今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  交通科学博物館

交通科学博物館屋外展示場

クラシックカーを堪能した後は場外へ。中庭に屋外展示があるのです。

IMG_0010_convert_20100801023958.jpg

こんな感じで。各種車両が並べられています。中央のチビッ子さん達は幼稚園の社会見学っぽく、実物の機関車に興味一杯みたいでした。

IMG_0017_convert_20100801024020.jpg

左からキハ81形、シロクニことC62形蒸気機関車、デゴイチことD51形蒸気機関車です。因みに屋根とプラットホームはかつての京都駅を再現しているそうです。

IMG_0019_convert_20100801024051.jpgIMG_0020_convert_20100801024112.jpg

キハ81形。1960年にデビューした車両で特急「はつかり」として運用されました。これも151系に準じたボンネット型ですが、ノーズがやや短いので「ブルドッグ」の愛称で親しまれたそうです。鉄道準記念物に指定されています。

110_convert_20100801024248.jpg125_convert_20100801144321.jpg

左は国鉄型車両の象徴、JNRマーク。右は車内の様子です。シートピッチが狭そうな上に背もたれが薄いですね。

IMG_0007_convert_20100801024035.jpg109_convert_20100801024214.jpg

C62形蒸気機関車。通称、シロクニ。戦後(1948年、1949年)に製造された超大型旅客用機関車です。東海道線の特急「つばめ」として活躍し、1967年まで現役でありました。

そして、デゴイチこと、D51形蒸気機関車となるところなんですが…すみません、何処捜しても写真が無くて恐らく、私が撮り忘れてしまった様です。

900

かろうじて力強い横の姿だけありました。戦前から戦後の10年間(1936年~1946年)に1115両も生産された日本を代表する機関車です。

117_convert_20100801024312.jpg

230形蒸気機関車。1903年にイギリスの蒸気機関車を手本に製造されたそうです。鉄道記念物兼機械遺産に指定されています。

118_convert_20100801024519.jpg

80系。元祖「湘南電車」で、日本の電車の草分け的存在です。東京~小田原間で運用されていた為「湘南電車」の愛称が付いたのだとか。準機会遺産認定です。

119_convert_20100801144340.jpg

車内。やはり時代が時代なので仕方ありませんが、ボックスシートな上に内壁は木です。勿論、クーラーなんてものはありません。
スポンサーサイト
[ 2010/08/01 21:01 ] 大阪府 交通科学博物館 | TB(0) | CM(2)

国鉄ドリーム号その他色々

さて。交通科学博物館は何も鉄道だけを展示している訳ではありません。車も展示しています。

095_convert_20100731012057.jpg

ダイハツミゼットMPA。かのオート三輪ではないですか。私は昔のゴジラ映画や両親の話の上でしか聞いた事がありませんが、この「ミゼット」という名前はよく知ってます。このMPAはアメリカへの輸出用だとか。

093_convert_20100731012024.jpg

ヒルマン・ミンクス。かつていすずも乗用車を生産していた時代がありましたが、このヒルマン・ミンクスはいすずがイギリスのルーツ社から部品の供給を受けて生産を開始した車です。ノックダウン生産というやつですね。

099_convert_20100731012339.jpg

スバル360DX。日本初の本格的軽自動車です。当時の通産省が「こういう基準で車作れよ」と示した国民車構想の性能を大幅に凌ぎ、日本でマイカーという言葉を定着させた戦後、欠かすことのできない車です。確か、1番最初の顧客が松下幸之助だとか。

097_convert_20100731012214.jpg

三菱500A11型。戦後、三菱が初めて世に放った車です。スタイルがキュート。

096_convert_20100731012138.jpg

ダットサン16型セダン。日産の前身、ダット自動車製造株式会社が1937年に発売したセダンです。

098_convert_20100731012258.jpg

ダットサン13型ロードスター。こちらもダット自動車製造株式会社のもの。1934年発売の2人乗り小型自動車です。

そして鉄道ファン的に外せないのが…

100_convert_20100731012441.jpg105_convert_20100731012645.jpg

東名高速バス「ドリーム号」です。名神、東名高速道路を走った高速バスで国鉄が運行していました。

101_convert_20100731012520.jpg102_convert_20100731012611.jpg

「国鉄」の文字と燦然と輝くJNRマーク




オマケ。

CA3A4267_convert_20100731012759.jpgCA3A4268_convert_20100731012848.jpg

私の愛車、トヨタ・ヴェロッサVR25です。ターボ過給機を2基搭載、最高馬力は280psです。

自分で言うのもアレですが、高速を走る上では結構満足してます。アクセルを踏み込んだ時に少し身体がシートに押しつけられるので「走ってるな」感がかなりあります。それにきちんとブレーキの効きも良いですし、クーラーの効きも最高。夏場には嬉しい車です。

難点は知名度の低さ(よく「これ、何て言う車ですか?」や「三流学士さん何乗ってるんですか?」という時に一から説明せねばならないので、面倒な時は「マークⅡの顔が違くて速いバージョン」と言ってます)と燃費(時代に逆行するかのようにガスを喰います。リッター6キロ走れば良い方…)ですねぇ。

でも、そんな難点も含めて信頼してます。
[ 2010/07/31 01:56 ] 大阪府 交通科学博物館 | TB(0) | CM(6)

151系~ヘッドマーク色々

さて、0系をずーっと辿っていくと(4両編成で保存されているのです)目に飛び込んでくるのは

078_convert_20100730185004.jpg077_convert_20100730184929.jpg

151系です。ボンネット型ですよ、ボンネット型!在来線特急電車の元祖とも言えるこのボンネット型。いつ見てもテンション上がります。

此処、交通科学博物館では先頭車の先頭部分の実物大モックアップが展示されています。

しかも、「こだま」状態。まだ、新幹線が無かった時はこれで東京~大阪間を6時間50分で往復していたので、伝統的なヘッドマークです。

最初は「電車なんて…汽車の方がまだ早いって」という批判もあったみたいですが、それを見事退け、見事日本を電車大国にならしめた仕立て役者です。

252_convert_20100730185248.jpg

私は横からみる姿が好きなんです。シャープでは無いですけど重厚感があるデザイン。今でも十分通用スタイルだと思います。

250_convert_20100730185149.jpg

運転席にも上っちゃいました。意外と天井が低いので運転席に入る時に頭もぶつけてしまいました…

243_convert_20100730191045.jpg233_convert_20100730191110.jpg

そして通路に出てみるとヘッドマークのいろいろということでヘッドマークが飾られていました。

234_convert_20100730191135.jpg235_convert_20100730191221.jpg

寝台特急「日本海」と夜間急行「きたぐに」、そしてかつて南海電鉄へ乗り入れていた急行「きのくに」のヘッドマーク。

236_convert_20100730191249.jpg

右から米子~広島を結んでいた急行「ちどり」、大阪~黒姫を結んでいた臨時夜間急行「シュプール」、京都~鳥羽を結んでいた急行「志摩」のヘッドマーク。

239_convert_20100730191346.jpg

名古屋~大阪を結んでいた準急「比叡」のヘッドマーク。準急なのにやたら長距離走ります。まぁ、国鉄と私鉄で種別の意味も異なって来ますしね。

241_convert_20100730191431.jpg

そしてこないだ引退した寝台特急「北陸」と夜間急行「能登」のヘッドマーク。とうとう飾られてしまったんだなぁ、としみじみ思います。確かに今「能登」は489系じゃないですしね。

そういえば、最近の特急や急行はあんまり大きなヘッドマークを装備していませんね。デザイン的には昔に比べてシャープでスマートになりましたけど、あっても面白いと思うんですが…
[ 2010/07/30 19:38 ] 大阪府 交通科学博物館 | TB(0) | CM(4)

交通科学博物館0系~ML-500形 リニアモーターカーマグレブ

交通科学博物館の館内に入って直ぐ左手側にあるのは…

193_convert_20100729225645.jpg

ML-500形リニアモーターカーマグレブです。現在、良くも悪くも話題になっている東海道リニアのご先祖様です(無人機ですが)。1977年に建造されて、1979年に宮崎の実験線で最高時速517キロを記録したという素晴らしい車両で、しかも20年この記録が破られた事が無かったという…日本の技術力はやっぱり高いんだなぁ、とつくづく思いました。

202_convert_20100729230803.jpg

側面。JNRマークが眩しいです。今気が付いたんですけど、カラーリングも国鉄の特急色ですね。

208_convert_20100729230447.jpg

こちらはミニチュアのMLU00X1。実機は1980年に導入され、1982年には有人走行実験を行っているそうです。

206_convert_20100729230517.jpg

これもリニアなんですが…形式は忘れてしまいました。すみませんorzでも尾翼があって何処となく潜水艦がホバークラフトっぽいです。

そして、忘れちゃならないのが

212_convert_20100729225804.jpg

東海道新幹線0形様です(あまりにも偉大すぎて思わず様)。

1964年に登場以降、40年以上に渡り日本の為に走り、一昨年引退した歴史に残る名車です。高度経済成長期からバブル崩壊まで日本の現代史を見つめて来た車両と初対面です。

285_convert_20100729230222.jpg

横から。美しいスタイルです。

288_convert_20100729230339.jpg

ある種の威厳すら感じさせるご尊顔。

287_convert_20100729230312.jpg

機会遺産にも認定されています。
[ 2010/07/29 23:38 ] 大阪府 交通科学博物館 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1292位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
291位
アクセスランキングを見る>>