FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  JR北海道

キハ283系「スーパーおおぞら」

2日目の朝、ホテルで朝食を食べた後は、地下鉄に乗り
札幌駅へ向かいます。北海道の旅の始まりは何と言っても
此処からですからね。

先ずは道央フリーパスを使い、この日の目的地までの切符を買い
ホームへ。列車を待ちます。

DSC03171.jpg

私が乗るのは9時4分発の「スーパーおおぞら3号」です。
まだまだ時間があるので、暫し写真撮影。

DSC03162.jpg

札沼線(学園都市線)のキハ141系。
札幌と新十津川駅を結んでいる札沼線ですが、今月、電化
されたそうですね。まだ部分的にらしいですが…
10月に全線電化され、気動車は運用を外れるとか。
もう、このキハ141系は見れないんですね~。

DSC03178.jpg

785系「スーパーカムイ」と学園都市線のキハ40系。

DSC03181.jpgDSC03184.jpgDSC03185.jpg

そして私が乗るキハ283系の「スーパーおおぞら」。
札幌と釧路を3時間30分前後で結んでいる特急です。
今回はこれに乗ってとある都市へ向かいます。

DSC03172.jpg

側面行先方向幕。

この日は平日ということもあってか、車内はサラリーマンのお父さんで満員でした。
北海道だと、営業車で隣の都市まで、っていうのも大変なんでしょうね。
その分、特急の利用率が高いのかな、と思います。
[ 2012/06/15 00:00 ] 東日本の鉄道 JR北海道 | TB(1) | CM(6)

キハ183系「クリスタルエクスプレス トマム&サホロ」

寝台特急の「北斗星」を撮影した後も、まだまだ私が撮りたい列車
は沢山あります。

DSC02845.jpgDSC02850.jpg


例えばこのキハ183系「クリスタルエクスプレス トマム&サホロ」。
JR北海道が製造したジョイフルトレインと呼ばれる、リゾート列車の1つ。

いつでも見れる訳ではなく、季節毎の臨時列車としてのみの運用なので
とても希少な列車になります。

特徴は運転席が2階部分にある「全面展望」と言われるデザイン(名鉄の
パノラマカーの様になっています)とハイデッカー(客席の床面を上げて
景色を見易くする構造)に、曲面ガラス。

DSC02852.jpg

そして何よりこのダブルデッカー(2階建て車両)ということになります。
このダブルデッカー、気動車(ディーゼルカー)では日本初ということで
この辺りも見所です。

DSC02890.jpgDSC02901.jpgDSC02906.jpg

こちらはキハ183系「オホーツク」。
札幌と網走を5時間版で結ぶ特急で、夜行列車時代から数えると63年の歴史
があり、とても伝統のある列車です。

右の写真は、いまではほとんど見れなくなった、国鉄時代の特急のシンボルマーク。
本土だと見れる場所は本当に少なくなっています。

DSC02921.jpg

このキハ183系「オホーツク」。前と後ろで顔が違うのも特徴です。
網走方面の先頭車は、繁忙期の車両増結も考慮してか貫通型になっています。
個人的にこの貫通型スタイルの顔は好きです。

DSC02908.jpg

側面行き先方向幕。網走まで5時間半、名古屋からですと新幹線で
鹿児島中央までいけちゃいます。

DSC02943_20120520204214.jpgDSC02944.jpg

こちらは私が乗ってきたキハ283系「スーパー北斗」の、兄弟とも言うべき
キハ183系「北斗」。

先頭車横に描かれているロゴは「Hokkaido Express Train 183」の略で、
「HET183」となっています。

DSC02962.jpgDSC02957.jpgDSC02947.jpg

これはキハ261系「スーパー宗谷」。
札幌~稚内間を4時間58分で結んでいる特急です。

これも只単に撮ってみたかった、ということもありますが、どことなく
顔が映画の「風の谷のナウシカ」に出てくる巨神兵っぽくて面白そう、
と思った、というのもあります。

DSC02987.jpgDSC02983.jpg

こちらはキハ201系の快速「ニセコライナー」。
珍しい快速運用だったので撮影しました。

にしても行き先方向幕の、駅名、倶知安と読むんですね~。あ、失礼
「くっちゃん」と読むそうです。名前は聞いたことがあれど、字で書かれると
こう書くのは驚きです。

DSC02881.jpg

711系。
721系が多くなってしまった札幌の近郊型電車の中で頑張り続ける、北海道の
近郊型電車の始祖的存在です。国鉄時代からの車両ですしね。

[ 2012/05/25 00:00 ] 東日本の鉄道 JR北海道 | TB(1) | CM(6)

寝台特急「北斗星」

17時前に札幌に戻った私。
どうしても、17時までに札幌駅に居なければならない
事情があったのです。

DSC02790.jpg

その理由とは17時12分に札幌を発つ寝台特急「北斗星」。
トワイライトエクスプレスやカシオペアと並ぶ、誰もが羨む
寝台特急の内の1つです。

その列車を是非一度この目で見てみたい!という思いから
旭川からとんぼ帰りしてきました。

ホームの端で待つこと15分ほど。小樽方面から入線してくる
寝台特急「北斗星」。

DSC02797.jpg

先頭はDD51形ディーゼル機関車。「北斗星」専用の塗装になっています。

DSC02807.jpg

使用されているのは24系客車。
正統派な感じのブルートレインですね~。

DSC02813.jpg

ヘッドマークは列車名の由来通り北斗七星を象ったもの。

DSC02828.jpg

列車のエンブレムはこんな感じ。何でも欧州の長距離列車
であるオリエント急行を参考にデザインされたものだとか。

このエンブレムが付いているということは、この寝台車両は
ほぼ北斗星専用と言っても良いと思います。他の列車に充てられる
なら、わざわざ付けないですしね。

DSC02798.jpg

行先方向表示幕。勿論、行先は長距離列車の定番「上野」です。
かつては沢山の長距離、寝台列車が上野を発着していたとも
聞きますが、今ではそういう列車も少なくなったみたいです。

DSC02830.jpg

これは3号車。2人用の寝台がある「デュエット」と呼ばれる車両。
半2階建て車両の様になっています。

DSC02836.jpg

上野方面から先頭のDD51形を一枚。
写真右側を見て頂くとお分かりかと思いますが、DD51形が少し
駅のホームからはみ出しているので、確実に写真を撮りたいのなら
小樽方から撮影するのが無難かと思います。
[ 2012/05/19 00:00 ] 東日本の鉄道 JR北海道 | TB(0) | CM(8)

旭川駅で見た列車色々

旭川で昼食を終えた後は、時間も時間だったので
札幌に帰ります。
滞在時間1時間、観光地らしい観光地も行かないで…
みたいな感じですが、どうしても札幌に帰らなければ
ならない用事がありまして。

帰りの特急券を購入して、ホームへ。ここでまた写真撮影
タイムです。

DSC02732.jpg

キハ40系の快速「なよろ」。
旭川~名寄間を結ぶ快速列車で1日4往復運転されています。

DSC02744.jpgDSC02743.jpg

側面のサボ(行先票)。
何気に普段見ることができないキハ40系の快速運用を見れて
眼福眼福です。

DSC02754.jpg

785系「スーパーカムイ・エアポート」(左)と共に。
近代的なホームに新旧の車両が並ぶとこれはこれで絵になります。

DSC02737.jpg

こちらは785系「スーパーカムイ・エアポート」。
1990年に登場した車両で、JR北海道の電車型特急の先駆けとなった
車両です。

DSC02765.jpgDSC02762.jpg

キハ150形。
普通列車ですが側面の行先方向表示幕には「マイタウン列車ラベンダー」
の文字が。
といっても、特に特別な列車という訳ではなくて、只単なる愛称なので、きちんと
一駅一駅停まる普通列車です。

DSC02759.jpgDSC02760_20120513175016.jpg

こちらはキハ54形の特別快速「きたみ」。
旭川から北見市の北見駅までを3時間20分で結ぶ快速列車です。

快速列車ですが、同じ区間を走る特急「オホーツク」との所要時間が
そう変わらないこと等から、青春18きっぷのシーズンは混雑するとか。

DSC02781.jpgDSC02783.jpg

そして私が札幌まで乗る789系1000番台「スーパーカムイ」。
毎時1本運行され、旭川と札幌を約80分で結んでいます。

DSC02785.jpg

嬉しいのはUシート(指定席の様な物)の座席にはコンセントが
完備されています。スマートフォンやパソコンを使う時には嬉しい
装備ですね。

DSC02786.jpg

道中車内から撮影した1枚。実に北海道らしい風景と思いました。
[ 2012/05/18 00:00 ] 東日本の鉄道 JR北海道 | TB(1) | CM(4)

JR旭川駅

DSC02692.jpg

私を乗せた特急「サロベツ」は無事に目的地の駅へ到着。
長い間ありがとうございました。

DSC02698.jpg

駅のホーム外の線路には雪国名物のラッセル車が。
東海地方だと高山本線で見たり出来るんですよね。
使用されているのはDE15形ディーゼル機関車でしょうか。

DSC02709.jpg

こちらはキハ54形。
国鉄時代末期に民営化後も経営が苦しくなるだろう、と予想された
JR北海道、JR四国向けに配備された車両です。

ステンレス製の車体に、コスト削減の為にバスの部品や廃車された
車輌からの部品を使用されていたり、車両によっては転換クロスシート
を装備した車両もあるとかで、さながらRX-79陸戦型ガンダムや
ザクタンクの様にバリエーションがある車両です。

DSC02702.jpg

暫し待っていると789系「スーパーカムイ」が到着。

DSC02705.jpg

さぁ、という事で、私は旭川にやって参りました。
小樽からまさかの旭川という短距離移動。流石に稚内までは
行けないですからね~。

にしても、旭川駅も綺麗になったものだな~としみじみ思いました。
7年前に来た時は地上駅で本当に北国の駅、という味わいのある駅でしたが…

DSC02713_20120504001530.jpg

ホームはこんな感じ。とても近代的です。
なんといっても昨年開業したばかりですからね~。

DSC02714.jpg

1階コンコース部分。駅内部は木を多用していてとても暖かい
雰囲気のある空間になっています。

DSC02719.jpg

駅外観。雪に埋もれている部分は今後の整備でロータリーになるんだとか。
[ 2012/05/05 00:00 ] 東日本の鉄道 JR北海道 | TB(0) | CM(12)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3050位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
738位
アクセスランキングを見る>>