今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  雑記

Huawei P10plus購入

今月の9日、新しいスマートフォンを購入しました。
使ってみたい端末があったのと、仕事用とプライベート用で
携帯を分けたいな、というのがあって。

DSC_0760.jpg

私の新たな相棒となるのが、このHuawei P10Plusです。

あ、写真が回転しててすみません…
スポンサーサイト
[ 2017/09/30 23:19 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)

カメラを買い替えました。

もう、4ヶ月くらい前のことなんですけど、デジタル一眼レフを買い替えました。

これまで使っていたα55が10年近く経とうとしていること、バッテリーもヘタってきたことなど
好い加減、老朽化も進んでいるので、自衛隊機ではないですが時期F-X計画を昨年の年末
から始動し、情報収集などして購入した新たな愛機はこちら↓

DSC_0536_20170616235425b6b.jpg

NikonD5500です。
[ 2017/06/17 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(10)

2016年もお世話になりました

2016年も残り24時間ということで、本年も日々、
当ブログにお越し下さった皆様、誠にありがとうございました。

今年は今年で、東海3県でまだ行ったことがない場所や
新しく出来たスポットによく出掛けた年だと思います。

しかしながら一方で、そこまで鉄道を使用しておらず…
その辺は来年の目標にしたいと思います。
今年とは逆ですけども。

来年のFC2ブログでの目標は

○未だ行ったことのない場所に行く

○鉄道関係の記事を増やしていく/鉄道旅に行く

○お世話になっているブログ様にも、まだ知らないブログ様
にも積極的にコメントを残す

という事を念頭に置いていきます。
既に2~3の旅行は計画しているので、その中で
鉄道成分を多めにしていければ、と思います。

では、残りの2016年も皆様どうぞ、ごゆっくりお過ごし下さい。
本年も本当にお世話になりました。
来年がみなさまにとって幸多き一年でありますように。
[ 2016/12/31 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(8)

最近見た映画などその4

4週に続いてお送りした映画の記事ですが、これで一旦お休みしようと思います。

そして最後にご紹介するのは…

・七人の侍(1954年公開、監督:黒澤明)

キャプチャ25

黒澤明監督の作品で真っ先に上がることが多い作品。
リメイクやハリウッドでもリスペクトもあり、現在でも世界中から
人気のある作品になっています。

話としては、先ずとある農村があって、そこが野武士(野伏せり)に
狙われます。季節が秋で麦が実る頃にその略奪に来ると言うのです。

村は「もう、自分達が最低限食べる麦だけは残してもらって、後は野武士に
やろう…」という意見が多い中、村人の利吉は「野武士と戦うべ!!」と言い出します。
しかし、同じ村人の万造(写真左:藤原釜足)が「どうやって戦うんだ、向こうは侍だぞ!」
と反対。結局、村長の儀作(写真真ん中:高堂国典)が「腹が減っている侍を雇うべ」
という一言で、利吉と万造を入れ村人4人は侍を探しに町へ出かけます。
[ 2016/10/21 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(4)

最近見た映画などその3

もう、ほぼ毎週恒例になりつつありますが、今週もまた
この記事から…
いや、多分もう来週くらいで終わりだと思います。

・隠し砦の三悪人(1958年公開、監督:黒澤明)

ここ1ヶ月ほど、黒澤明作品を1週間に1本は見ているのですが、
今週見たのはこちら。「隠し砦の三悪人」です。

映画としてはもう、60年近く前ですが、黒澤明の作品て
名作が多いせいか、とりあえず一通り置いてあるレンタルショップは
多いのですが、それ故何を見ようかというのは、毎回思案のし所。
どうしようかなぁ、と悩んでいた所に、いつもコメントを下さる中林20系さん
から「隠し砦の三悪人」のコメントを頂いたので、見てみることに。

キャプチャ03

主人公は、千秋実演じる太平(真ん中)、藤原釜足演じる又七(右)。
2人は秋月の国に住む百姓で、褒賞を夢見て秋月の国と山名の国の
戦に参加しますが、戦に負けて山名の国の捕虜になってしまいます。

その後、捕虜の暴動が起こり、2人は何とか脱走して
「秋月の国の同盟国だった早川の国へ逃げよう。
でも、秋月と早川の国境は山名の国に抑えられているから、
一旦山名の国へ入って、そこから早川の国へ行こう」と決心します。
その前に、野宿をしようと河原のある谷で火を起こす為の薪を拾っていた所、
薪の中から秋月の家紋が入った金の延べ棒を発見。

「凄い、金の延べ棒だ!」と騒いでいる所に、山中の隠し砦に潜んでいた
三船敏郎演じる秋月家の侍大将、真壁六郎太(左)が現れ、2人の話を聞き、
自分の主である雪姫と隠してある金塊を早川の国へ逃すため、2人の脱出方法に乗り、
3人の男と1人の姫の国の再興を賭けた脱出劇を仕掛けることにする、というのがストーリーです。
[ 2016/10/14 00:00 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2877位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
623位
アクセスランキングを見る>>