今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  南海電鉄

南海2000系

12000系「サザン・プレミアム」を撮影してなお、15分ほど
余裕があったので、もう少し南海難波駅で粘ってみる事に
しました。

そしてこれまた、3分位した後に目当ての車両を撮影する
事が出来ました。

DSC07155_convert_20111229220624.jpg

南海2000系です。
一見すると、普通の通勤車両ですが、車両前面窓の向かって
左側に何か描かれています。

DSC07157_convert_20111229220526.jpg

2扉車。
どういうことでしょう。側面の写真を拝見して下さい。といっても、
文字通りなんですけどね。

DSC07148_convert_20111229220751.jpg

そう、通勤車両ですが、何と2ドアなのです。
ラッシュの対策なんて、知った事か!という感じですね~。

この2000系は、元は高野線で運用されていたおり、後継車の
登場で南海本線に転属してきたのだとか。
南海本線だと、車両の長さも違うでしょうし、ましてや2ドア車
なんて、特急しかなかった訳で、注意喚起の為にこんな
ステッカーを貼っているんですね~。

DSC07147_convert_20111229220903.jpg

因みに前後の車端部のみボックスシートです。
南海は関西の私鉄には珍しく、無料で乗れる種別にクロスシート
車を充てるの嫌いますよね。

DSC07160_convert_20111229221043.jpgDSC07162_convert_20111229221248.jpg

帰り、エスカレーターから降りる時に見付けた綺麗な看板とモニュメント。
「難波ガレリアって何ぞ?」みたいな感じだったのですが、どうやら、この
空間の事を指す用で、天井が総ガラス張りになっているとのこと。
気が付いてたら、もっとちゃんとした写真撮影してたのに…
スポンサーサイト
[ 2011/12/29 22:34 ] 西日本の鉄道 南海電鉄 | TB(0) | CM(4)

南海12000系「サザン・プレミアム」

役90分ほど掛けて山陽姫路から大阪難波に到着。
時間が90分ほど余っていたので、帰りの特急券を
買って、向かったのは南海難波駅。

やはり、鉄道ファンとして気になっていたのは、今年
9月に導入された12000系「サザン・プレミアム」。
何時来るかは解りませんが、とりあえず南海難波で
張ってみます。

しかし、丁度ホームに止まっていた「サザン」を、
関西空港から見てみると…

DSC07110_convert_20111228175314.jpg

ビンゴ。12000系でした。
こうも簡単に見れるとは少し拍子抜けです。

でも、やっぱり、第一印象は「カッコいい」なんですよね。
いや、10000系が特徴の無いデザインだからという訳では無く、
量産車の特急として、カッコいいなぁと。目元の尾灯がキリッと
しているのが、良いと思います。

DSC07121_convert_20111228175432.jpg

因みにこんなマークも掲げています。今の所は、10000系
も現役ですから「サザン・プレミアム」と描かれていますが、
10000系が全て引退したら、12000系がスタンダードになる訳で、
その時は、このマークは消されるんでしょうか。

DSC07070_convert_20111228174907.jpg

側面ステッカー。南海の路線網を模した物になっています。

DSC07072_convert_20111228175009.jpg

車体下部にも1両ずつ4両全てこの「サザン・プレミアム」の名前が。
南海の気合の入れ様が解ります。
ただ、此処まで気合を入れられると、逆に10000系「サザン」に
乗りたくなくなるのは、私だけでは無いと思います。

DSC07124_convert_20111228175740.jpgDSC07126_convert_20111228175616.jpg

種別方向表示機と行先方向表示機は、フルカラーLED方式を採用。

DSC07129_convert_20111228175912.jpg

車内。座席の幅も従来の車両より広いのは当然。
ACコンセントやプラズマクラスターまで装備しているという事で、
新幹線並みの設備です。



[ 2011/12/28 18:47 ] 西日本の鉄道 南海電鉄 | TB(0) | CM(4)

南海30000系「こうや」

心斎橋散策の後は、地下鉄に乗って難波まで。
時間があったので、例の如く南海難波まで写真を撮影しに行きたいと思います。

DSC03155_convert_20110725202217.jpg

1000系。
南海本線系統、高野線系統の両方で、運用されている汎用車両です。

DSC03176_convert_20110725203425.jpg

2000系。
17メートル車体で2ドアの「ズームカー」の一種です。

この編成は違いますが、本線を走る編成には、運転席に「2扉車」という
ステッカーを貼って、運用しているみたいです。

DSC03159_convert_20110725202520.jpg

前回も取り上げた、10000系「サザン」と7000系。

DSC03162_convert_20110725202748.jpg

大きく掲示してあった次期「サザン」である12000系のPRポスター。
「新・サザンクオリティ」と銘打っていることからも、南海の期待の程が伺えます。
顔も格好斬新になる様で、非常に楽しみ。この所、関西私鉄で新車導入、という
話は聞かないので…

DSC03182_convert_20110725203834.jpg

そしてお馴染50000系「ラピート」。

そういえば、ラピートの特急料金は意外と安いみたいですね。レギュラーシート500円
にスーパーシート750円。しかも40分で関空まで行けるという速さです。

何処で降りても一緒の料金、というのは名鉄のミューチケットと一緒ですね。
名鉄も一律350円ですから。
近鉄は距離に応じて変わりますが、どうも、価格が大雑把の様な…もうちょっと細かい
料金設定ならありがたいんですけどね。

DSC03190_convert_20110725204243.jpg

此方は、初登場30000系「こうや」。
毎時1本しか無いので、中々撮影チャンスがありません。

30000系自体は、1983年に登場した「ズームカー」の一種。
先代20000系の更新の為に1983年に登場した車両です。

最初見た時は、失礼ながら「うわ、古臭っ!」とか思ったものですが、
今では、このスタイルは割と好きになりました。
50000系とはまた違う、レトロモダンな雰囲気がします。
[ 2011/07/25 21:34 ] 西日本の鉄道 南海電鉄 | TB(0) | CM(2)

南海難波駅

日本橋から難波に戻り、昼食を取った後は南海難波まで写真を撮りに行く事に。そうそう来る訳でもありませんしね。
先ず、南海難波は高架駅で2階と3階に改札があり、ホームに行く前、改札の所や改札に行くまでの空間がかなりモダンです。

入場券を買っていざ構内へ。

DSC02596_convert_20110604214412.jpg

2000系「ズームカー」。ズームカーと言えばかつて高野線の顔であった車両ですが、此方は特急ではなく一般型車両。17メートル車体の短めの車両です。
南海初のVVVFインバータ搭載車両でもありますが、それ以上に気になるのが2ドアなのにロングシートという事(但し、車端部のみクロスシート)。何故?2ドアと来たら国鉄でも近鉄でも名鉄でも阪急でも京阪でもクロスシートと相場が決まっているのに…南海の車両なんかを見ていると他社と比べて「クロスシート乗りたかったら金払え」という主張が強い様に思います。

DSC02606_convert_20110604215325.jpg

1000系。南海線、高野線の両方で運用される車両。こちらも車端部のクロスシートです。
個人的には顔が近鉄の5200系っぽいと思います。

DSC02597_convert_20110604214719.jpg

7000系。
1963年登場の一般型車両で、片開きドアが特徴です。これも近鉄の2610系とかに似ている様な…

DSC02602_convert_20110604215035.jpgDSC02604_convert_20110604215430.jpg


左は6000系。
南海初、そして20メートル級車両としても初めてのオールステンレス車両です。これも、近鉄っぽいエッセンスがある様な…
この車両は特急「サザン」の自由席として運用されていましたが、やはりロングシート。関西~東海地方では特急の自由席と言えばクロスシートも多い中で珍しい発想ですよね。本当に。

右は10000系。サザンの指定席車両に充てられる車両です。他の車両に比べるとやや重厚な感じのデザインですね。1986年にはローレル賞も受賞しています。

DSC02617_convert_20110604221248.jpgDSC02611_convert_20110604221402.jpg


左は6200系。6000系と顔付きが大きく変わっていますが、6000系のシリーズになる様です。
右は8200系。6200系と見分けが付きにくいデザインです。ほぼ顔付きが一緒ですしね。

DSC02615_convert_20110604215711.jpgDSC02608_convert_20110604215559.jpg

そして50000系「ラピート」。南海と言えばラピート、ラピートと言えば鉄人28号、と呼ばれる位今の南海を象徴する車両になっちゃいましたね。
登場して17年ですけど、未だにこのデザインへの飽きは来ないですよね~。デザインのコンセプトは「レトロフューチャー」。個人的には満州鉄道の機関車であるパシナ型蒸気機関車を現代に蘇らせて電車にしたらこんな感じなのかなぁ、と思ったりします。
[ 2011/06/04 22:31 ] 西日本の鉄道 南海電鉄 | TB(0) | CM(4)

南海50000系ラピート



今日はちょっと忙しかったのでとりあえずこれで…やっぱりラピートは良いですね。
[ 2010/11/03 00:40 ] 西日本の鉄道 南海電鉄 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
234位
アクセスランキングを見る>>