今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  JR四国

松山駅

DSC01596.jpg

高松を出て、ひたすら予讃線を西へ。

途中、今や声優買いでも屈指の歌唱力を持つと言われる
水樹奈々女史の故郷である新居浜も通り越し、私が辿り着いた
この日の目的地。

DSC01638.jpg

松山まで参りました。
いや、やはり、此処松山は抑えておかないと四国として面白味
がないなぁ、と。

ということで、四国旅行2日目は松山です。

しかし、駅から出る前に暫し、駅構内観察。車両を撮っておきます。

DSC01598.jpg

私が高松から乗ってきた8000系「いしづち」。

DSC01604.jpgDSC01611.jpg

アンパンマンの塗装が光る2000系「宇和海」。

DSC01608.jpg

キハ185系トロッコ列車。

DSC01629.jpg

1000形気動車。四国のローカル気動車の主力車両ですね。

DSC01601.jpg

そして「鉄道車両の廉価さも此処に極まったか」と感じるキハ32形。
もう、扉が…扉がバスの折戸っていう時点で泣かせますね。
登場が1987年ということで、国鉄が民営化後特に経営が厳しいだろう、
と予想されたJR九州、四国、北海道に向けて製造した車両です。

DSC01639.jpgDSC01627.jpgDSC01636.jpg

そしてこれがレアな車両。キハ185形「アイランドエクスプレス四国Ⅱ」です。

DSC01621.jpgDSC01618.jpgDSC01619.jpg

このサボからも察することが出来るように、俗にいう「ジョイフルトレイン」という
車両です。

普通の特急車両ではなくて、あくまで団体旅行やイベントの時に使われる
車両なので、中々目にする機会がなく(バブルの頃はJR各社こぞって製造したそうですが)、
見れたらホント、幸運な車両なんです。

いや~松山の旅も幸先良さそうですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2014/10/11 00:00 ] 西日本の鉄道 JR四国 | TB(0) | CM(4)

285系「サンライズ瀬戸」

DSC01495.jpgDSC01497.jpg

高松築港を見た後は再び高松駅へ。
どうしても撮影したい列車が1つあるのです。

DSC01498.jpg

フリーきっぷなのでとりあえず改札を潜って

DSC01503.jpgDSC01505.jpg

キハ185系「うずしお」を見たり

DSC01502.jpg

こちらはJR四国が国鉄型の気動車置換えのために導入した
1500系。
中身は気動車には珍しい転換クロスシートで、旅客サービス向上に
貢献しています。

DSC01508.jpgDSC01514.jpg

そして目的の285系「サンライズ瀬戸」。
もう、大阪で見てるんでわざわざ写真を撮らなくても…と思いましたが
一応、四国に来た記念ということで。

多分、今の所私が乗れる夜行列車で唯一手が届きそうな列車です。
名古屋には停まらないので、一旦大阪か浜松まで行かねば乗れないのですが、
それでも1回は乗ってみたいですね。
夜行列車だと何だかんだで寝れる分、バスより絶対楽ですし。
そして何と言っても旅情。旅情がありますからね~。

DSC01520.jpg

そうそう。改めて高松駅の駅名表示板を。
今や「さぬきうどん駅」の二つ名を持っています。

DSC01522.jpgDSC01523.jpg

こちらは6000系。

DSC01524.jpg

5000系を見て

DSC01527.jpg

最後に121系を見て高松駅を後にしました。

[ 2014/09/21 00:00 ] 西日本の鉄道 JR四国 | TB(0) | CM(6)

6000系快速「サンポート」

DSC01314_20140817015812cbc.jpg

徳島駅を15時半前に発って約1時間。
高松駅に到着です。
写真は私が乗ってきた2000系「うずしお」。

DSC01317.jpgDSC01334.jpg

5000系快速「マリンライナー」。
運良く2編成並んだ所を撮れました。両方共岡山行きです。

この日は日曜日ということもあってか、降りてくるお客さんが
かなり居たように思いますが、高松の人も我々三重県の人間が
名古屋へ行く感覚のように岡山へ行ったりするのでしょうか。

DSC01325.jpgDSC01329_20140817015824fe0.jpgDSC01327_20140817015811c42.jpg

8000系「いしづち」。
高松と松山を結んでいる特急です。
車両としては今の所、JR四国の持つ電車型特急としては主力の地位
にいますが、登場後22年経って古さが目立ちます。

でも2両編成の特急なんて、四国に来て初めて見た気がします。
普段だと近鉄特急4両が最小編成、多いと8両編成になるので、
見た時は「はぁ~…」という何とも言えない感覚を覚えました。

最も、近鉄特急もかつては2両編成で運行され、新幹線の攻勢を凌いでいた
時期もあるらしいですが。

DSC01319.jpg

6000系快速「サンポート」。
毎時1本設定されている快速列車です。

DSC01339_20140817015823d2e.jpgDSC01336.jpg

そしてこれが高松駅とその横にあるサンポート高松という多目的施設。

さて、そろそろ今日の宿へ向かうとしましょうか。
[ 2014/08/23 00:00 ] 西日本の鉄道 JR四国 | TB(0) | CM(4)

JR徳島駅周辺

さてさて。残された時間を有効に使うべく、とりあえずは徳島駅の改札を出ます。

DSC01086.jpg

有人改札を…

久し振りに見ましたね。JRの駅で有人改札。
そういえば、JR四国は独自の交通系ICカード(SuicaとかTOICAとか)
が無いんですよね。将来的には導入出来れば良いね、という方向で話が進んで
いるとか。

DSC01087.jpg

何となくの運賃表。

DSC01091.jpg

そして駅前。先ずは阿波おどりの人形が乗ったポストがお出迎え。

DSC01088.jpgDSC01089.jpg

そして見渡すとそうそうたるビル。
何だ何だ、四日市より立派じゃないか…
人口的には徳島市の方が少ないにも関わらず、何故か徳島駅前の方が
立派に思えてしまう私。
やはり、全国区の百貨店「そごう」のブランドは偉大ですね。

DSC01110.jpg

とりあえずどうしようか…
というところでtwitterのフォロワーさんから教えて頂いた眉山に向かうことにします。
[ 2014/07/27 00:00 ] 西日本の鉄道 JR四国 | TB(0) | CM(6)

徳島駅

高松から特急に乗ること1時間。

DSC01069.jpg

途中、何とも日本の原風景な田園を見たり。

DSC01070.jpg

四国三郎の名前でも知られる吉野川を渡り、

DSC01071.jpg

徳島駅へ到着。

DSC01078_201407150030170d7.jpgDSC01072.jpg

ホームから眺めた車両基地。
見事なまで気動車しかいません。
しかし、この素朴なまでに寂しい車両基地に車両たち
の爽やかなJR四国色が逆に潔く感じますね。

DSC01081_20140715003019d49.jpg

2000系「うずしお」と気動車の1000系。

DSC01077_2014071500300131d.jpg

こちらも同じ1000系ですが塗装が更新されています。

DSC01309.jpgDSC01303.jpg

駅の随所には恐らく国鉄時代の面影っぽい所が沢山。
こんだけシンプルな時計って今ある駅のほうが珍しいんじゃ
ないでしょうか。
連絡通路も県庁所在地の駅にしては急拵え感が…

DSC01311.jpg

時刻表はこんな感じ。大体1時間に2本です。

DSC01312.jpg

そういえばこの右側のポスター、高松駅にも貼ってありましたね。

特急専用定期…新幹線定期で長野から東京に通勤・通学している人も
いるらしいですし、東海地区以外だと割りと居なくはない、という感じなのでしょうか。

最も、東海地区の場合は名古屋を中心に片道1時間圏内に都市圏が
集中しているというのもあり、わざわざ特急を使ってまで通勤しなくとも
事足りる、ということもありますけどね。

JR四国も列車の本数が少ない故の策なのでしょう。
コーヒースタンドのコーヒー片手に優雅に特急で通勤、というイメージでは
なさそうです。



[ 2014/07/26 00:00 ] 西日本の鉄道 JR四国 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3597位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
786位
アクセスランキングを見る>>