の水に比べると澄んでいる
感じがしましたね~。
スポンサーサイト



[ 2012/01/15 20:28 ] 三重県 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
596位
アクセスランキングを見る>>