FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  2011年09月17日
月別アーカイブ  [ 2011年09月 ] 

関ヶ原古戦場:石田光成笹尾山陣跡

東軍の総大将、徳川家康の陣跡を見たとあらば、西軍の総大将、石田三成
の陣跡も見に行かねばなりません。最も、本来の西軍総大将は、毛利輝元
ですが。

歩いて10分ほどで、目的地である石田三成の陣跡である笹尾山に到着。

DSC04296_convert_20110917220101.jpg

これが、笹尾山。石田三成の陣地がこの山の頂上にあります。

柵や、幕などが貼ってあり、他の場所に比べ、雰囲気がより、陣っぽくなっています。

奥に立っている旗に書かれている「島 左近」とは、三成配下の武将で、
その勇猛さから「鬼左近」と呼ばれていた程の人物で、三成が、自分の所領半分を
宛がったほどだとか。

そして、陣地を目指す為に山を登る程、8分ほど。そこそこ時間が掛かるのです。

DSC04308_convert_20110917220629.jpg

やっと到着…疲れました。

DSC04300_convert_20110917220220.jpg

これは石田三成の旗印、「大一大万大吉(だいいちだいまんだいきち)」です。
要は「1人は皆の為に、皆は1人の為に、力を尽くせば、大きな幸せが得られる」
という、現代でも生きている価値観です。

石田三成と言うと、最近はそうでもないですが、一昔前の学習漫画なんかだと
ちょび髭の神経質でカリカリしている、肝の据わっていない小物という描かれ方
というが多かったのですが、実際は、かなり人柄的にも、また思想的にもしっかり
していた人だそうです。

DSC04302_convert_20110917220739.jpgDSC04301_convert_20110917220445.jpg

左が陣地跡から望む関ヶ原。右が当時の陣容です。

東軍は約7万、西軍は約10万と数の上では、西軍優勢、陣容でも山を背に3方から
東軍を囲むように西軍が布陣していたので、西軍優勢と本来ならば、負ける筈がない
戦いでした。

しかし、何処でどう歴史の転換点になったのか、西軍の小早川秀秋の裏切り、
毛利勢の不動と、一気に形勢が逆転。それまで有利であった西軍は数を3万5千に
減らし、敗走…と世界史でも、稀に見る戦いであったそうです。

此処から見ると、戦場が丸々見渡せる訳で、小早川の裏切りも一目瞭然、その時の
三成の衝撃たるや、凄まじい物があったと思います。
仮にも太閤殿下(秀吉)の甥ですよ?先ず、裏切らない輩が裏切った訳で…

因みに、あまり知られていませんが、関ヶ原の合戦の後、家康の元へ参陣した
小早川秀秋に対し、褒美として三成の居城である佐和山城攻めの先陣を取らせました。
まぁ、「お前の忠誠心はどんなもんよ?」と言う感じでしょうね。

DSC04314_convert_20110917221020.jpg

これは、麓にあったオブジェ。石田三成の兜をモチーフにしています。
スポンサーサイト



[ 2011/09/17 22:55 ] 岐阜県 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
372位
アクセスランキングを見る>>