FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  その他(西日本)

琴平電鉄瓦町駅

そういえば、ホテルに行く時も今からホテルを出て繁華街へ行こう
という時も私は琴平電鉄を使っています。

DSC01340_20140819003418dd4.jpg

琴平電鉄といえば高松市を中心に路線を持つ四国でも大手の私鉄です。
で、高松観光にはとりあえずこの琴平電鉄を使うのが無難(私自身バスがそこまで好きではないので)
です。繁華街にも直ぐ出れますしね。

DSC01343_20140819003419ed3.jpg

車両は主に他社からの中古車です。
写真は東京の京浜急行の700形を購入した1200系。

DSC01355.jpgDSC01357.jpg

で、私はホテルから夕飯を取るために再び高松中央商店街
に一番近い瓦町駅へ。
琴平電鉄の3路線全てのハブとなる重要な駅です。

そして何と言っても駅がメチャクチャ近代的。JRの駅と言っても
信じられそうなくらいです。

DSC01356.jpg

個人的に嬉しかったのは、私の好きなペプシの看板が
ババンと大きく貼り出されていたことです。
もう、JR東海や地下鉄の駅じゃこのペプシツイストの看板
見なくなりましたからね。

DSC01364_2014081900343465d.jpg

何気なくエスカレーターに乗っていると、こんなポスターを発見。
何々、二次元とな…

DSC01363.jpgDSC01362.jpg
DSC01365.jpgDSC01366_2014081901051748a.jpg

と、こういうポスターがエスカレーターに貼り出されていました。
「ことでん×二次元」と銘打っているだけあってどれもこれも中々の見応え。
書き手さんの味が出ていますね。
徳島だけでなく、高松でもこんな動きがあったとは。

DSC01368_20140819010335201.jpg

そして吃驚したのは改札。
そう、実はこの改札ICカード専用なのです。
以前の記事でJRの四国は未だにICカードカードの導入が進んでいないと
書きましたが、それに先駆けて琴平電鉄は導入していたのか!?
え、もしかして中小私鉄と思っていたけど、琴平電鉄すごい会社なの?!

しかし、このICカード「IruCa(イルカ)」、
琴平電鉄グループでしか使えない、という大きな欠点を抱えています。

なので、私が持っているmanacaやICOCAをタッチしても改札は開きません。
しかも、今後JR四国が導入する予定であるICOCAとの相互利用は想定されていないとか。

県外の人間からするとイマイチう~んな感じですが、逆に言えば自社だけでこういう
設備投資をした琴平電鉄はある意味とても挑戦的な企業なのでしょうか。

因みに「IruCa」の名前の由来は琴平電鉄のマスコット「イルカのことちゃん」から
取られたそうです。
で、何故にマスコットがイルカになったかというと琴平電鉄が経営危機になった時に
「琴電、いるか、いらないか」という議論があったかららしいです。

鹿児島市交通局1000形

さてさて、ホテルにチェックインした後は
夕飯を食べねばならないので、再び市電に乗って
移動したいと思います。

DSC04325.jpg

そういえば、忘れていましたがこれが
鹿児島中央駅前にある鹿児島市交通局の停留所です。

DSC04322.jpg

鹿児島市交通局の1000形。
超低床車タイプの車両です。

DSC04328.jpg

こちらは2110形。
一般的な車両ですが、珍しいのが製造を担当したのが
JR九州の鹿児島車両所がということ。

路面電車の車両というと、アルナ車両や新潟トランシス
というこの2大メーカーのイメージがあっただけに意外です。

DSC04348.jpg

こちらも1000形。

鹿児島に行って見て感じるのは、路面電車の低床車率が高いこと。
結構見かけるんですよね。

都市の規模とか交通局の力の入れようとかもありますが、結構
すれ違う車両すれ違う車両に1000形や7000形が充てられていました。

鹿児島市交通局7000形

昼ごはんも食べたし、あとは夕飯まで食べ物の心配はなし。
残り5~6時間どうしようかなぁ、と思案。

DSC04179.jpg

そういえば、鹿児島中央駅前には大きなダイエーがありました。
個人的にはダイエーのある所≒都会、です。

昔、名古屋にもあったんですが栄も金山も閉店しちゃったんですよね。

で、我が三重県にはダイエーは一切進出していなかったと思っていたのですが、
意外にも1985年に県庁所在地の津に出店していたことをついこないだ知りました。
流石にジャスコの地元なので14年くらいしか保たなかったみたいですが…

DSC04181.jpg

因みに1枚目の写真の真ん中にある銅像。
「鎖国時代の留学生」ということで、当時の薩摩藩からイギリスに留学した藩士達の
銅像が設置されています。

時期としては慶応元年(1865年)ということで、幕末も幕末の時に薩摩藩は
銅像になった藩士達に偽名を名乗らせてまで、イギリスに送り出したという、
江戸幕府に喧嘩売っているとしか思えない所業をしていたということです。
因みに写真の中には初代文部大臣の森有礼公の姿もあります。

更に当時は日本→香港→シンガポール→インド→スエズ→アレキサンドリア
→マルタ→ジブラルタル→イギリス、と2ヶ月以上の時間を掛けて渡航した
そうです。

DSC04195.jpg

そして鹿児島といえば、何と言っても市電の街、路面電車の街です。

今回、大きな目的の1つがこの「日本の最南端の路面電車を見ておこう」
ということなんですね。

DSC04194.jpgDSC04189.jpg

のっけから撮影出来たのは、7000形「ユートラムⅡ」。
5つの車体を持つ連接車体を採用したLRVで超低床なのが特徴。

DSC04199.jpgDSC04202.jpg

こちらは、9500形。
塗装が鹿児島市交通局の標準の塗装です。

この間15分ほどですが、実はこのあとどうしても行かなければならない
場所があったので、ひとまず鹿児島中央駅に戻ります。

山陽姫路駅

姫路駅前散策の後は、山陽電鉄でとりあえず、尼崎まで行きます。

DSC07042_convert_20111226211917.jpg

山陽姫路駅は、山陽百貨店の2階部分にあります。
入り口には次に発車されるLED表示機があるという親切ぶり。

しかし、JRと比較して問題なのは、時間が掛かる事。路線の形が
歪なのか何なのか、30分余分に掛かります。
本当は帰りもJRにしようと思ったのですが、大阪で御堂筋線に
乗り換えるのが面倒に感じましたし、どうせ、また写真を撮りたくなるので
そういった点から、山陽電鉄を選択しました。

DSC07048_convert_20111226212800.jpg

阪神8000系。直通特急として、山陽姫路まで乗り入れます。

DSC07046_convert_20111226212031.jpg

山陽電鉄5030系。5000系と並ぶ、山陽電鉄の主力車両です。
この顔付きは、個人的に凄い気に入ってますね~。無人ロボット
見たいな前面と、アルミ車体の出す無骨さが好きなんです。

DSC07049_convert_20111226212134.jpg

この日は「B-1グランプリ」のヘッドマークを掲げて走っていました。
そういえば、山陽電鉄は、割とヘッドマーク作って掲げるの好きですよね。

DSC07054_convert_20111226212353.jpgDSC07058_convert_20111226212550.jpg

山陽電鉄3000系。此方はロングシートの通勤車の性格が強いですね。
製造された時期で車体が違うのが特徴です。1次車はアルミ車、2次車
以降は、普通鋼製車となっています。

しかし、山陽電鉄に乗ってみて解りましたが、これは次乗るの考えちゃいますね。
難波まで遠すぎです。唯一良かったのは、瀬戸内海が堪能できたこと位で…

岡山電気軌道7100形「たま電車」

岡山電気軌道には、9200形の他にも幾つか、名物車両があるのですが、
その中のもう1つがこの車両↓↓

DSC03523_convert_20110821195148.jpg

7100形「たま電車」。

岡山電気軌道と同じ、両備グループに属する、わかやま鉄道貴志川線
(旧南海電鉄貴志川線)の、貴志駅駅長であるたま駅長の姿を描いた、
ラッピング車両になっています。

DSC03522_convert_20110821194827.jpgDSC03525_convert_20110821195601.jpg

左右で描かれている駅長が違います。
前後左右で30通りの駅長が描かれているとかで、目で見て非常に楽しいです。
というか、たま駅長可愛過ぎではないでしょうか。

しかし、正直な所、猫だけでここまで第3セクターのローカル線が賑わうとは、
考え付かなかったですよねぇ。たま駅長以後、動物系の駅長さんが増えた様に思います。

下手をしたら、名所旧跡で売ったりするより人を呼び込めますし、今後、経営の苦しい
ローカル線は、一考の価値があるのではないでしょうか。

DSC03519_convert_20110820103049.jpg

此方は7600形。
私が、お土産に買った大手まんじゅうのラッピングが施されてます。

因みに、この大手まんじゅうというのは、ちょっと小さな薄皮まんじゅう風
のおまんじゅうですが、悶絶するほど美味いお菓子だと思います。

もう、中の漉し餡が物凄い滑らかで、上品な味に仕上がってるんです。
和菓子系統のお土産で、久し振りに心から美味しいと思えたお菓子ですね。

因みに、大阪の場合は阪神百貨店、東京は日本橋と新宿の高島屋、
そして横浜の高島屋で販売しているという事で、例の如く名古屋飛ばしでありました。


プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
596位
アクセスランキングを見る>>