今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  2011年02月

名松線キハ11形

長々と「ネタがネタが」と申しておりましたが、いっちょ過去の旅行記でも書こうと思います。まぁ、サークルで行ったやつの写真を使うんですけどね。良いんです。著作権も使用権も私が持ってるんだから。

いや、実はですね。一昨年、JR東海の名松線に乗っていたのですよ。今話題の。やっと、復旧に向けて動き出した感じですが、あの時はJR東海自体が「もう、廃止でいいっしょ?」みたいな雰囲気満々で、大方「廃止になりそうだから今の内に乗っておこう」と今思えば、沿線住民の方々に大変申し訳ない、想いを抱いて、乗ってみる事にしたんです。

名松線と言えば、名張と松阪を結ぶ目的で建設されたにも関わらず、結局伊勢奥津止まりで、2時間に1本しかない超ローカル線ですが、2009年に台風18号の影響で家城駅~伊勢奥津感がエライ事になって、未だに復旧せず、やっと去年あたりに復旧しますよという感じなったという路線です。

で、乗るには松阪まで行かねばならないので、サークルのメンバーとは松阪で待ち合わせ。列車の関係上、7時頃に家を出て急行に揺られ松阪まで。

002_convert_20110228221329.jpg

これは松阪駅1番線にあるキオスクとあら竹の売店です。
あら竹と言ってもピンとこない方も多いと思いますが、松阪で創業した牛肉料理屋、今では駅弁屋さんです。
牛肉主体の駅弁を販売しており、昭和34年に売り出した元祖特選牛肉弁当はとてもヒットしたそうな。私もよく食べますけどね。此処で駅弁を購入。

003_convert_20110228221640.jpg

キハ40系。こんな写真になったのは発車直前で、急いで撮影したからです。

005_convert_20110228221855.jpg

そして私が乗るキハ11形。単行で走りますよ~。
スポンサーサイト
[ 2011/02/28 22:43 ] 東日本の鉄道 JR東海 | TB(0) | CM(2)

豊橋鉄道T1000形

最近、大学の講義でも(もう、春休み中ですが)やたらコンパクトシティを訴える先生が増えてきました。
まぁ、その先生の担当されている講義が都市計画や都市政策、というのもあるんですけどね。

昔なら「年に人口が集中してラッシュが酷いよね。空気も悪いよね。地方との格差もあるし」位で終わっていたと思うんですが、年々、都市やら地方の過去を振り返る講義から未来を論じて行く講義になりつつある様な気がします。

で、そのコンパクトシティを論じるにあたって私が大好きなのがLRT。(Light rail transit/ライトレールトランジット)軽量軌道交通です。やはり、鉄道が好きな身としてはセグウェイやコミュニティバスよりもLRTです。
定義は色々あれど、次世代路面電車という感じですね。低床で、ユニバーサルデザインに配慮した車両、というのが特徴でしょうか。

そんなLRT(正確には使用される車両であるLRV)を(桑名から)手軽に見れるのが、豊橋鉄道です。

006_convert_20110226180831.jpg

T1000形。通称、ほっトラム。私が初めて見たLRVです。

IMG_0012_convert_20110226180142.jpg

写真の様に3車体2台車。富山ライトレールや富山地方鉄道市内環状線と似た雰囲気ですよね。向こうは2車体2台車ですが。製造はアルナ車両(旧ナニワ工機)です。

IMG_0010_convert_20110226180102.jpg

こちらはフィルムカメラで撮影したもの。

200_convert_20110226193504.jpg

これは一昨年、ローレル賞を受賞した時の写真。ヘッドマークを掲げています。

ケバブサンド@なばなの里

いきなりで申し訳ないんですけど、私トルコに行ってみたいんですよ。トルコに。
理由は大学の講義で、キリスト教と西洋史を学んでいたら、とてつもなくオリエンタルな雰囲気とロマンを感じたからです。

で、旅行社のプランとか見たら安くて11万円から位で、学生にとってはおいそれと手が出ない値段です。卒業旅行に取っておきましょうかね。

でも、せめて、トルコに行った気分だけでも味わいたい!と思った時に食べるのがこれです↓

CA3A5283_convert_20110225202940.jpg

そう、ケバブサンドです。本場トルコにあるかどうかも解りませんが、ピタパンでチキンケバブと野菜を挟んでサウザンアイランドドレッシングをかけたもの。これを食べてトルコへの思いを慰めているのです。

店の場所は、こないだ写真を掲載した「なばなの里」の園内にあります。店の業態は屋台で、メニューはこのケバブサンドとシシケバブオンリー。2つとも500円と少し高めですが、はるばる名古屋は大須まで出ていかなければいけない事を考えると、フリーパスを持っている私としてはこっちの方が断然お得です。

香辛料が効いたチキンケバブはまず日本にある店では早々味わえない味付け。如何にもオリエンタルでアラビアンです。少し高めですが、足繁く通ってしまいます。これに加えてドンドルマもあればなぁ…




急な話ですが、急遽、来月の3日4日に東京に行く事になりました。なので、来月の2~4日まで記事をお休みさせて頂きたいと思います。

今回は外部の団体からの依頼というかお仕事というか…とりあえず、1眼レフは持っていくので時間が出来たら色々見ておきたいと思います。今度のターゲットは東急と京急です。どうなるかはまだ解らないですが…
[ 2011/02/25 20:50 ] グルメ | TB(0) | CM(2)

JR西日本183系「きのさき」

何かネタが無いかと思い探していたら、去年の春に初めて1人で京都に行った時の写真が残っていました。
その中でも珍しい列車を撮影した写真が残っていました。

025_convert_20110224215244.jpg

183系「きのさき」。京都駅~城崎温泉を結ぶ特急です。

最初、見た時は列車の名前なんかは気にしてなくてタダ単に「国鉄型の車両が来た!!」という事しか考えてなくて、コンデジで必死にシャッターを切ってました。まだまだJR西日本の列車に対する知識なんて無かったですし、多分、JR西日本管轄の駅に行ったのはこの時が初めてでしたし。

030_convert_20110224215444.jpg

横から。懐かしい塗装に燦然と輝く「北近畿ビッグXネットワーク」のステッカー。…似合わないと思うのは私だけでしょうか?

033_convert_20110224215831.jpg

側面行先方向幕。

038_convert_20110224215921.jpg

この183系も来月のダイヤ改正で新型287系に置き換わるそうで、今回のダイヤ改正に掛けるJR西日本の気迫が伝わってきます。どちらかというと新幹線にお熱っぽいですけどね。
[ 2011/02/24 23:07 ] 西日本の鉄道 JR西日本 | TB(0) | CM(2)

名鉄1000系パノラマsuper

そういえば、何気に東海地方は独自性のある車両に恵まれていたなんだなぁ、とふと思う事があります。昔の話ですけどね。

名鉄のパノラマカーだったり、近鉄のビスタカーだったり、アーバンライナーだったり。90年代前半は正しく、そういった特急電車の黄金期だった様に感じます。両親によく電車乗りにつれて行ってもらったなぁ~。

215_convert_20110223221140.jpg

その代表がビスタカーⅢ世(現、30000系ビスタEX)と並ぶ、1000系パノラマsuperだったりします。名古屋まで行かないと乗れない分、ビスタカーⅢ世より私としては希少価値の高い特急でした。

216_convert_20110223220858.jpg

醍醐味は何と言ってもこの前面展望。正にパノラマです。駅にいる人の顔とか見れちゃいますからね。よく手振ったりしてました。そして列車同士すれ違う瞬間も中々スリルがあって、偶に名鉄に乗る機会があると特急券を買ってしまいそうになります。全線一律350円と安いですしね。でも、中々展望車には当たりません。

217_convert_20110223220926.jpg

構造はこんな感じでハイデッカーになってます。運転席はこの下ですね。

208_convert_20110223220529.jpg

1200系。此方は4両編成で、1000系と連結した際に自由席(特急料金不要)となる車両です。特急なのに3ドアなのが、庶民的で良いです。

173_convert_20110223220443.jpg

こちらは2200系。中部国際空港アクセス特急2000系「ミュースカイ」の兄弟車になります。こちらも6両編成の内、4両は自由席。
名鉄的には今後、こういった顔の特急が主流になるんですかね。次世代パノラマカー希望です。

213_convert_20110223220609.jpg

そして名鉄の一般型通勤車両、3100系。奥に見える車両は例のやつです。
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3597位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
786位
アクセスランキングを見る>>