FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  2011年12月01日
月別アーカイブ  [ 2011年12月 ] 

ねじり橋とめがね橋

10月に大学の講義の関係で、三岐鉄道北勢線に乗る機会があったので、
聴講兼カメラマンとして付いていく事にしました。

DSC06210_convert_20111201205927.jpg

北勢線阿下喜駅に停車中の270系。
三岐鉄道に移管されてからの、黄色の車体にオレンジのラインの塗装は
今となっては様になりました。でも、一編成位、近鉄時代の塗装があっても
良いのでは…と思います。

DSC06201_convert_20111201211827.jpg

ターンテーブル。
調べてみても、情報が出てこないので詳細は解らないのですが、かつて
軽便鉄道時代に実際に使われていたものなのでしょうか。

そしてこの後は、楚原駅まで乗り、そこから歩いて北勢線随一の名所へ。

DSC06221_convert_20111201210637.jpg

ねじり橋です。
大正5年に建設され、正式名称は「六把野井水拱橋」。
2009年には、「めがね橋」と共に土木遺産にも認定され、北勢線沿線の中でも
中々なホットスポットです。

DSC06217_convert_20111201210158.jpg

名前の由来は、コンクリートをねじれた様に積んであるからです。
橋の下を通っている用水路が橋に対して、斜めに交差している事からこの様な形
になったそうで、現存するコンクリートの橋だけでは、此処だけみたいです。

DSC06228_convert_20111201211446.jpg

めがね橋。正式名称を「明智川拱橋」と言うそうです。

この橋の形自体を、「眼鏡橋」と言うそうで、通称はまんまという訳ですね。
因みに、どの辺がめがね橋?と言われれば、橋の形から来た名前プラス、
見え方に依ったら、眼鏡にも見えるんじゃ…という物だそうです。

とりあえず、この2つの場所を見れたことで、他所の土地の鉄道ファンの方に
「あぁ、めがね橋とねじり橋ですね。あそこは~」と解説する事が出来ます。
これまで恥かしながら、見た事がなかったので…
スポンサーサイト



[ 2011/12/01 21:43 ] 東日本の鉄道 三岐鉄道 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
596位
アクセスランキングを見る>>