FC2ブログ

今?えーっと、今ね、電車のデッキ。

これまで見てきた沢山の鉄道、風景、グルメをゆっくり綴っていきます。
今?えーっと、今ね、電車のデッキ。 TOP  >  富山地方鉄道

電鉄富山駅

さて、少しばかり環状線を撮った後はこの旅行最後の目的を達成するために
電鉄富山駅へやってきました。

385_convert_20101106021314.jpg

JR富山駅の目と鼻の先、歩いて数十秒ほどの位置にあります。
今回はホテルの特典で付いてきた1日フリーきっぷを使い入場します。


390_convert_20101106021536.jpg389_convert_20101106022052.jpg

駅の構造は3面4線。地方の中小私鉄とはいえ中々立派な駅です。
右の写真4番乗り場の奥にあるのはヘッドマーク置き場です。

001_convert_20101106022111.jpg

モハ10030形。この顔、何処かで見た事がありませんか?
そう、初代京阪3000系です。大井川鉄道同様、地鉄も在来車の代替として導入。
現在は2両編成×8本が活躍中です。

しかし、此処まで塗装変わっちゃうと、元の車両とは気付き難いですね。
それよりも色ですよ色。最初は京阪色だったそうですが、いつの間にやらこんなハジけちゃって。

002_convert_20101106022231.jpg

そしてモハ14760形。これもどこかのお古かと思いきや、何と地鉄オリジナル。
1979年に導入され、翌年にはローレル賞も受賞しているという意外な経歴の持ち主です。
見た感じ平凡な車両だと思うんですけどね。この塗装は落ち着いてて好きです。

地鉄市内線車両色々

富山ライトレールを乗り終わった後は、昨夜ほどほどにしか見ていない
富山地方鉄道市内環状線を見て見る事に。

とりあえず、駅前停車場周辺で色々な車両が来るのを待ち構えます。

364_convert_20101104221029.jpg

先ず最初に来たのは9000形のデ9001です。白いボディが特徴。ラッピングが施されています。
富山市が始めた自転車の貸し出しサービスの。

312_convert_20101007231618.jpg

そして7000形。

よくよく見るとかなりの量の電照広告板を乗せてますね。
私なんかはこれを見ると、第2次世界大戦時によくあった土嚢を積んだ戦車を想像します。

355_convert_20101007231514.jpg

そして8000形。よくよく見ると結構車体長いですよね。

438_convert_20101104221419.jpg

更に9000形。これはデ9002です。私個人的にはこの塗装が一番好きですね。

富山市中散策2

富山城跡を見た後も気の向くまま歩きます。この放浪感が良いんですよね。

089_convert_20101028224255.jpg

そして、いきなり現れたこの建物。とても独特な姿をしています。

皆さん、この建物をご存知でしょうか?悪の秘密結社の基地?はたまた、地球防衛軍の本部?

いえいえ、実はこれ、富山市役所なのです。

092_convert_20101028224323.jpg

入り口周辺部。こんなモダンな建物が市役所とは…
駅から想像してどうせ、5階建ての普通の市役所なんだろうと思っていたのに…

因みに、1枚目の写真に写っている塔の様なものは展望塔で、立山連峰や富山湾などを
見る事が出来るそうです。しかも、入場無料。流石、路面電車走らせるだけありますね。

095_convert_20101028224412.jpg096_convert_20101028224430.jpg

市役所の前にはこんなオブジェが。全てガラスで出来た作品です。

調べた所、富山市は「ガラスのまちとやま」と銘打ち、ガラス工芸を推しているみたいです。

結局、適当にぐるぐる一周してまた富山駅へ戻りました。

295_convert_20101028224625.jpg

今回の散策の行き帰りに見つけたビル。富山地方鉄道の本社ビルです。

富山市中散策

ホテルで一眠りして起きたら7時半でした。都合2時間位寝ていた事になりますね。

残念ながら貧乏旅行の為、ホテルに夕飯は付いておらず…(ビジネスホテルで夕飯は
まっぴら御免です)夕飯も兼ねて夜の富山を散策と相成りました。

とりあえず、駅前北停車場から左手に向かって歩きます。何があるかは解りませんが、
歩けば何か見つかるだろうと軽い気持ちで歩き出します。

072_convert_20101027011450.jpg

途中で撮影したデ8000形。1993年に登場した車両ですね。
このちょっと四角くて、旧来の路面電車から低床車の路面電車へ移り変わる様な過渡期的
なデザインが好きです。

074_convert_20101027011607.jpg

更に歩くと富山電気ビルが見えてきました。正式名称は富山電気ビルディングと言うそうです。
1936年に竣工、戦後には進駐軍の司令部も入っていたそうです。

やけにモダンな造りだなぁ、と思っていたらかつてはホテルも入っていたそうです。
しかも、その指サービス指導を担当していたのが帝国ホテルというから恐れ入ります。

現在はレストランが入っており、ランチなどを提供している様子。かの池波正太郎も
富山へ来た時には此処でカレーライスを食べていたそうです。

しかし、この時はそんな事知る由もなく、とりあえず気の向くまま歩きます。

知らない土地で夜出歩くというのは、本当に好奇心が刺激されますね。
「もしかしたら、このまま帰れないんじゃないだろうか」とちょっとした不安を持ちながら
歩くと、少しワクワクしながら散策出来ます。

079_convert_20101027011731.jpg
080_convert_20101027011749.jpg

そして見えてきたのが富山城址。これは天守か二の丸でしょうか。丁度、夜という事で堀の水面に
ライトアップされた姿が写っていました。

085_convert_20101027011811.jpg

いや、もしかしてこれが天守?

086_convert_20101027011924.jpg

もう少し進むと桜並木が見えたのでとりあえず潜ってみる事に。

088_convert_20101027012009.jpg

渡り終えて、橋の上から。この時に高性能なデジタル一眼を持っていれば(泣)
こんな風景そう見れないでしょうし。

富山地方鉄道市内線

金沢から帰った後はそのままホテルで一休み、と思ったのですが、
折角なので、富山名物市内環状線を見て見ようと思いました。
いや、明日も見れるのですがまぁ、一回どんなもんかな、という感じで。

富山駅から少し歩くともうそこは富山駅前停車場です。というよりもう見えてます。

066_convert_20101025223034.jpg

最初に見たのはデ7000形。環状線ではなく、市内軌道線の車両ですね。
デビューの年は1957年。もう、50年以上の歴史を持つ車両です。

正しく、ザ・路面電車という姿の車両だと思います。
前照灯が1つ。シンプルこの上ないデザインです。

063-2_convert_20101025222959.jpg

そして此方が今回の本命。デ9000形です。37年振りに富山市内に復活した
環状線(通称セントラム)の車両で、万葉線のMLRV1000形、富山ライトレールTLR0600形の
兄弟車です。特にTLR0600形とは色以外そっくりです。

外観からしてもう、次世代車両じゃないでしょうか。これで通勤通学できる
とは…富山の人羨ましいです。

後はデ7000形しか来なかったのでホテルの部屋に帰って即、寝ます
もう、旅の疲れが…

291_convert_20101025223249.jpg

因みに部屋からは富山ライトレールの駅前北停車場も望む事が出来ます。
プロフィール

KZ-1

Author:KZ-1
鉄道メインで始めましたが、気が付けば旅行記っぽい感じに。
鉄道・旅行・ホテル・食べ歩きを柱にブラブラしてます。

最近、岡村靖幸にドはまり中のアラサー男。

コメント、トラックバックを頂けると大変嬉しいです。
更新は原則週2回です。

愛機はNikonD5500。サブにXperiaZ5です。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
596位
アクセスランキングを見る>>