FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  北海道

円山公園

ホテルモントレ札幌で朝食を取った4日目の朝。
実は予定らしい予定を決めていなかったので、どうしようか
思案していました。

実質的に最終日なこの日。本当は札沼線に乗りに行こうかとも
思ったのですが、でも、何だかな~…函館はもう行ったし、
夕張は帰りが大変だし…と迷いながらも札幌駅の観光案内所へ。
色々パンフを見ていると、どうやら札幌市内にある「円山動物園」
というスポットがお安く、面白いらしい、という事が載っていたので、
「皆が皆、旭山動物園に夢中な今、逆に円山動物園も良いか」と思い、
勢いで円山動物園に行く事に。

地下鉄を乗り継いで、第一の目的地、地下鉄東西線円山公園駅にやってきた
後は、只ひたすら歩いて円山公動物園へ向かいます。

DSC03571.jpg

途中見つけた「円山公園」。
駅の名前にもなっているこの公園を少し散策してみることにします。

DSC03576.jpg

そして何となく歩き回っていたら、「北海道神宮」と書かれた鳥居を
発見。旅行者である以上、参拝をしない訳にはいきません。

DSC03585.jpgDSC03586.jpgDSC03582.jpg

開拓神社。
北海道神宮内にある末社で、北海道開拓に功のあった37人が祀られています。
その中には、我々に馴染み深く、教科書にも載っている黒田清隆や伊能忠敬
も入っています。

DSC03594.jpg

此方が本殿。平日でしたが、参拝する方はチラホラいらっしゃいました。
やはり、北海道一の神社ということで、かなり堂々とした立派な造りに
なっています。

しかし、北海道といえば元はアイヌ民族の住んでいた土地。
勿論、(国家)神道とはまた違う、土着の宗教というか、信仰があった
訳で、そこに神道を持ち込んで社を建てて…となると、元々あった信仰は
どうなってしまたんだろう、と気になります。

多分、この北海道神宮自体は開拓民に対して「ここでも神道の威光は効いてるよ~」
みたいな事を訴える役割が大きかったと思うのですが、同時にアイヌの人々に対して
「新しい宗教はこれだからよろしくね~」という意識もあったでしょうし、そう考えると
徐々にそういった信仰は廃れていってしまったのでしょうか。国家神道って国策ですしね。

文献なんかで「アイヌの宗教はこんなので~」と読むのも面白いのですが、やはり、生の
信仰が見たかったりもするので、そういう史跡を回っておけば良かった…と少し後悔です。

さぁ、円山動物園までもう少し。頑張って歩きます。
[ 2012/07/27 23:57 ] 北海道 | TB(0) | CM(6)

すすきののネオン

札幌駅で列車を撮影した後は、再び夜の札幌に繰り出します。
折角旅に来た訳ですから、遊ばないと勿体無いですよね~。

とりあえず、街のネオンに導かれるままフラフラと彷徨い歩きます。
地下鉄でも良かったんですが、大きな都市ですから、歩きながらの
方が面白いと思いまして。

DSC03427.jpg

路行く途中、ライトアップされたテレビ塔が見えました。
テレビ塔から見た夜景も綺麗でしたが、外から見るとまた綺麗です。

DSC03430.jpg

更に足を進めると見えてくるのが雪印のネオン。北海道を感じます。

DSC03436.jpg

ファッションビルの「COSMO」。と言っても、私にとっては中にあるテナントの
「まんだらけ」に惹かれたんですけどねw
私が初めて行ったアニメショップ(と言っていいのでしょうか)がまんだらけの
名古屋店でした。まだ、栄に店があった頃の話です。

DSC03438.jpg

そして到着したのが、札幌随一の繁華街、すすきの。
すすきのといえば札幌、札幌といえばすすきの。北国最大の繁華街なのではないでしょうか。
食べるお店に遊ぶお店、何をするにも困らないといいます。

やっぱり、有名なのはニッカウィスキーのネオンですよね。すすきのというと、このネオン、
みたいな所はあると思います。

すすきのというと、この年になって来てみて初めて活気というのが解ります。
何しろ、お店の人がビラ配ったり、呼び込みしたりしてますから。

DSC03449.jpg

このネオンも綺麗だったので一枚パチリ。
サッポロビールのネオンとか物凄く綺麗でしたよ~。

DSC03446.jpg

こちらは、交差点の真ん中にそびえ立つ時計
時計台ではないので悪しからず…
因みに、この時計塔が建っているすすきの交差点は、道内屈指の交通事故
多発地帯だとか。

こんなかんじで夜のネオンを身体中に浴びて、高揚感を得た私は夕飯を食べに行きます。
[ 2012/07/14 00:00 ] 北海道 | TB(0) | CM(8)

JRタワー展望室T-38

雪印パーラーでパフェを食べて、ご満悦になった私。
再び、札幌駅に戻ります。

そして向かうのはここ↓

DSC03285.jpg

札幌のランドマークともいえる、JRタワー。
もっと言うと、只単にこの建物に入るのではなく、メインは
このJRタワーの38階、「T-38」。ここに登ってみたいと思います。

DSC03360.jpg

タワー内に入り、入場料700円を払って、エレベーターで展望室へ。

DSC03301.jpgDSC03333.jpg


そして広がる夜景郡。この写真はすすきの方面を望んでいます。
左手にはテレビ塔、右手には観覧車が見えます。
もう、うっとりする眺めですよね~。

函館とはまた違い、都市の夜景と言いますか、アーバンな雰囲気は
また良いですよね。正に、北都の風格。

DSC03320.jpg

こちらは北の頭脳とも言うべき、北海道大学です。
広いキャンパスですね~。

DSC03340.jpg

こちらは丸山方面。中央の路線は函館本線です。

DSC03291.jpg

小樽方面を望みます。
どこまでも光が続いていて、札幌のスケールの大きさというのが分かりますね。

後、道中歩いていて感じましたが、やはり札幌の街って碁盤の目なんですね。
節目節目に大通が通り、キチッと仕切られているのは新鮮に感じます。

DSC03354.jpg

これは私が宿泊しているホテルモントレ札幌。
英国風の外観が特徴です。

DSC03295.jpg

眼下には札幌駅も望めます。

DSC03327.jpg

ホクレン!解る方、いらっしゃるでしょうか(笑)

しかし、やはりこれだけ雰囲気が良いとカップルが多いですね。
展望室には、スタンドもあったりして、お酒や軽食も楽しめますし。
雰囲気的にはカップル向けです。
勿論、私の様な独り身の男子もいましたが、疎外感がかなりあります。
最も、この夜景の前では些細なことなのですが…

この後、札幌の夜といえば…な場所に行きたいと思います。
[ 2012/07/07 21:49 ] 北海道 | TB(0) | CM(8)

ホテルモントレ札幌

2時間半特急に乗って、再び札幌に戻って来ました。
先ずはこの日泊まるホテルにチェックインです。

DSC03273.jpg

この日の宿は札幌駅から徒歩数分の所にある
ホテルモントレ札幌」です。

パンフレットで見た時、ものすごく外観がお洒落だったので
ここに決めました。

チェックインすると「申し訳ございません、シングルでご予約頂いたのですが、
生憎お部屋が満室で…ツインルームを代わりにご用意致しました」と、ロイトンと
同じ対応が。
部屋が広くなるのに越したことはないので、ありがたくツインルームの鍵をもらいます。

DSC03258.jpgDSC03262.jpgDSC03264.jpg

部屋はこんな感じ。
何だかこう、アガサ・クリスティー原作の小説が実写化された時に事件の舞台に
なりそうな部屋だと勝手に感じました。

特に、大きなソファーは嬉しいですね。足をゆっくり伸ばせますし、その気に
なれば3人めはここで寝ることができます。

DSC03265.jpgDSC03267.jpg

バスルームはこんな感じです。

DSC03268.jpg

テレビは日立のWooでした。
そういえば、日立はテレビ部門からもう、撤退するそうですね。

DSC03556.jpgDSC03558.jpg

ホテル内部吹き抜け。遅い時間に撮ったので暗めですが、かなり
気合の入った欧風の造りになっています。19世紀後半、帝国主義華やかりし頃
こんな感じの建物が多かったのでは…と勝手に妄想します。

全体的に女性が好きそうなホテルだと感じました。

荷物を部屋に置いて、ここから夜の札幌を楽しみに行きます。
[ 2012/06/30 00:00 ] 北海道 | TB(0) | CM(8)

帯広駅前散策

DSC03206.jpg

「スーパーあおぞら」から降り立ち、駅を出ると
外は雪が降っていました。

帯広駅前。中々栄えていますね~。ビルの高さ的には
旭川と似た感じでしょうか。ビルの密度となると旭川や函館
の方が一見上に感じますが…

駅前の広場は広くて綺麗ですね~。雪に埋もれていてよく
見えないのが残念です。

DSC03207.jpg

因みにこの日の気温は2℃。暖かい方なのでしょうか。

DSC03212.jpg

帯広駅外観。
これまた立派な外観ではないですか。何か、山陽新幹線の
駅にありそうな形で。堂々としているのが良いですね。

因みに駅の1回部分にはお土産売り場や、豚丼屋さん、プチデパ地下
らしきお店や、地元の方御用達っぽい食事処がありました。割と賑やか
で時間が、あればゆっくり見ていきたかったですね。

DSC03227.jpg

何となく駅裏に回ってみたら、長崎屋というスーパーがありました。
北海道ローカルかと思っていたら、東京、千葉、大阪、高知にお店があるという
スーパーです。
かつては、全国チェーンだったそうですが、徐々に衰退し現在では点々と存在
するのみ。因みにドン・キホーテの子会社です。

2012-03-06_12-55-07_792.jpg

念の為…と思い、食料品売り場のお惣菜をチェックしたら、やはりお赤飯は
北海道仕様。食紅で炊きあげたご飯に甘納豆が載っています(右)。
意外なのは、小豆仕様(真ん中)もあるということ。勿論ご飯は食紅ですけどね。

こういうスーパー一つで「あぁ、遠い所へ来たんだなぁ」と感じることが出来ます。
何も有名な観光地だけ周らなくても、こういうちょっとした日常のスポットでも十分に
旅行気分を味わえます。

そしてそろそろお昼ごはん。この日も夕方から札幌に予定があったので、早く帰らなければ
ならないのです。

勿論、帯広に来て食べるのは例のアレ。そしてお店に向かうと…

DSC03215.jpg

………バカなっ!?もしかして、こんな所まで来てランチ難民?!どこか、どこかないのか…

そして見つけたあのお店。詳細は次回にて。
[ 2012/06/22 00:00 ] 北海道 | TB(1) | CM(8)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3050位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
738位
アクセスランキングを見る>>